205件中 11 - 20件表示
  • タコ

    タコから見た配当

    蛸配当 :[株式用語] 自らの足を食うタコになぞらえて、経営状況の悪化を取り繕いごまかすことを目的とした「株主への自殺的な配当行為」を言う。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た大相撲

    大相撲の隠語で、思い上がって天狗になり周囲の言うことを聞かなくなること。若いうちに関取になったり三役・横綱に昇進した場合に、兄弟子や親方のいうことを聞かなくなったりする力士のことを指す。「タコ釣る」ともいう。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た頭髪

    蛸入道(たこにゅうどう) :[仏教関連用語、ほか] 仏教における入道者に対して、強いからかいの意を持って用いられる蔑称。頭髪を剃り上げた坊主頭がタコの胴と似ていることから呼ばれる。転じて、ファッションとしてのスキンヘッドや、薄毛の人に対しても言う。これらは事実上、男性に対してのみ用いられる。また、動物のタコを愛称的含みを持ってそのように呼ぶこともある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た京都市

    蛸薬師(たこやくし) :永福寺。京都市中京区に所在。僧が病の母を思って、母の好物のタコを戒律を破ってまで買ってきたところ、そのタコが池に飛び込んで光明を放ち、病がたちまち快癒したとの伝承があり、この異名で知られる。蛸薬師通の由来にもなった。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た安打

    タコ :[野球用語] ヒットが打てないことを指す言葉として使われる。例えば、4打数ノーヒットの場合は「4タコ」と言う。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た妖怪

    衣蛸(ころもだこ) :京都府に伝わる蛸の妖怪。大蛸に変化して舟を海中に引きずり込むとして怖れられる。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た力士

    大相撲の隠語で、思い上がって天狗になり周囲の言うことを聞かなくなること。若いうちに関取になったり三役・横綱に昇進した場合に、兄弟子や親方のいうことを聞かなくなったりする力士のことを指す。「タコ釣る」ともいう。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たおでん

    加熱調理されることが多く、多くの種は茹でると鮮紅色を呈する。料理では刺身、寿司、煮だこ、酢だこ、酢味噌あえ、おでんの具材などに用いられる。たこ焼きやその原形とされる明石焼きの具材としても親しまれている。また、瀬戸内海周辺地域などでは蛸飯に供される。なお、下処理として表面のぬめりを取るために塩もみされることも多い。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た

    見た目で頭部と思える丸く大きな部位は実際には胴部であり、本当の頭は触腕の基部に位置してや口器が集まっている部分である。すなわち、頭から足(触腕)が生えているのであり、同じ構造を持つイカの仲間とともに「頭足類」の名で呼ばれる所以がここにある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た麻雀

    タコ麻雀 :漫画『ぎゅわんぶらあ自己中心派』で挙げられていた奇怪な打ち筋、言動など。タコ フレッシュアイペディアより)

205件中 11 - 20件表示

「タコ」のニューストピックワード