前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
706件中 1 - 10件表示
  • バイキンメカ

    バイキンメカから見たタコタコ

    巨大なタコ型の潜水メカ。鼻から水や墨を吹き出したり吸い込んだりする。脚には人に取り付く強力な吸盤が付いている。バイキンメカ フレッシュアイペディアより)

  • 軟体動物

    軟体動物から見たタコタコ

    貝類のほか、二次的に貝殻を喪失したウミウシ、クリオネ、ナメクジ、イカ、タコなど、および、原始的で貝殻のない少数の種を含む。軟体動物 フレッシュアイペディアより)

  • コウイカ目

    コウイカ目から見たタコタコ

    コウイカ(、甲イカ、甲烏賊)は(イカ、タコ、オウムガイが属する)頭足綱の、コウイカ目の海洋生物である。最近の研究によると、コウイカは無脊椎動物の中でももっとも知能が高い部類に属する。さらに、全身に占める脳のサイズが無脊椎動物の中で最も大きいと指摘されている。コウイカ目 フレッシュアイペディアより)

  • 料理の鉄人

    料理の鉄人から見たタコタコ

    坂井や石鍋が、若手フレンチ集団「クラブ・ミストラル」と対立したように、かつて坂井をタコ対決で倒した関西料理界の重鎮、大田忠道は森本の創作和食を激しく非難し、自身が主宰する「太田天地(あめつち)の会」から次々と会員を挑戦者として送り込むなど、因縁の戦いを繰り返した。料理の鉄人 フレッシュアイペディアより)

  • 蛸壺

    蛸壺から見たタコタコ

    蛸壺(たこつぼ、)は、タコを捕獲する目的で漁師が使う壺で、明石がその発祥の地といわれる。材質は素焼きの陶器が主流であったが、近年はプラスチック製なども見られる。蛸壺 フレッシュアイペディアより)

  • モーリタニア

    モーリタニアから見たタコタコ

    中村正明 - 2015年現在、日本の輸入タコのシェア1位はモーリタニアで、彼は1978年に国際協力事業団(現JICA)から派遣され7年間漁業指導を行った。その功績が認められ、2010年に大統領から国家功労賞を授与された。モーリタニア フレッシュアイペディアより)

  • ヒゲドチザメ

    ヒゲドチザメから見たタコタコ

    餌は主にタコ。胎生で、雌は1年おきの夏から秋に、4-28匹の仔魚を出産する。人には危害を加えない。肉を目的に漁獲され、一時期は大きく個体数が低下した。IUCNは保全状況を軽度懸念としている。ヒゲドチザメ フレッシュアイペディアより)

  • オーストラリアヒレトガリザメ

    オーストラリアヒレトガリザメから見たタコタコ

    ほぼタコのみを食べる。胎生。繁殖力はヒレトガリザメと比べても強く、平均8匹の仔魚を年2回産む。IUCNは保全状況を軽度懸念としている。オーストラリアヒレトガリザメ フレッシュアイペディアより)

  • 京都水族館

    京都水族館から見たタコタコ

    頭足類(イカ、タコ、オウムガイ)やクラゲに代表される無脊椎動物をテーマにした水槽。甲殻類(エビやカニ)も飼育展示している。タコの種類はミズダコなど。クラゲの種類は主としてミズクラゲ。京都水族館 フレッシュアイペディアより)

  • タコブネ

    タコブネから見たタコタコ

    タコブネ(蛸舟、学名:Argonauta hians)は、軟体動物門(タコ・イカ・貝類のなかま)の頭足綱タコ目アオイガイ科に属するタコの一種。別名フネダコ。タコブネ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
706件中 1 - 10件表示

「タコ」のニューストピックワード