706件中 11 - 20件表示
  • スポンジ・ボブのキャラクター

    スポンジ・ボブのキャラクターから見たタコタコ

    スポンジ・ボブの隣に住んでいるタコ。名前のためにイカと勘違いされることもある。常に不機嫌で毒舌癖があり、スポンジ・ボブとパトリックをうっとうしく思っていることが多い。その分、心配性でスポンジ・ボブがいなくなった時は必死に探したり、スポンジ・ボブが落ち込んだ時は励ましたり、彼と手を組んで協力したりするなどそれほど嫌っているわけではない。劇場版1ではTVシリーズと同様、スポンジ・ボブを嫌っているが、ラストでスポンジ・ボブに「自分の求めるものは君自身」にあると、語り彼を店長と認めた。「カニカーニ」のレジ係をしているが、しばしばサボることがある。昔は金髪でロン毛だった。スポンジ・ボブのキャラクター フレッシュアイペディアより)

  • イカ墨

    イカ墨から見たタコタコ

    近縁なタコも墨を吐くが、組成などが異なる。イカ墨 フレッシュアイペディアより)

  • メリーちゃんと羊

    メリーちゃんと羊から見たタコタコ

    中学進学のために進学塾に通っているはいるが、将来の夢は学者や医者などではなく、同級生のストロベリーと共にお笑い芸人としてデビューすること。通っている「ワシダ塾」には彼女と同様、エビ、タコ、ウナギ、金魚を親に持つ髪型が魚介類の友人がおり、5人で「水産鮮隊 水民グ☆(すいさんせんたい・スイミング)」なるヒロインチームを一時的に結成したこともある。メリーちゃんと羊 フレッシュアイペディアより)

  • モーリタニアの経済

    モーリタニアの経済から見たタコタコ

    国民の3割が貧困線以下の生活をしている貧しい国であり、2005年と2008年にクーデターが発生するなど、不安定な政情が経済成長の足枷になっている。モーリタニアの労働人口のおよそ半数は農業と畜産業に従事しているが、砂漠気候による旱魃や害虫の被害により、生産性は低い。鉱業(鉄鉱石、石油)と水産業(タコとイカ)への依存度が高く、産業の多様化が課題となっている。公共部門を含むサービス業も国内経済における重要な位置を占める。モーリタニアの経済 フレッシュアイペディアより)

  • まりかセヴン

    まりかセヴンから見たタコタコ

    性格はマイペースでかなりの天然、また、平らな何もないところでも転ぶほどの運動音痴。セヴンからは「意志も体力もなくて冷え性で御しやすいダメ人間」「計画性がなく衝動的で投げやり」「全宇宙でもっとも巧妙さから縁遠い存在」と評価されており、使命感が皆無とは言わずとも基本的に個人的感情を優先させる。虫やタコが大嫌い(イカは大丈夫)であり、それらに似た怪獣が出現すると場合、変身して戦うことを拒否することも多い。また、友情に厚いと見られる行動も多い。まりかセヴン フレッシュアイペディアより)

  • イカ

    イカから見たタコタコ

    さらに体内の墨袋(墨汁嚢)から墨を吐き出して敵の目をくらませる。タコの墨は外敵の視界をさえぎることを目的とし、一気に広がるのに対し、イカの墨はいったん紡錘形にまとまってから大きく広がる。紡錘形にまとまるのは自分の体と似た形のものを出し、敵がそちらに気を取られているうちに逃げるためと考えられている。イカ フレッシュアイペディアより)

  • 頭足類

    頭足類から見たタコタコ

    頭足類(とうそくるい、)は、軟体動物門 頭足綱に属する動物の総称。イカ、タコ、オウムガイ、コウモリダコや絶滅したアンモナイト等が含まれる。体は胴・頭・足に分かれていて、足も多数に分かれている。触角はないが、軟体動物の中でも特に目や神経系、筋肉が発達していて、運動能力にすぐれる。頭足類 フレッシュアイペディアより)

  • ぬらりひょん

    ぬらりひょんから見たタコタコ

    現実にはカツオノエボシやタコクラゲのような大型クラゲやタコを妖怪視したものでないかと考えられ、前述の老人の姿をした「ぬらりひょん」とは別物であると考えられる。ぬらりひょん フレッシュアイペディアより)

  • 奄美料理

    奄美料理から見たタコタコ

    たく、とほタコ、喜界島で「とー」) - 本州などのマダコではなく、ワモンダコ(島だこ。大きい)、シマダコ(縞蛸)やウデナガカクレダコ(すがり、しがり。小さい)などを大潮の干潮時に珊瑚礁で取ってくる。この漁を「いざり」という。刺身、茹でタコ、味噌和えにして食べる。奄美料理 フレッシュアイペディアより)

  • ポケ

    ポケから見たタコタコ

    タコ・ポケ - タコを使用ポケ フレッシュアイペディアより)

706件中 11 - 20件表示

「タコ」のニューストピックワード