562件中 51 - 60件表示
  • ショウジンガニ

    ショウジンガニから見たタコタコ

    岩のすき間にひそんだり、岩の上を素早く走り回ったりして生活する。食性は雑食性で、海藻や小動物などを食べる。一方、捕食者はイシダイ、ウツボ、タコなどである。ショウジンガニ フレッシュアイペディアより)

  • ティンバーゲンの4つのなぜ

    ティンバーゲンの4つのなぜから見たタコタコ

    系統発生、すなわち「現在の生物がどのような進化の経路をたどってきたか」は機能/適応以外の全ての進化的な説明に関わる。自然選択が最適なデザインを達成できないかも知れないいくつかの要因がある(Dawkins 1982; Mayr 2001:140-143; Buss et al. 1998)。例えば小集団に起きる遺伝的浮動や創始者効果、環境的な突発的な出来事(気候変動など)のように、進化は偶然の過程も伴う。また初期の進化的発達の結果、制約が生まれることがある。多くの表現型が系統発生の過程で維持されるために、個体は過去の様々な世代の特徴を引き継ぐ。これは形態にも行動にも当てはまる。種の系統発生がどのようなものであったかを再現することは、現在の形質の「独特さ」の理解につながる。例えばヒトも含めた脊椎動物の眼は盲点を持つが、タコの眼は持たない。それぞれの系統で独立して眼が何とかして作られた。いったん脊椎動物の眼が作られたあとは、「十分機能し、かつ盲点なしの眼」という過程を経ることがなかった。ティンバーゲンの4つのなぜ フレッシュアイペディアより)

  • チヒロザメ

    チヒロザメから見たタコタコ

    硬骨魚類を主食とし、他にカラスザメ科のサメやイカ、タコを捕食する。チヒロザメ フレッシュアイペディアより)

  • 魚肉

    魚肉から見たタコタコ

    足(触手) - タコ・イカ魚肉 フレッシュアイペディアより)

  • 八戸漁港

    八戸漁港から見たタコタコ

    タコ - 2002年(平成14年)度陸揚量全国4位八戸漁港 フレッシュアイペディアより)

  • オクトパスアタック

    オクトパスアタックから見たタコタコ

    オクトパスアタックは 敵に襲撃されると毒性の墨を吐く、タコの攻撃方法の一種。オクトパスアタック フレッシュアイペディアより)

  • ロリコンフェニックス

    ロリコンフェニックスから見たタコタコ

    BL団構成員。姿はタコそのもの。少女達とその水着を愛する海のハンター。デビルハンドで水着を着た女の子をセクハラしている。ロリコンフェニックス フレッシュアイペディアより)

  • たこめし

    たこめしから見たタコタコ

    蛸飯(たこめし)は、タコを用いたご飯料理で、郷土料理のひとつ。タコとご飯に炊き込むもの、煮たタコをご飯に乗せたり混ぜたりするもの、両方を組み合わせたものがある。たこめし フレッシュアイペディアより)

  • マオナガ

    マオナガから見たタコタコ

    餌生物は主に外洋性浮魚類である。底生性魚類やイカ、タコ、甲殻類、まれに海鳥も捕食する。長い尾鰭は捕食行動に関与し、小魚などを叩いて気絶させたり致命傷を与えると考えられる。また魚の群れを寄せ集めるとも考えられている。延縄の鉤にはオナガザメの口ではなく尾鰭がかかっている場合が多い。マオナガ フレッシュアイペディアより)

  • 墨袋

    墨袋から見たタコタコ

    墨袋(すみぶくろ)はタコやイカなどの頭足類の持つ墨の詰まった器官である。この袋は漏斗の基部に開口しており、そこから墨を噴き出して捕食者や獲物を混乱させ、その隙に捕らえたり逃走したりする。墨袋 フレッシュアイペディアより)

562件中 51 - 60件表示

「タコ」のニューストピックワード