706件中 71 - 80件表示
  • 延縄

    延縄から見たタコタコ

    タコは岩礁などの狭い場所を好むが、この性質を利用して蛸壺や蛸箱を使った漁は日本各地にみることができる。新潟県では、この蛸箱を延縄の枝縄の先に数十個とりつけた蛸箱延縄をつかって主にミズダコの漁が行われている。延縄 フレッシュアイペディアより)

  • グルーピー

    グルーピーから見たタコタコ

    特にレッド・ツェッペリンのグルーピーとの乱交騒ぎは有名で、「ホテルの一室でグルーピーの性器にサメを差し込んだ(実際の事件ではキンメダイ)」、「バスタブにグルーピー数人とタコを入れ、グルーピーの反応を楽しんだ」など、70年代のロックンロール、そしてグルーピーの風景を表した有名なエピソードである。グルーピー フレッシュアイペディアより)

  • 蛸の松

    蛸の松から見たタコタコ

    最初の蛸の松は、堂島川の左岸・現在の田蓑橋南詰のもう少し下流側、玉江橋との中間ぐらいの位置にあった。 枝振りがの泳ぐ姿に見えるということから、「蛸の松」と呼ばれるようになった。 その松の木は慶安年間に福島正則が植えたといわれており、その後、すぐ近くに屋敷を構えていた浅野氏が毎年扶持十石を与えて維持したという。 しかし、明治44年(1911年)についに枯れてしまった。 その切株の一部は、現在も大阪教育大学の天王寺キャンパス内に保存されている。蛸の松 フレッシュアイペディアより)

  • キタゾウアザラシ

    キタゾウアザラシから見たタコタコ

    キタゾウアザラシは主にイカやタコなどの頭足類やヌタウナギ、小さなサメなどの魚類を食べる。キタゾウアザラシ フレッシュアイペディアより)

  • イソガニ

    イソガニから見たタコタコ

    岩礁や転石からなる海岸の潮間帯・潮下帯に生息し、外洋・内湾ともに見られる。汽水域にも居るが海水の影響が強い区域に多く、塩分濃度が低い区域には殆ど居ない。隠れ場所が全くない砂泥地には居ないが、転石、カキ殻、コンクリート人工物等があればその物陰に潜んでいることがある。扁平な体はこのような物陰に潜むのに都合がよい。潜んでいる石を引っ繰り返すと素早く走り、近くの物陰へ逃げ込む。食性は雑食性で、海藻、小魚、ゴカイ、貝類など、いろいろなものを食べる。いっぽう敵は鳥類やクロダイ、タコ等である。日本での繁殖期は4月下旬-8月で、この時期には抱卵したメスが見られる。イソガニ フレッシュアイペディアより)

  • ショウジンガニ

    ショウジンガニから見たタコタコ

    岩のすき間にひそんだり、岩の上を素早く走り回ったりして生活する。食性は雑食性で、海藻や小動物などを食べる。一方、捕食者はイシダイ、ウツボ、タコなどである。ショウジンガニ フレッシュアイペディアより)

  • タカラガイ科

    タカラガイ科から見たタコタコ

    食性は多様で、小型種は藻類やバイオフィルム、デトリタスを食べるが、大型種では海綿やサンゴ等を食べる肉食性のものもいる。殻が厚く開口部が非常に狭いのでタカラガイを捕食するものは少ないが、これを狙う生物も幾つか存在する。開口部に比して脆弱な貝殻の背面部を破壊するカニなどの甲殻類や、タガヤサンミナシのように毒針を軟体部に打ち込み、貝殻内に自分の胃を挿入して消化する肉食の貝、貝殻に穿孔して毒を注入して捕食するタコの仲間などである。タカラガイ科 フレッシュアイペディアより)

  • サメハダテナガダコ

    サメハダテナガダコから見たタコタコ

    サメハダテナガダコ(鮫肌手長蛸、学名:Octopus luteus)は、軟体動物八腕類上目マダコ科に属するタコの一種である。サメハダテナガダコ フレッシュアイペディアより)

  • タコクラゲ

    タコクラゲから見たタコタコ

    タコに似た外見からその名がつけられ、体内に褐虫藻が共生する為に褐色になっている。褐虫藻はクラゲの体内で光合成を行い、その産物の一部をクラゲが利用する。タコクラゲ フレッシュアイペディアより)

  • 頭部

    頭部から見たタコタコ

    タコ、イカなど頭足類では、本来は腹足類のような構造から派生して殻の口に頭が引きつけられ、脚は分枝して束になっているので、頭から脚が生えたような形になっている。頭足類の名はここから来たものである。頭には無脊椎動物中、もっともよく発達した目が1対ある。口は脚の真ん中に位置し、キチン質の歯がある。現生の頭足類の大部分は、殻を退化させ、体内に取り込むか、あるいは殻を失っている。この中で、イカ類は腹部にひれを持ち、それを波打たせて頭と脚の方向に進むのが通常であるが、外套膜内の水を噴出し、素早く腹部のある後方へ進む能力がある。つまり、目の向かない方向への急速移動が可能なので、水槽飼育では腹部先端を壁にぶつけ、けがを負うことが多く、ここから弱って死に至るのが、彼らの飼育を難しくしている。頭部 フレッシュアイペディアより)

706件中 71 - 80件表示

「タコ」のニューストピックワード