706件中 91 - 100件表示
  • カラスエイ

    カラスエイから見たタコタコ

    活発な捕食者であり、獲物を胸鰭で包み込んでから口に運ぶ。滑らかな獲物を捉えて切断するため、アカエイ類には珍しく鋭く尖った歯を持つ。餌の種類は多様であり、端脚類・オキアミ・カニの幼生などの甲殻類、イカ・タコ・翼足類などの軟体動物、ニシン・サバ・タツノオトシゴ・カワハギなどの魚類、クシクラゲ、クラゲ、多毛類などを食べる。11-4月のカリフォルニア沖では、繁殖のために集まった大量のイカを捕食する。1-2月のブラジル沖では、小魚に引き寄せられて沿岸に集まったタチウオの群れを捕食する。幼体は1日に体重の6-7%の餌を消費するが、成体では1%程度になる。カラスエイ フレッシュアイペディアより)

  • オオテンジクザメ

    オオテンジクザメから見たタコタコ

    昼間は洞窟などで休んでいる。夜間は穴などに潜む獲物を活発に探し、吸い込んで食べる。餌は主にタコだが他の小動物も食べる。無体盤性胎生で、テンジクザメ目唯一の卵食性。出生時はかなり大きく、産仔数は少ない。オオテンジクザメ フレッシュアイペディアより)

  • 天野大吉

    天野大吉から見たタコタコ

    幻奇では、「女性と生物との絡み」を主題としており、蛸を用いた作品を数多く制作されている。その他、作品に登場する生物としては、犬、鰻、泥鰌、蚯蚓、海鼠、、金魚、ミル貝、烏賊、蛙、蛇、蜥蜴、ミルワーム、ゴキブリ、カブトムシの幼虫、蠍がある。天野大吉 フレッシュアイペディアより)

  • ヒレトガリザメ

    ヒレトガリザメから見たタコタコ

    ヒレトガリザメ はヒレトガリザメ科に属するサメの一種。東南アジアからインドに分布する。鰭は鎌型で、体色は灰色。最大で1.1m程度になる。海底を泳ぎ回りタコなどを吸い込んで食べるため、口が小さく歯も特殊化している。胎生で産仔数2-4、年2回繁殖する。稀種であり、分布域で漁業が盛んであるため、IUCNは危急種としている。ヒレトガリザメ フレッシュアイペディアより)

  • 絢爛舞踏祭

    絢爛舞踏祭から見たタコタコ

    たった一株しかいない第4異星人。自己繁殖が出来る。見た目タコなのに名前はイカ。料理名と味でコミュニケーションを取る。1周目での初期部署は水雷手。絢爛舞踏祭 フレッシュアイペディアより)

  • ヒシカラスザメ

    ヒシカラスザメから見たタコタコ

    餌は主にイカ・タコで、胃内からかなり大きな眼や嘴が発見されるため、顎はかなり広げることができると考えられる。自身より大きな獲物をどのように捕食するのかは不明だが、Stewart Springerは群れで狩りをする可能性を指摘している。他のカラスザメ類のように無胎盤性胎生で、産仔数は1-3。出生時は全長9cm、雄は18.3-23.6cm、雌は22.0-25.7cmで性成熟する。ヒシカラスザメ フレッシュアイペディアより)

  • カップヌードルロブスターソースシーフード

    カップヌードルロブスターソースシーフードから見たタコタコ

    具には、彩り鮮やかなシーフード具材(タコ・カニ他)がふんだんに使用されている。カップヌードルロブスターソースシーフード フレッシュアイペディアより)

  • 吉井誠

    吉井誠から見たタコタコ

    2004年3月より「めざましテレビ」長崎担当リポーターに就任。前任の長岡千夏(旧姓・森)アナの最後の中継でリポーターの引継ぎとして初登場した際には、タコ漁に挑戦している。吉井誠 フレッシュアイペディアより)

  • テッポウエビ属

    テッポウエビ属から見たタコタコ

    食性は雑食性で、藻類や小動物などいろいろなものを食べる。破裂音の衝撃で小魚などを気絶させて捕食することもある。一方、天敵はイカ、タコ、クロダイ、コチ、アナゴなどがおり、食物連鎖上はこれらの餌としても重要である。テッポウエビ属 フレッシュアイペディアより)

  • イソスジエビ

    イソスジエビから見たタコタコ

    食性はほぼ肉食性で、貝類や多毛類などの小動物を捕食し、動物の死骸にもよく集まる。このため生息域で手足を水中に漬けてじっとしておくと、スジエビ類が集まってきて鋏脚で肌をついばむのが観察できる。一方、天敵はフグ、カサゴなどの底生肉食魚、イカ、タコ、イソギンチャクなどがいる。イソスジエビ フレッシュアイペディアより)

706件中 91 - 100件表示

「タコ」のニューストピックワード