205件中 111 - 120件表示
  • タコ

    タコから見た生殖器

    オスは吸盤の大きさがメスに比べてばらつきがあり、また、8本の触腕のうち1本の先端は生殖器になっていて、これがメスの体内に挿入されることで受精が成立する(交接腕)。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た仏教

    蛸入道(たこにゅうどう) :[仏教関連用語、ほか] 仏教における入道者に対して、強いからかいの意を持って用いられる蔑称。頭髪を剃り上げた坊主頭がタコの胴と似ていることから呼ばれる。転じて、ファッションとしてのスキンヘッドや、薄毛の人に対しても言う。これらは事実上、男性に対してのみ用いられる。また、動物のタコを愛称的含みを持ってそのように呼ぶこともある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た甲殻類

    他方、タコは甲殻類や二枚貝にとっての天敵であり、好んで捕食する傾向が強い。獲物に比して体格で勝るタコであれば、触腕が持つ強靭な筋力によって甲殻類の殻を砕き、きつく閉じた二枚貝の殻をこじ開けることができる。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た伝説

    クラーケン :北欧の伝説に登場する海の怪物。中世から近代にかけて語られた怪物であり、古代の北欧神話には登場しない。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た煮る

    低カロリーで、タンパク質、特にタウリンが豊富である。また、亜鉛も多く含む。夏場のものが特に美味とされる。関西地方には、半夏にタコを食べる習慣があるが、これはタウリンを補給して夏バテを防ぐためと言われる。秋口にメスの体内にある卵は象牙色の袋に包まれており、タコの袋児(ふくろご)と呼ばれ、煮付けて食べる。また、産卵後の卵はその形状から海藤花(かいとうげ)と呼ばれ、塩漬けにする。なお、イカの吸盤が環状に並んだ微細で鋭利な歯を持つのに対してタコの吸盤にはそれが無く、大きく肉付きも良いため、それ自体の食感が喜ばれる。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たウツボ

    タコの天敵として最もよく知られているのはウツボであるが、サメやタイの仲間もタコを好む。しかしこの捕食-被食関係も一方的なものではなく、稀にではあるが大型のタコが小型のサメを捕食することがある。また水族館では、ミズダコが同じ水槽で飼われていたアブラツノザメを攻撃し、死亡させた例もある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た釣り針

    空の蛸壺が浜辺に積まれている光景は、一部の地域では漁村景観の一つともなっている。また、イイダコは白色を好む傾向が強く、ラッキョウ等の白色の物体に釣り針をつけ、それに抱きつくイイダコを釣る変形のルアー釣りも有名である。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たスイス

    一方、アルプス以北のヨーロッパ諸国では、漁業が盛んな局所をのぞいて、伝統的には殆ど全く食用にはされてこなかった。例えばドイツやスイスでは、伝統料理にタコを見ることはまずない。また、イギリスでは「悪魔の魚 devilfish」などと呼ばれ、避けられていたことは良く知られている。しかしこれらの地域でも、現代では南欧料理やアジアの料理(日本の寿司など)が入ってきており、タコを食べる機会は増えてきている。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たスキンヘッド

    蛸入道(たこにゅうどう) :[仏教関連用語、ほか] 仏教における入道者に対して、強いからかいの意を持って用いられる蔑称。頭髪を剃り上げた坊主頭がタコの胴と似ていることから呼ばれる。転じて、ファッションとしてのスキンヘッドや、薄毛の人に対しても言う。これらは事実上、男性に対してのみ用いられる。また、動物のタコを愛称的含みを持ってそのように呼ぶこともある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たクラーケン

    クラーケン :北欧の伝説に登場する海の怪物。中世から近代にかけて語られた怪物であり、古代の北欧神話には登場しない。タコ フレッシュアイペディアより)

205件中 111 - 120件表示

「タコ」のニューストピックワード