104件中 81 - 90件表示
  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見た国際連合

    2011年9月21日、国際連合総会出席のためニューヨークに滞在中のユラポン外務大臣(当時)は一般旅券を再発給する考えを明らかにした。2011年10月26日、タイ外務省はアラブ首長国連邦のアブダビで一般旅券を再発給した。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見た陰謀論

    外交では「全方位外交」を装いつつ、自身が華僑であることから中華人民共和国を重視していた。愛国党は北京に支部が開設できた。また、タクシン政権の閣僚や愛国党幹部には副首相やエネルギー大臣などを務めたプロミン・ルートスリデート、情報通信技術省大臣を務めたスラポン・スープウォンディー、側近で運輸省副大臣も務めたプームタム・ウェーチャヤチャイ、農業省副大臣を務めたプラパット・パンヤーチャートラック(通称、アイ・カーンヤーオ)などといった元タイ国共産党員が多く、このことは反共的な反タクシン勢力からフィンランド計画と呼ばれる陰謀論が主張されるようになった。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見た少尉

    タクシンはタイ王国警察士官学校第26期を首席で卒業し、1973年内務省警察局(現在の首相府警察局)に警察少尉として任官する。当初は国境警備隊に所属していたが、半年後局内でアメリカ留学の機会を得て渡米。イースタン・ケンタッキー大学で刑事司法修士をわずか4ヶ月で終え帰国。1976年に警察中将の娘ポチャマーン・ダーマーポン(????? ????????, Potjaman Damapong)と結婚し、同年再び渡米。1978年(タイ仏歴2521年)、サム・ヒューストン州立大学で刑事司法博士(doctor of criminal justice)を取得して首都警察参謀局政策企画副局代理顧問の地位に就いた。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たアラブ首長国連邦

    2011年7月4日、NHKのニュース番組「ワールドWave」の中で、アラブ首長国連邦のドバイでインタビューを受けている様子が放送され、総選挙を控えたタイへの思いを語っている。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見た不動産

    副業としてまずシルク販売を行った。この他、移動映画などの事業を行い、巨額の富を稼ぎ出した。しかし、この次は不動産会社を設立し、コンドミニアム販売に失敗。彼の企業は一挙に5000万バーツ(日本円で約1億5000万円)の負債を抱え込んだ。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見た赤字

    事態打開のために今度は警察向けにコンピュータを貸し出すサービスを開始するが、バーツ切り下げによって、さらなる赤字を生み出し2億バーツ(日本円で6億円)とも言われる赤字を生み出した。その後タクシンは数々の企業に手を出すがどれも大した業績を上げることがなかった。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たムスリム

    タクシン政権樹立後、今まで息をひそめていた深南部三県の反政府活動が活発化した。タクシンはそれまで、開発を行って深南部三県へタイへの同化を迫り、また、アルカーイダやジェマ・イスラミアのメンバーを拘束したり、と強権的な政策により、アメリカの支持を得た一方で地元マレー系住民(ムスリム)からの反発も大きい。2004年(タイ仏暦2547年)4月には警察との武力対立も発生し、100人以上の「武装勢力」が死んだ。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たシンガポール

    タクシンは政治の基盤固めも着実で、反対勢力となりうる軍や警察の最高ポストに親族を配置し、強引にマスコミを統制している。このような手法はタクシンがシンガポールの華人リー・クワンユーのような親族を周辺に配置した開発独裁政治をまねしたからだと言われている。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見た内政干渉

    アメリカに対しては友好的な態度をとるが、アメリカの内政干渉的な言動に対しては断固抗議タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

  • タクシン・チナワット

    タクシン・チナワットから見たホテル

    2011年8月22日に予定通り日本に入国し、滞在中の2011年8月23日、東京都内のホテルで会見を行った。その中で、妹の政権運営に関与しない方針を明らかにしている。また、有罪判決を受けた先の裁判に関しては、政治的な目的があったと主張している。また、自らの帰国問題に関しては、タイ王国国民の対立の火種になることを懸念し、帰国する考えがないことを明らかにしている。タクシン・チナワット フレッシュアイペディアより)

104件中 81 - 90件表示

「タクシン・シナワット」のニューストピックワード