205件中 91 - 100件表示
  • タコ

    タコから見たカナロア

    カナロア :ハワイの創造神話に登場する海神。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た内燃機関

    タコ棒 :[内燃機関] ポペットバルブの気密を保つために研磨を行う際、持ち手として取り付ける棒。先端に吸盤があり、これでバルブを吸いつけて作業する。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たVOCALOIDの派生キャラクター

    たこルカ:巡音ルカの頭部だけをデフォルメし、髪の毛を脚に見立てたキャラクター(cf. 巡音ルカをモチーフとしたキャラクター)。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た蛸薬師通

    蛸薬師(たこやくし) :永福寺。京都市中京区に所在。僧が病の母を思って、母の好物のタコを戒律を破ってまで買ってきたところ、そのタコが池に飛び込んで光明を放ち、病がたちまち快癒したとの伝承があり、この異名で知られる。蛸薬師通の由来にもなった。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た

    タコノキなどのタコノキ類(タコノキ目):タコが足を伸ばすように気根を伸ばして立つ姿から、「蛸の木」の意で呼ばれる。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た威嚇

    人間もタコの天敵であるが、人間を見たことがない大型のタコは、潜水中の人を威嚇したり、ダイバーのレギュレーター(en)に触腕をからませ、結果としてダイバーの呼吸を阻害することもある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たアイボリー

    低カロリーで、タンパク質、特にタウリンが豊富である。また、亜鉛も多く含む。夏場のものが特に美味とされる。関西地方には、半夏にタコを食べる習慣があるが、これはタウリンを補給して夏バテを防ぐためと言われる。秋口にメスの体内にある卵は象牙色の袋に包まれており、タコの袋児(ふくろご)と呼ばれ、煮付けて食べる。また、産卵後の卵はその形状から海藤花(かいとうげ)と呼ばれ、塩漬けにする。なお、イカの吸盤が環状に並んだ微細で鋭利な歯を持つのに対してタコの吸盤にはそれが無く、大きく肉付きも良いため、それ自体の食感が喜ばれる。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た天性寺 (岸和田市)

    蛸地蔵(たこじぞう) :天性寺。大阪府岸和田市にあり、岸和田城落城の危機に、大蛸に乗った地蔵の化身が城を救ったという伝説がある。又、南海本線蛸地蔵駅の由来にもなっている。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た吸盤

    複数の吸盤がついた8本の触腕を特徴とする。一般には「足」と呼ばれるが、学術書などでは「腕(触腕)」と表現されることが多い(英語でも arm [腕]と呼ぶ)。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た土木工学

    蛸、たこ、タコ :[土木用語・農業用語] 重さをもって地面等の基盤を突き固める道具(棍棒・槌などといった突き棒)、すなわち、撞槌(とうつい)などの俗称的呼称。蛸木(たこぎ。たこ木、タコ木)の略称。名の由来は、大型で専用の撞槌には数本の持ち手が付いていて、形状全体が複数の足を持つタコの姿に似ていることにある。英語で 及び (その一語義)と同義であり、よって、「ランマー」「ラマー」「ラム」「プンナー」とも呼ぶ。タコ フレッシュアイペディアより)

205件中 91 - 100件表示

「タコ」のニューストピックワード