706件中 101 - 110件表示
  • ポルボ・ア・フェイラ

    ポルボ・ア・フェイラから見たタコタコ

    ポルボ・ア・フェイラ()は、タコを用いたスペイン・ガリシア州の伝統料理である。ガリシア州以外のスペイン語圏ではタコのガリシア風を意味するプルポ・ア・ラ・ガジェーガ()という名前で知られる。現代ではスペイン国内で広く親しまれており、スペインではタベルナやバルでの定番料理のひとつに位置づけられている。ポルボ・ア・フェイラ フレッシュアイペディアより)

  • ゴロロ

    ゴロロから見たタコタコ

    布きれのような魔物。他の魔物に取り付き、意のままに操る能力を持つ。ちなみに、ジジイゼミはその”からくり”を見破っていた。ゴロロとの対戦では、タコのような魔物に取り付いていた。ゴロロ フレッシュアイペディアより)

  • 生物学史

    生物学史から見たタコタコ

    一般に、諸研究に先駆しているという意味で、古代ギリシャのアリストテレスをもって生物学史の始めとする。「アリストテレスは実証的観察を創始した」「全時代を通じて最も観察力の鋭い博物学者の一人」などとされ、生物の分類法を提示するなどし、後世に至るまで多大なる影響を及ぼしたのである。アリストテレスの動物学上の著作として残っているものとしてはHistoria animalium『動物誌』、De generatione animalium『動物発生論』、De partibus animalium『動物部分論』、De anima『心について』(『霊魂論』とも)がある。『動物誌』では、500を越える種の動物(約120種の魚類や約60種の昆虫を含む)を扱っており、随所で優れた観察眼を発揮している。植物に関する研究も行い著作もあったとされるが、失われ現在では残っていないとされる。アリストテレスの生物に関する研究の中でも動物に関する研究は秀でており、特に動物学の祖とされる。分類、生殖、発生、その他の分野において先駆的な研究を行い、その生命論や発生論は17世紀や18世紀の学者にまで著しい影響を与えた。ただし、アリストテレスの生物学は、今日の視点から見れば哲学的とも言えることがらも含まれているが、彼の思想は生物学思想史に影響を与えているので重要である。たとえば生命の原理を考察したときに、彼が用いたプシュケーに関する概念である。(注. 「プシュケー」という語の最も根源的な意味は「呼吸」である。呼吸をするということは生きていることの最も明らかなる兆候なので、呼吸=プシュケという語が生命を意味するようになり、それが転じて心や霊魂を意味するようになったのはある意味当然のことである。)アリストテレスは、研究の途上では、生物の種類によって異なるプシュケーの段階があると見なすようになり、(1)植物的霊魂 (2)動物的霊魂 (3)理性的霊魂 を区別するようになった。もっとも、彼の知識が増えるにしたがい、プシュケーによる植物・動物・人間の区別をさほど絶対的なものとはしないようになり、動物もその程度に応じて人間と同じような理性を持っているとし、最後の見解としてはプシュケー(生命あるいは霊魂)の間には基本的な区別がない、とするものになったようである。この見解は現代の生物学者のある重要な一派の見解とまったく同じである。上記のように、精細に作られたアリストテレスの生物学理論はあるものの、彼の生物学上の著作は、必ずしもこうした"高級な"主題を含まず、現代人の生物学者が行っているような"普通の" 研究が数多くある。例えば、魚類の習性に関する優れた観察、タコの産卵と発生についての観察、あるいはクジラ、イルカについての研究やサメの発生についての研究も非常にすぐれている。生物学史 フレッシュアイペディアより)

  • 大築海島

    大築海島から見たタコタコ

    大築海島では毎年7月に祭りがあり、賑っている。また周辺ではエビやタコなどの大漁地となっている。大築海島 フレッシュアイペディアより)

  • 櫛生村

    櫛生村から見たタコタコ

    農産物では、米、麦、雑穀、大豆、ゴマ、葉タバコ、しいたけ等を産する。太平洋戦争後、北斜面地が多いが柑橘栽培が導入された。海産物では、フグ、タイ、サヨリなどの魚類のほか、タコ、エビ、コンブ、海苔、ワカメ、サザエ、ナマコなど。櫛生村 フレッシュアイペディアより)

  • 吸盤

    吸盤から見たタコタコ

    動物ではタコが一番目立つ多数の吸盤を持つものである。その形状は人工のものとよく似ており、筋力により吸着動作を行う。ハゼの仲間では、腹びれが吸盤となっている。口を吸盤にしているものには、ヤツメウナギ・アルジイーター・ヒル・吸虫などがある。総じて動物の形成する吸盤は、水中で働くものが多い。これは、自然界ではガラス面のようになめらかな表面は存在しないので、どうしても水や粘液が間に入ってその境目を埋める必要があるためと推測される。空中の濡れた面であれば、さほど吸盤の形をしていなくても、ぬれた粘液面だけで吸着することもある。腹足類などが幅広い足で基盤に吸着するのも吸盤の原理である。吸盤 フレッシュアイペディアより)

  • ライトニング・ブリゲイド

    ライトニング・ブリゲイドから見たタコタコ

    3名(タコ頭、イルカ頭、女性)の幹部の率いる軍勢。巨大な海洋生物などを操り、主に海戦を担当する。ライトニング・ブリゲイド フレッシュアイペディアより)

  • 三崎村 (愛媛県)

    三崎村 (愛媛県)から見たタコタコ

    正野・串・与侈などの集落では漁業が発達した。鰯、鰤のほか、磯に恵まれておりアワビ、サザエ、テングサなどの海藻類など。漁船によるもののほか、特に海士による素もぐり漁に特徴がある。漁法の特徴からみて沖縄や五島列島から伝わったものとの説もある。宇和島藩伊達秀宗が建立した野坂大権現の棟札には大が抱えていた光る珠を海士が引き上げ祭ったという言われもあり、17世紀頃には既に海士漁が成立していたことを示すものとされる。1881年(明治14年)には串浦の岡崎孫太郎ら10数名が初めて朝鮮半島沿岸でアワビ取りに従事した。大正年間にピークを迎え、当時はほとんどの海士が海外出漁の経験があったとの記録がある。三崎村 (愛媛県) フレッシュアイペディアより)

  • 触手責め

    触手責めから見たタコタコ

    触手責め(しょくしゅぜめ)とは、フィクションにおいてイカやタコのような軟体動物、あるいはファンタジー作品やSF作品に登場する架空の怪物が触手を用いて人間と性行為を行うシチュエーションである。触手責め フレッシュアイペディアより)

  • バ怪獣 ゴメラ

    バ怪獣 ゴメラから見たタコタコ

    巨大なタコ型の怪獣。攻撃手段は触手を用いた絡み付きとタコ墨による煙幕。第4話では軍の攻撃に追われ、海に逃げ込んだゴメラに襲いかかった。第6話ではウィリーを捕まえ、海中へ連れ去った。バ怪獣 ゴメラ フレッシュアイペディアより)

706件中 101 - 110件表示

「タコ」のニューストピックワード