205件中 31 - 40件表示
  • タコ

    タコから見た明石淡路フェリー

    たこフェリー:明石淡路フェリーの通称。明石の名物に因む(写真)。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たイカ

    見た目で頭部と思える丸く大きな部位は実際には胴部であり、本当の頭は触腕の基部に位置して眼や口器が集まっている部分である。すなわち、頭から足(触腕)が生えているのであり、同じ構造を持つイカの仲間とともに「頭足類」の名で呼ばれる所以がここにある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たマダコ

    寿命は短く、多くの種は1年程度であるが、日本で一般的なマダコは2〜3年ほどの寿命を持つ。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た蛸壺

    日本人とタコの関係は古く、池上・曽根遺跡などの大阪府下の弥生時代の遺跡からは、蛸壺形の土器が複数出土している。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た怪物

    ヤザイモン蛸(やざいもんだこ) :香川県に伝わる大蛸の。八左兵門という男が昼寝している大蛸の足を1日1本ずつ足を切って持って帰っていた。あと1本というときに、大蛸が八左兵門を海に引き込んだという。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た二枚貝

    また、1998年には、インドネシア近海に棲息するメジロダコ(en。右列に関連する画像あり)が、人間が割って捨てたココナッツの殻を組み合わせて防御に使っていることが確認され、2009年12月、「無脊椎動物の中で道具を使っていることが判明した初めての例」として、イギリスの科学雑誌『カレント・バイオロジー (Current Biology) 』に掲載された(これに先行すること数ヶ月、テレビ番組では特集が組まれ、二枚貝の貝殻や持ち運び可能な人工物を利用して身を守る様子が詳しく紹介された。動物の道具使用については別項「文化 (動物)」も参照のこと)。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た北アフリカ

    食生活に深く根付いており、世界のタコ消費量の約6割を日本が占める。2000年前後の時代には北アフリカのモロッコからの輸入が増加し、全体の6割を超えていたが、乱獲による生物量の減少を受けてたびたび禁漁が行われ(2003年9月からの8ヶ月間、等)、他産地からの輸入が増加している。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た頭足類

    タコ(蛸、鮹、章魚、鱆、学名:)は、頭足綱- 鞘形亜綱(en)- 八腕形上目のタコ目に分類される動物の総称。 海洋棲の軟体動物で、主に岩礁や砂地で活動する。淡水に棲息する種は知られていない。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たイイダコ

    マダコ科   :マダコ、ミズダコ、イイダコ、メジロダコ(en)、ヒョウモンダコ、ゼブラオクトパス(ミミックオクトパス、en)、等。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た日間賀島

    蛸阿弥陀如来:曹洞宗安楽寺(愛知県知多郡南知多町日間賀島)にある。cf. 日間賀島。タコ フレッシュアイペディアより)

205件中 31 - 40件表示

「タコ」のニューストピックワード