205件中 61 - 70件表示
  • タコ

    タコから見たたこめし

    加熱調理されることが多く、多くの種は茹でると鮮紅色を呈する。料理では刺身、寿司、煮だこ、酢だこ、酢味噌あえ、おでんの具材などに用いられる。たこ焼きやその原形とされる明石焼きの具材としても親しまれている。また、瀬戸内海周辺地域などでは蛸飯に供される。なお、下処理として表面のぬめりを取るために塩もみされることも多い。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た玉子焼 (明石市)

    加熱調理されることが多く、多くの種は茹でると鮮紅色を呈する。料理では刺身、寿司、煮だこ、酢だこ、酢味噌あえ、おでんの具材などに用いられる。たこ焼きやその原形とされる明石焼きの具材としても親しまれている。また、瀬戸内海周辺地域などでは蛸飯に供される。なお、下処理として表面のぬめりを取るために塩もみされることも多い。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た北ヨーロッパ

    クラーケン :北欧の伝説に登場する海の怪物。中世から近代にかけて語られた怪物であり、古代の北欧神話には登場しない。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たユダヤ教

    タコは手近で美味なタンパク質の供給源として、世界各地の沿岸地方で食用されている。ユダヤ教では食の規定カシュルートによって、タコは食べてはいけないとされる「鱗の無い魚」に該当する。イスラム教やキリスト教の一部の教派でも類似の規定によって、タコを食べることが禁忌に触れると考えられている。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た蛸薬師

    蛸薬師(たこやくし) :永福寺。京都市中京区に所在。僧が病の母を思って、母の好物のタコを戒律を破ってまで買ってきたところ、そのタコが池に飛び込んで光明を放ち、病がたちまち快癒したとの伝承があり、この異名で知られる。蛸薬師通の由来にもなった。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た隠語

    大相撲の隠語で、思い上がって天狗になり周囲の言うことを聞かなくなること。若いうちに関取になったり三役・横綱に昇進した場合に、兄弟子や親方のいうことを聞かなくなったりする力士のことを指す。「タコ釣る」ともいう。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たぎゅわんぶらあ自己中心派

    タコ麻雀 :漫画『ぎゅわんぶらあ自己中心派』で挙げられていた奇怪な打ち筋、言動など。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た創造神話

    カナロア :ハワイの創造神話に登場する海神。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た俗語

    日本の俗語で、袋叩きにすること、または原型をとどめないほどにボコボコに数多く殴ることを指す。「タコにする」ともいう。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た海藤花

    低カロリーで、タンパク質、特にタウリンが豊富である。また、亜鉛も多く含む。夏場のものが特に美味とされる。関西地方には、半夏にタコを食べる習慣があるが、これはタウリンを補給して夏バテを防ぐためと言われる。秋口にメスの体内にある卵は象牙色の袋に包まれており、タコの袋児(ふくろご)と呼ばれ、煮付けて食べる。また、産卵後の卵はその形状から海藤花(かいとうげ)と呼ばれ、塩漬けにする。なお、イカの吸盤が環状に並んだ微細で鋭利な歯を持つのに対してタコの吸盤にはそれが無く、大きく肉付きも良いため、それ自体の食感が喜ばれる。タコ フレッシュアイペディアより)

205件中 61 - 70件表示

「タコ」のニューストピックワード