562件中 31 - 40件表示
  • たこまんま

    たこまんまから見たタコタコ

    たこまんまとは、北方系のタコであるヤナギダコの卵巣を食品として呼ぶときの北海道太平洋沿岸地域における呼称。マダコの卵である海藤花に相当するが、小卵型のタコで幼生が長期間プランクトン生活を送るマダコと違い、ヤナギダコはイイダコと同様の底生生活の幼体が直達発生する大卵型のタコであるためにずっと大粒の卵である。たこまんま フレッシュアイペディアより)

  • ポケ

    ポケから見たタコタコ

    タコ・ポケ - タコを使用ポケ フレッシュアイペディアより)

  • モーリタニアの経済

    モーリタニアの経済から見たタコタコ

    国民の3割が貧困線以下の生活をしている貧しい国であり、2005年と2008年にクーデターが発生するなど、不安定な政情が経済成長の足枷になっている。モーリタニアの労働人口のおよそ半数は農業と畜産業に従事しているが、砂漠気候による旱魃や害虫の被害により、生産性は低い。鉱業(鉄鉱石、石油)と水産業(タコとイカ)への依存度が高く、産業の多様化が課題となっている。公共部門を含むサービス業も重要である。モーリタニアの経済 フレッシュアイペディアより)

  • ちゅうちゅうたこかいな

    ちゅうちゅうたこかいなから見たタコタコ

    「ちゅう」が2ゾロで4、「ちゅうちゅう」で4+4=8であり、これに8の代表例であるの足とを掛けたとする説である。なお、先の新聞には掲載されていないが、「かいな」とは上腕部を意味する古語であり、「たこ・かいな」を合わせて「蛸の足」とする派生解釈も存在する。ちゅうちゅうたこかいな フレッシュアイペディアより)

  • ケンムン

    ケンムンから見たタコタコ

    とギブ(貝の一種)が弱点で、蛸の理由については後述の起源を参照。ケンムンを追い払うには蛸を投げつけるか、もしくは「蛸を捕ってきて投げるぞ」と言うと良い。なおキジムナーも蛸が嫌いである。ケンムン フレッシュアイペディアより)

  • ハイディンガーのブラシ

    ハイディンガーのブラシから見たタコタコ

    横波である光は、電場・磁場がある方向に振動している。 太陽光のような一般的光はこの振動方向がさまざまに入り混じったものだが、青空や反射光はある特定の方向へと振動が偏った偏光した光である。 一部の渡り鳥や昆虫の眼はこの偏光した光の振動方向を感じとる力があり、太陽が直接見えなくても青空の偏光によって方角を知る手掛かりとしている。 また、タコやイカの眼にも偏光を感知する力があることが知られている。 ヒトには通常こうした偏光を感じとる力がないと思われがちだが、実はヒトの眼も光の偏光がわかる。ハイディンガーのブラシ フレッシュアイペディアより)

  • マゴチ

    マゴチから見たタコタコ

    食性は肉食性で、クルマエビ類やテッポウエビ類、小型のタコやイカ、ハゼやキスなど、気づかずに接近する小動物を大きな口で捕食する。キス釣りなどで釣り上げた小魚に喰いつき、釣りあがることもある。マゴチ フレッシュアイペディアより)

  • イソスジエビ

    イソスジエビから見たタコタコ

    食性はほぼ肉食性で、貝類や多毛類などの小動物を捕食し、動物の死骸にもよく集まる。このため生息域で手足を水中に漬けてじっとしておくと、スジエビ類が集まってきて鋏脚で肌をついばむのが観察できる。一方、天敵はフグ、カサゴなどの底生肉食魚、イカ、タコ、イソギンチャクなどがいる。イソスジエビ フレッシュアイペディアより)

  • 備後灘

    備後灘から見たタコタコ

    備後灘(びんごなだ)は、瀬戸内海中央部の海域。東は備讃瀬戸、南は燧灘、西は芸予諸島東部の弓削島、因島に囲まれている。海底は平坦であり、タイ、サワラ、タコ、イカなどの漁が盛ん。古くから瀬戸内航路として役割を持って村上水軍が根拠地とした。尾道、因島には大規模な港が作られて古くから造船業が栄えた。一方、福山市沿岸は埋め立てが進み、JFEスチール(旧NKK)をはじめとする工場が集積する。備後灘 フレッシュアイペディアより)

  • ファントム!

    ファントム!から見たタコタコ

    16怪登場。超大河に住んでいるタコ型ファントム。足が吸盤になっていて、何でも水中に引っぱり込む。サキイカと仲が悪く、その結果自滅してしまう。野球は阪神。ファントム! フレッシュアイペディアより)

562件中 31 - 40件表示

「タコ」のニューストピックワード