706件中 31 - 40件表示
  • モロッコ

    モロッコから見たタコタコ

    IMFの統計によると、2015年のモロッコの国内総生産(GDP)は約1,031億ドルである。国民一人当たりのGDPは3,079ドルとアフリカ諸国では比較的高い水準にあり、アジアなどの新興国に匹敵するレベルである。産油国ではないが、鉱業と軽工業など産業のバランスもよくアフリカでは経済基盤も発達している方である。埋蔵量世界1位のリン鉱石を中心とする鉱業と、生産量世界第6位のオリーブ栽培などの農業が経済に貢献している。大西洋岸は漁場として優れており日本にもタコなどが輸出されている。観光資源も豊かで、観光収入は22億ドルに上る。先進工業国とは呼べないが、衣料品などの軽工業のほか、石油精製や肥料などの基礎的な諸工業が発達している(以下、統計資料はFAO Production Yearbook 2002、United Nations Industrial Commodity Statistical Yearbook 2001年を用いた)。かつて宗主国だったフランスほか欧米諸国の企業が、自動車や鉄道・航空機部品などの工場を増やしている。これはモロッコがアフリカでは政情・治安が安定しているうえ、インフラストラクチャーが整備されており、50以上の国・地域と自由貿易協定(FTA)を締結していて輸出がしやすいという背景がある。その他ヨーロッパ連合諸国に出稼ぎ、移住したモロッコ人による送金も外貨収入源となっている。モロッコ フレッシュアイペディアより)

  • おでん

    おでんから見たタコタコ

    タコ - 足の部分を用いるが、おでん種としては、小さいイイダコが丸々串に刺さっている場合も多い。おでん フレッシュアイペディアより)

  • タウリン

    タウリンから見たタコタコ

    生体にとって重要な物質であり、ヒトにとっても重要であり、イカ・タコ・カキなどの軟体動物では組織に遊離状態で豊富に存在し、また他の様々な動物の体内でも見つかっている。タウリン フレッシュアイペディアより)

  • たこまんま

    たこまんまから見たタコタコ

    たこまんまとは、北方系のタコであるヤナギダコの卵巣を食品として呼ぶときの北海道太平洋沿岸地域における呼称。マダコの卵である海藤花に相当するが、小卵型のタコで幼生が長期間プランクトン生活を送るマダコと違い、ヤナギダコはイイダコと同様の底生生活の幼体が直達発生する大卵型のタコであるためにずっと大粒の卵である。たこまんま フレッシュアイペディアより)

  • 天性寺 (岸和田市)

    天性寺 (岸和田市)から見たタコ

    創建は元亀元年(1570年)と言われているが、天保年間の火災で、記録をすべて失ってしまい詳細は不明。しかし、『増上寺史料集』第五巻所収『浄土宗寺院史』「泉州寺院開山帳 岸和田組」には、寛永2年(1625年)に得譽上人が建立し、以後、寛文13年(1673年)までの48年間、住職をつとめたとしている。『天性寺聖地蔵尊縁起』によると、建武年問、岸和田城に高波が襲いかかった時、海の彼方より大に乗った法師が海岸まで近付き波風を鎮められ城は救われたという。天性寺 (岸和田市) フレッシュアイペディアより)

  • たこ焼き

    たこ焼きから見たタコタコ

    たこ焼き(タコ焼き・たこ焼・蛸焼)は、日本生まれの粉物料理の一種である。小麦粉の生地の中にタコ(主にマダコ)と薬味を入れて直径 3-5cmほどの球形に焼き上げた、大阪発祥とされる料理である。たこ焼き フレッシュアイペディアより)

  • 目

    から見たタコタコ

    窩状眼では網膜へ光線を絞って投影できるが、光の入射口が狭く多くの光を無駄にすることになる。光を屈折させる専用のレンズである水晶体を備え、前面にはそれを保護する角膜を持ったものが「水晶体眼」である。無脊椎動物としてはホラガイのような貝類から水晶体眼を持つようになり、脊椎動物の眼も水晶体眼である。イカやタコといった頭足類の眼は無脊椎動物の中でも特に発達した水晶体眼であり、脊椎動物の眼と形態がかなり似るまでに進化を遂げているが、発生過程では眼の組織が表皮から生じるため、眼胞と呼ばれる眼の組織が表皮細胞から分化して生じてその前壁部分が厚みを帯びて水晶体後半となり、表皮細胞から再びせり出して眼胞を覆った部分の中央が外側に向かって膨らみ水晶体前半となる。頭足類ではこれら2つが融合して水晶体となる。ただし他の大多数の無脊椎動物の眼と同様に「背向性眼」(=反転眼)ではない。発生においては無脊椎動物の眼はすべてが表皮由来であるが、脊椎動物の外側眼は網膜組織と色素上皮層の2層構造などが脳由来であり角膜の外層と水晶体が表皮由来である。脊椎動物の頭頂眼は脳由来の網膜だけの1層構造である。また脊椎動物の外側眼は背向性眼(反転眼)であり、視神経乳頭による盲点があるが、頭頂眼は反転眼ではない。 フレッシュアイペディアより)

  • アンモナイト

    アンモナイトから見たタコタコ

    アンモナイトは軟体動物なので、柔らかな軟体部分(本体部)が極めて残りにくい。しかし同年代に生息していた同じ頭足類のタコ、ベレムナイトについてはかなり稀であるものの軟体部が保存された化石が見つかっており、アンモナイト研究者の焦燥を煽っている。タコ、イカ、ベレムナイトに比べてアンモナイトの軟体部が保存されていることが極めて稀なのは筋肉組織がイカやタコに比べて軟弱であったのではないかという説がある(三笠市立博物館の解説より)。軟体部分の痕跡を留めた化石の発見例は存在するがごくわずかしかなく、それも大半が断片的にしか痕跡を残していないため、研究資料として十分な量には達しておらず、軟体部分がどのような構造であったかについては未だ解明されていない。現生のイカやタコのように吸盤のある触手が複数あったであろうことは痕跡化石から推測されているが、触手の本数はまだよくわかっていない。化石はほぼ全てが殻であって、おびただしい数の化石標本が確保され、主要な産地であればたやすく見つけられるが、軟体部分の復元は(貝殻部分も含めて)現生の頭足類との比較による推定でしか行う事ができない。アンモナイト フレッシュアイペディアより)

  • モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん

    モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくんから見たタコタコ

    タコの亡霊に体を乗っ取られてしまい、手足がタコの体に変わってしまったことがある。モリモリッ!ばんちょー!!キヨハラくん フレッシュアイペディアより)

  • ドラえもん (キャラクター)

    ドラえもん (キャラクター)から見たタコタコ

    その体型から、しばしばタヌキと間違われる。だが、本人はそれを極度に嫌っており、そのように言われると激昂する。他に海坊主、地蔵、タコ、フグと言われ、アメリカ版ではアザラシと間違えられている。『ドラえもん のび太の大魔境』ではタヌキと言われたことに腹を立て、隠れているのも忘れて怒鳴り散らしてしまった。『のび太とアニマル惑星』では「動物ごっこ帽子」のネコミミを付けているにもかかわらずタヌキと間違われたが、本当のタヌキから「タヌキの何が悪いんだ?」と言われたり、チッポの父親達から「タヌキ…いや、ネコさん」と何度も訂正されるので「もうタヌキでもネコでも何でもいいです」と諦めた。また、アニメ「幸せな人魚姫」では青いタコとも言われたり(本人によると、タコと言われるのは初めて)、『のび太の人魚大海戦』では、地上の動物の知識がないとはいえ、ソフィアやハリ坊たちゲストキャラクターから「青いフグ」と呼ばれたこともある。『ザ・ドラえもんズ スペシャル』の3巻収録「戦国の覇王」では徳川家康に「自身の影武者になってくれ」と頼まれ、家康に成りすました。ワスレンボーで家康達の記憶を消すのを忘れたまま現代に帰還した為、歴史の本には家康に成りすましたドラえもんの絵が載ってしまった。ドラえもん (キャラクター) フレッシュアイペディアより)

706件中 31 - 40件表示

「タコ」のニューストピックワード