230件中 41 - 50件表示
  • タコ

    タコから見た明石淡路フェリー

    たこフェリー:明石淡路フェリーの通称。明石の名物に因む(写真)。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たマダコ

    マダコでは自分の触腕を食べる行動が観察されている。この行動は何らかの病原体によって引き起こされると考えられており、触腕を食べ始めたタコは数日以内に死亡する。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たイカ

    見た目で頭部に見える丸く大きな部位は実際には胴部であり、本当の頭は触腕の基部に位置して眼や口器が集まっている部分である。すなわち、頭から足(触腕)が生えているのであり、同じ構造を持つイカの仲間とともに「頭足類」の名で呼ばれる理由がここにある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た蛸壺

    タコ類は多様な種が知られているが、日本では一般的に「タコ」と言えば、食用などで馴染み深いマダコを指す場合が多い。日本人とタコの関係は古く、池上・曽根遺跡などの大阪府下の弥生時代の遺跡からは、蛸壺形の土器が複数出土している。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た二枚貝

    比較的高い知能を持っており、一説には最も賢い無脊椎動物であるとされている。形を認識することや、問題を学習し解決することができる。例として、密閉されたねじぶた式のガラスびんに入った餌を視覚で認識し、ビンの蓋をねじって餌を取ることができる。また白い物体に強い興味を示す。身を守るためには、保護色に変色し、地形に合わせて体形を変える、その色や形を2年ほど記憶できることが知られている。また、1998年には、インドネシア近海に棲息するメジロダコ(en。右列に関連する画像あり)が、人間が割って捨てたココナッツの殻を組み合わせて防御に使っていることが確認され、2009年12月、「無脊椎動物の中で道具を使っていることが判明した初めての例」として、イギリスの科学雑誌『カレント・バイオロジー (Current Biology) 』に掲載された(これに先行すること数ヶ月、テレビ番組では特集が組まれ、二枚貝の貝殻や持ち運び可能な人工物を利用して身を守る様子が詳しく紹介された。動物の道具使用については別項「文化 (動物)」も参照のこと)。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た北アフリカ

    タコは日本の食生活に深く根付いている。2000年前後の時代には北アフリカのモロッコからの輸入が増加し、全体の6割を超えていたが、乱獲による生物量の減少を受けてたびたび禁漁が行われ(2003年9月からの8ヶ月間、等)、他産地からの輸入が増加している。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た頭足類

    タコ(蛸、鮹、章魚、鱆、学名:)は、頭足綱 - 鞘形亜綱(en)- 八腕形上目のタコ目に分類される動物の総称。 海洋棲の軟体動物で、主に岩礁や砂地で活動する。淡水に棲息する種は知られていない。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たフランス

    南欧・地中海沿岸地域(スペイン、イタリア、ポルトガル、ギリシア、プロヴァンス地方などフランス南部の一部)ではタコを伝統的な食品としている。ギリシア等の正教徒の多い地域の場合、東方正教会では斎の間は肉を、大斎の際には魚をも食べるのを禁じてきたが、タコやイカ、貝類などは問題が無いとされてきたため、これらを使った伝統料理が多い。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た

    蛸、たこ、タコ - 【土木用語・農業用語】 重さをもって地面等の基盤を突き固める道具(棍棒・などといった突き棒)、すなわち、撞槌(とうつい)などの俗称的呼称。蛸木(たこぎ。たこ木、タコ木)の略称。名の由来は、大型で専用の撞槌には数本の持ち手が付いていて、形状全体が複数の足を持つタコの姿に似ていることにある。英語で 及び (その一語義)と同義であり、よって、「ランマー」「ラマー」「ラム」「プンナー」とも呼ぶ。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たイイダコ

    マダコ科 - マダコ、ミズダコ、イイダコ、)、ヒョウモンダコ、ゼブラオクトパス、等。タコ フレッシュアイペディアより)

230件中 41 - 50件表示

「タコ」のニューストピックワード