230件中 91 - 100件表示
  • タコ

    タコから見た韓国語

    韓国では日常的な食材である。特に、テナガダコ(Octopus minor)を生きたままぶつ切りにし、塩と胡麻油および胡麻と和えて踊り食いにするサンナクチ(韓国語:???[語義:活きたテナガダコ]、英語表記:sannakji)は有名である。台湾や中国で消費されるタコは、大部分が現地の日本料理店や韓国料理店の食材であり、中華料理の伝統食に蛸料理は無い。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た潜水士

    人間もタコの天敵であるが、人間を見たことがない大型のタコは、潜水中の人を威嚇したり、ダイバーのレギュレーター(en)に触腕をからませ、結果としてダイバーの呼吸を阻害することもある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た生殖器

    8本の触腕のうち1本は交接腕と呼ばれ、先端が生殖器になっている。これがメスの体内に挿入され精莢が受け渡されることで受精が成立する。たいていのタコの雌は、生涯に1回のみ産卵し、卵が孵化したのちに雌は死んでしまう。タコでは平衡石を用いた年齢推定が行えないため、一部の種を除いて、どれくらい生きるのかはわかっていない。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た甲殻類

    他方、タコは甲殻類や二枚貝にとっての天敵であり、好んで捕食する傾向が強い。獲物に比して体格で勝るタコであれば、触腕が持つ強靭な筋力によって甲殻類の殻を砕き、きつく閉じた二枚貝の殻をこじ開けることができる。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た伝説

    クラーケン :北欧の伝説に登場する海の怪物。中世から近代にかけて語られた怪物であり、古代の北欧神話には登場しない。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たウツボ

    食物網の中でのタコの位置(cf. 生態ピラミッド、捕食-被食関係)は、おおむね中間位の捕食者である。タコの天敵として最もよく知られているのはウツボであるが、サメやタイの仲間もタコを好む。しかしこの捕食-被食関係も一方的なものではなく、稀にではあるが大型のタコが小型のサメを捕食することがある。また水族館では、ミズダコが同じ水槽で飼われていたアブラツノザメを攻撃し、死亡させた例もある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たスイス

    一方、アルプス以北のヨーロッパ諸国では、漁業が盛んな局所をのぞいて、伝統的には食用にはされてこなかった。例えばドイツやスイス、フランスの大部分では、伝統料理にタコを見ることはまずない。また、イギリスでは「悪魔の魚 devilfish」などと呼ばれ、避けられていたことは良く知られている。しかし、これらの地域でも、現代では南欧料理やアジアの料理(日本の寿司など)が入ってきており、タコを食べる機会は増えてきている。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たスキンヘッド

    蛸入道(たこにゅうどう) - 【仏教関連用語、ほか】 仏教における入道者に対して、強いからかいの意を持って用いられる蔑称。頭髪を剃り上げた坊主頭がタコの胴と似ていることから呼ばれる。転じて、ファッションとしてのスキンヘッドや、薄毛の人に対しても言う。これらは事実上、男性に対してのみ用いられる。また、動物のタコを愛称的含みを持ってそのように呼ぶこともある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たクラーケン

    クラーケン :北欧の伝説に登場する海の怪物。中世から近代にかけて語られた怪物であり、古代の北欧神話には登場しない。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た巡音ルカ

    たこルカ:巡音ルカの頭部だけをデフォルメし、髪の毛を脚に見立てたキャラクター(cf. 巡音ルカをモチーフとしたキャラクター)。タコ フレッシュアイペディアより)

230件中 91 - 100件表示

「タコ」のニューストピックワード