562件中 11 - 20件表示
  • テンタクルズ

    テンタクルズから見たタコタコ

    タイトルの意味はタコ・イカなどの触手。巨大なタコが人間を襲うという映画で、1970年代、人食い鮫による大混乱と恐怖を描いた映画『ジョーズ』の大ヒットにより、いろいろな動物が人間を襲う「動物パニック映画」が量産されていた(大熊が森林公園で暴れる『グリズリー』など)。本作はこの流れに乗る形で製作され、ジョン・ヒューストン、シェリー・ウィンタース、ヘンリー・フォンダといったベテラン俳優が出演したが、全くの凡作に終わった。「突然水中から食い荒らされた死体が上がる」などのショックシーンには『ジョーズ』の影響が見て取れる。テンタクルズ フレッシュアイペディアより)

  • ヤドカリ

    ヤドカリから見たタコタコ

    普段は貝殻から頭胸部だけを出して歩き回るが、危険を感じると素早く殻の中に引っ込み、発達した鋏脚で殻の口に蓋をする。食性は雑食性で、藻類、生物遺骸、デトリタス等を食べる。天敵はタコや肉食魚の他、カラッパやイボイワオウギガニ等の大型のカニ類に捕食されることもある。人間も食用や釣り餌に利用するため天敵となる。ヤドカリ フレッシュアイペディアより)

  • タコブネ

    タコブネから見たタコタコ

    タコブネ(蛸舟、学名:Argonauta hians)は、軟体動物門(タコ・イカ・貝類のなかま)の頭足綱タコ目アオイガイ科に属するタコの一種。別名フネダコ。タコブネ フレッシュアイペディアより)

  • オウムガイ

    オウムガイから見たタコタコ

    眼は短い柄の先に付いて、外側が平らになった独特の形を持つものであるが、これはピンホールカメラ方式である。すなわち、タコやイカのカメラ眼とは異なり、レンズの構造がないため、視力はよくない。水の中に落ちた化学物質には素早い動きを見せる。オウムガイ フレッシュアイペディアより)

  • ツマジロ

    ツマジロから見たタコタコ

    ツマジロ Carcharhinus albimarginatus (爪白・端白・妻白、英: Silvertip shark)は、メジロザメ目メジロザメ科に属するサメ。熱帯の海のサンゴ礁などに生息する。全長3 m。全ての鰭の後縁に白いマーキングがあることが特徴。サメやエイを含む魚やイカ、タコなどを食べる。胎生で、胎盤をつくり子どもを産む。人を襲うことはほとんどないが、危険である。ツマジロ フレッシュアイペディアより)

  • たこ焼き

    たこ焼きから見たタコタコ

    たこ焼き(たこ焼、蛸焼、たこやき)は、日本生まれの粉物料理の一種。小麦粉の生地の中にタコ(主としてマダコかミズダコ)を入れて直径 3-5cm ほどの球形に焼き上げた、大阪発祥とされる料理である。たこ焼き フレッシュアイペディアより)

  • ちらし寿司

    ちらし寿司から見たタコ

    地域や季節によって内容が変わるものの、基本的に椎茸・干瓢の煮しめなどの少量の切った具を混ぜ込んだ酢飯を作り、その上に錦糸玉子を敷き、さらにその上に茹でニンジン、酢蓮根、エンドウ、竹輪、蒲鉾、田麩、味を付けた高野豆腐、茹でた、殻付の海老、焼穴子、烏賊、、藻貝、鰆、ママカリなどの具材を大きめに切断して(藻貝やエビ、エンドウなどは切らない)敷き詰める。また生ものはあまり使用されない(地域によっては使用する)。また味付けも他地域とは異なっており、ちらし寿司とは似て非なるものであるが、これには由来がある。ちらし寿司 フレッシュアイペディアより)

  • おでん

    おでんから見たタコタコ

    タコ - 足の部分を用いるが、おでん種としては、小さいイイダコが丸々串に刺さっている場合も多い。おでん フレッシュアイペディアより)

  • 8

    8から見たタコタコ

    オクターブ、オクタゴン(八角形)、octopus(タコ(章魚))、October(10月)など。8 フレッシュアイペディアより)

  • 京都水族館

    京都水族館から見たタコタコ

    頭足類(イカ、タコ、オウムガイ)やクラゲに代表される無脊椎動物をテーマにした水槽。甲殻類(エビやカニ)も飼育展示している。タコの種類はミズダコなど。クラゲの種類は主としてミズクラゲ。京都水族館 フレッシュアイペディアより)

562件中 11 - 20件表示

「タコ」のニューストピックワード