205件中 41 - 50件表示
  • タコ

    タコから見たミズダコ

    タコの天敵として最もよく知られているのはウツボであるが、サメやタイの仲間もタコを好む。しかしこの捕食-被食関係も一方的なものではなく、稀にではあるが大型のタコが小型のサメを捕食することがある。また水族館では、ミズダコが同じ水槽で飼われていたアブラツノザメを攻撃し、死亡させた例もある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た男はつらいよ

    タコ社長:日本映画『男はつらいよ』に登場する太宰久雄が演じた零細企業の社長(cf. 男はつらいよの主要人物)の愛称。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たモロッコ

    食生活に深く根付いており、世界のタコ消費量の約6割を日本が占める。2000年前後の時代には北アフリカのモロッコからの輸入が増加し、全体の6割を超えていたが、乱獲による生物量の減少を受けてたびたび禁漁が行われ(2003年9月からの8ヶ月間、等)、他産地からの輸入が増加している。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た野球

    タコ :[野球用語] ヒットが打てないことを指す言葉として使われる。例えば、4打数ノーヒットの場合は「4タコ」と言う。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たタンパク質

    タコは手近で美味なタンパク質の供給源として、世界各地の沿岸地方で食用されている。ユダヤ教では食の規定カシュルートによって、タコは食べてはいけないとされる「鱗の無い魚」に該当する。イスラム教やキリスト教の一部の教派でも類似の規定によって、タコを食べることが禁忌に触れると考えられている。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た標本 (分類学)

    外敵に襲われたとき、捕らえられた触腕を切り離して逃げることができ、その後、触腕は再生するが、時おり2本に分かれて生えることもあり、8本以上の触腕を持つタコも存在する。極端なものでは日本で96本足のあるタコが捕獲されたことがあり、志摩マリンランドに標本として展示してある。また、ストレスによって自分の触腕を食べることがあるが、このとき食べた触腕は再生しない。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た貝殻

    また、1998年には、インドネシア近海に棲息するメジロダコ(en。右列に関連する画像あり)が、人間が割って捨てたココナッツの殻を組み合わせて防御に使っていることが確認され、2009年12月、「無脊椎動物の中で道具を使っていることが判明した初めての例」として、イギリスの科学雑誌『カレント・バイオロジー (Current Biology) 』に掲載された(これに先行すること数ヶ月、テレビ番組では特集が組まれ、二枚貝の貝殻や持ち運び可能な人工物を利用して身を守る様子が詳しく紹介された。動物の道具使用については別項「文化 (動物)」も参照のこと)。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たダイビング器材

    人間もタコの天敵であるが、人間を見たことがない大型のタコは、潜水中の人を威嚇したり、ダイバーのレギュレーター(en)に触腕をからませ、結果としてダイバーの呼吸を阻害することもある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たラテン語

    英名は、直接的にはラテン語「Octopus;オクトープス」の借用である。これは古典ギリシア語で「8本足」(oktōpous)を意味している。日本語では、標準和名の他にたこ、蛸、鮹、章魚、鱆とも記す。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た鉢巻

    日本ではその形態、生態がきわめて特徴的でユーモラスでもあり、また、茹でると真っ赤になるなどといった性質から、漫画・映画・テレビ番組などでキャラクター化されることが多い(しばしば、胴体に鉢巻を巻いた姿で描かれる)。単純に馬鹿にする言葉としても「タコ」という呼称が使われ、転じて、馬鹿や初心者を指して「タコ」という表現もあちこちで見られる。同じ墨を吐く動物として、イカと対比されることが多い。タコ フレッシュアイペディアより)

205件中 41 - 50件表示

「タコ」のニューストピックワード