562件中 91 - 100件表示
  • 動植綵絵

    動植綵絵から見たタコタコ

    27. 群魚図(蛸) [ぐんぎょず たこ] :海を泳ぐ魚介の図。に甘鯛、鰤、鰹、鱵、等々。動植綵絵 フレッシュアイペディアより)

  • 宮宇地美穂

    宮宇地美穂から見たタコタコ

    RNCが運営するRNCアナウンスカレッジの第1期卒業生。彼女が担当している夕方のニュースの料理コーナーで食材をつまみ食いしてシェフに怒られたり、「とことん!土曜〜び!!」では司会者の時にカキを60個を一人で平らげたり、マツタケを焼かずに生で食べたり、取れたてのタコを生きたまま食べようとした。これらの食いっぷりが日テレのニュースの女王決定戦で放映された。宮宇地美穂 フレッシュアイペディアより)

  • 三号爆弾

    三号爆弾から見たタコタコ

    この爆弾は、一つの親爆弾の内部に多数の弾子と呼ばれる子爆弾を内蔵しており、弾底に炸薬と遅延信管を装着していた。投下すると所定の秒時後に信管が作動、爆弾内部の炸薬が爆発して弾子を射出する。弾子の速度は150m/sから300m/sに達した。散開角度は100度から60度の円錐状である。この角度のことを日本海軍では束藁角と称した。投下後、弾子は数十秒燃焼しつつ飛散し、対象に命中すると焼夷効果を発揮する。主剤には多硫化合成ゴムを混合したテルミット、または黄燐を用いた。子爆弾が燃えながら飛散する時、放射状に白煙を曳く様を見て、戦闘機搭乗員は「タコ」「タコ爆弾」と呼称した。三号爆弾 フレッシュアイペディアより)

  • 蛸足大学

    蛸足大学から見たタコタコ

    こうした教育機関はそれぞれ別の敷地に設置されていた上に統合後も旧組織がそのまま独立した学部として運営されることが多かったため、それそれのキャンパスが分割された状態で残存するという結果を招いた。そのため地理・運営の両面で大学としての一体感に乏しいという問題が残り、こうした状態をたくさんに分かれたタコの足になぞらえたのが蛸足大学である。代表例は大阪大学、九州大学、広島大学、信州大学である。蛸足大学 フレッシュアイペディアより)

  • 三崎村 (愛媛県)

    三崎村 (愛媛県)から見たタコタコ

    正野・串・与侈などの集落では漁業が発達した。鰯、鰤のほか、磯に恵まれておりアワビ、サザエ、テングサなどの海藻類など。漁船によるもののほか、特に海士による素もぐり漁に特徴がある。漁法の特徴からみて沖縄や五島列島から伝わったものとの説もある。宇和島藩伊達秀宗が建立した野坂大権現の棟札には大が抱えていた光る珠を海士が引き上げ祭ったという言われもあり、17世紀頃には既に海士漁が成立していたことを示すものとされる。1881年(明治14年)には串浦の岡崎孫太郎ら10数名が初めて朝鮮半島沿岸でアワビ取りに従事した。大正年間にピークを迎え、当時はほとんどの海士が海外出漁の経験があったとの記録がある。三崎村 (愛媛県) フレッシュアイペディアより)

  • パンツぱんくろう

    パンツぱんくろうから見たタコタコ

    モチーフは洗濯機+タコパンツぱんくろう フレッシュアイペディアより)

  • カナロア

    カナロアから見たタコタコ

    イカかタコの姿で現され、魔法と冥界の神としての側面も持つ。カナロア フレッシュアイペディアより)

  • オンデンザメ

    オンデンザメから見たタコタコ

    肉食性で、表層から大陸棚付近の海底に生息する動物を捕食する。貪欲で口に入るものは何でも食べ、魚類やイカ、タコなど頭足類、甲殻類、海産哺乳類に加え、生物の死骸も食する。サメであることと、身体の大きさから深海生態系の頂点に立つと思われ、人間以外には殆ど天敵もいない。オンデンザメ フレッシュアイペディアより)

  • ウデナガカクレダコ

    ウデナガカクレダコから見たタコタコ

    ウデナガカクレダコ(腕長隠れ蛸、学名:Abdopus aculeatus)は、マダコ科 カクレダコ属に分類されるタコの1種。ウデナガカクレダコ フレッシュアイペディアより)

  • ヘリタコぷーちゃん

    ヘリタコぷーちゃんから見たタコタコ

    本作の主人公で、頭にヘリコプターの羽根が付いたタコ。いつも騒動を巻き起こす張本人で、オチもたいていぷーちゃんもしくはかえる先生絡みである。口からタコ墨を吐いて空を飛び、また、ポンプや重戦車などありとあらゆる物に変身する能力がある。ほえ〜る島に来てからは、みりんちゃんたちとともに島の小学校に通っている。ヘリタコぷーちゃん フレッシュアイペディアより)

562件中 91 - 100件表示

「タコ」のニューストピックワード