205件中 101 - 110件表示
  • タコ

    タコから見た台湾

    韓国では日常的な食材である。特に、テナガダコ(Octopus minor)を生きたままぶつ切りにし、塩と胡麻油および胡麻と和えて踊り食いにするサンナクチ(韓国語:???[語義:活きたテナガダコ]、英語表記:sannakji)は有名である。台湾や中国で消費されるタコは、大部分が現地の日本料理店や韓国料理店の食材であり、中華料理の伝統食に蛸料理は無い。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た英語

    蛸、たこ、タコ :[土木用語・農業用語] 重さをもって地面等の基盤を突き固める道具(棍棒・槌などといった突き棒)、すなわち、撞槌(とうつい)などの俗称的呼称。蛸木(たこぎ。たこ木、タコ木)の略称。名の由来は、大型で専用の撞槌には数本の持ち手が付いていて、形状全体が複数の足を持つタコの姿に似ていることにある。英語で 及び (その一語義)と同義であり、よって、「ランマー」「ラマー」「ラム」「プンナー」とも呼ぶ。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た触腕

    複数の吸盤がついた8本の触腕を特徴とする。一般には「足」と呼ばれるが、学術書などでは「腕(触腕)」と表現されることが多い(英語でも arm [腕]と呼ぶ)。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た生態ピラミッド

    食物網の中でのタコの位置(cf. 生態ピラミッド、捕食-被食関係)は、おおむね中間位の捕食者である。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たドイツ

    一方、アルプス以北のヨーロッパ諸国では、漁業が盛んな局所をのぞいて、伝統的には殆ど全く食用にはされてこなかった。例えばドイツやスイスでは、伝統料理にタコを見ることはまずない。また、イギリスでは「悪魔の魚 devilfish」などと呼ばれ、避けられていたことは良く知られている。しかしこれらの地域でも、現代では南欧料理やアジアの料理(日本の寿司など)が入ってきており、タコを食べる機会は増えてきている。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た食物連鎖

    食物網の中でのタコの位置(cf. 生態ピラミッド、捕食-被食関係)は、おおむね中間位の捕食者である。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た捕食

    食物網の中でのタコの位置(cf. 生態ピラミッド、捕食-被食関係)は、おおむね中間位の捕食者である。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た韓国語

    韓国では日常的な食材である。特に、テナガダコ(Octopus minor)を生きたままぶつ切りにし、塩と胡麻油および胡麻と和えて踊り食いにするサンナクチ(韓国語:???[語義:活きたテナガダコ]、英語表記:sannakji)は有名である。台湾や中国で消費されるタコは、大部分が現地の日本料理店や韓国料理店の食材であり、中華料理の伝統食に蛸料理は無い。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た潜水士

    人間もタコの天敵であるが、人間を見たことがない大型のタコは、潜水中の人を威嚇したり、ダイバーのレギュレーター(en)に触腕をからませ、結果としてダイバーの呼吸を阻害することもある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たインド

    インドではタコを食べる文化は無い。タコ フレッシュアイペディアより)

205件中 101 - 110件表示

「タコ」のニューストピックワード