前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
230件中 1 - 10件表示
  • タコ

    タコから見た横山ノック

    横山ノック:禿げ上がった頭から漫才(漫画トリオ)で「タコ」と呼ばれた。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た日本水産

    メキシコではオクトパス・マヤという種類のタコの養殖が試みられており一定の成果が上がっている。日本では日本水産がマダコの完全養殖に成功している。しかし、いずれも商業ベースには到達していない。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た力士

    大相撲の隠語で、思い上がって天狗になり周囲の言うことを聞かなくなること。若いうちに関取になったり三役・横綱に昇進した場合に、兄弟子や親方のいうことを聞かなくなったりする力士のことを指す。「タコ釣る」ともいう。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たヒョウモンダコ

    ほぼ全てのタコは毒を持っているが、人間には無害である。ただし、ヒョウモンダコという種類のタコは例外で、分泌腺内に寄生するバクテリアに由来するテトロドトキシンという猛毒を持っており、人間でも噛まれると命を落とすことがある。解毒剤は見つかっていない。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た愛称

    蛸入道(たこにゅうどう) - 【仏教関連用語、ほか】 仏教における入道者に対して、強いからかいの意を持って用いられる蔑称。頭髪を剃り上げた坊主頭がタコの胴と似ていることから呼ばれる。転じて、ファッションとしてのスキンヘッドや、薄毛の人に対しても言う。これらは事実上、男性に対してのみ用いられる。また、動物のタコを愛称的含みを持ってそのように呼ぶこともある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た2009年

    比較的高い知能を持っており、一説には最も賢い無脊椎動物であるとされている。形を認識することや、問題を学習し解決することができる。例として、密閉されたねじぶた式のガラスびんに入った餌を視覚で認識し、ビンの蓋をねじって餌を取ることができる。また白い物体に強い興味を示す。身を守るためには、保護色に変色し、地形に合わせて体形を変える、その色や形を2年ほど記憶できることが知られている。また、1998年には、インドネシア近海に棲息するメジロダコ(en。右列に関連する画像あり)が、人間が割って捨てたココナッツの殻を組み合わせて防御に使っていることが確認され、2009年12月、「無脊椎動物の中で道具を使っていることが判明した初めての例」として、イギリスの科学雑誌『カレント・バイオロジー (Current Biology) 』に掲載された(これに先行すること数ヶ月、テレビ番組では特集が組まれ、二枚貝の貝殻や持ち運び可能な人工物を利用して身を守る様子が詳しく紹介された。動物の道具使用については別項「文化 (動物)」も参照のこと)。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た太宰久雄

    タコ社長:日本映画『男はつらいよ』に登場する太宰久雄が演じた零細企業の社長(cf. 男はつらいよの主要人物)の愛称。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た中河美芳

    中河美芳:プロ野球選手。一塁守備で足を大きく前後に開くさまと、どんな送球も吸い付くように捕球することから、「タコ足」「タコの中河」と呼ばれていた。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た新海幸藏

    新海幸藏:力士。足癖を得意としたため、「タコ足の新海」のあだ名が付いた。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たラッキョウ

    日本には餌をつけない針金で引っ掛ける「から釣り漁法」も存在する。空の蛸壺が浜辺に積まれている光景は、一部の地域では漁村景観の一つともなっている。また、イイダコは白色を好む傾向が強く、ラッキョウ等の白色の物体に釣り針をつけ、それに抱きつくイイダコを釣る変形のルアー釣りも有名である。タコ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
230件中 1 - 10件表示

「タコ」のニューストピックワード