205件中 81 - 90件表示
  • タコ

    タコから見た初心者

    日本ではその形態、生態がきわめて特徴的でユーモラスでもあり、また、茹でると真っ赤になるなどといった性質から、漫画・映画・テレビ番組などでキャラクター化されることが多い(しばしば、胴体に鉢巻を巻いた姿で描かれる)。単純に馬鹿にする言葉としても「タコ」という呼称が使われ、転じて、馬鹿や初心者を指して「タコ」という表現もあちこちで見られる。同じ墨を吐く動物として、イカと対比されることが多い。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たイタリア

    スペイン、イタリア、フランス、ギリシアといった地中海沿岸諸国やポルトガルではタコを伝統的な食品としている。ギリシア等の正教徒の多い地域の場合、東方正教会では斎の間は肉を、大斎の際には魚をも食べるのを禁じてきたが、タコやイカ、貝類などは問題が無いとされてきたため、これらを使った伝統料理が多い。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た塩漬け

    低カロリーで、タンパク質、特にタウリンが豊富である。また、亜鉛も多く含む。夏場のものが特に美味とされる。関西地方には、半夏にタコを食べる習慣があるが、これはタウリンを補給して夏バテを防ぐためと言われる。秋口にメスの体内にある卵は象牙色の袋に包まれており、タコの袋児(ふくろご)と呼ばれ、煮付けて食べる。また、産卵後の卵はその形状から海藤花(かいとうげ)と呼ばれ、塩漬けにする。なお、イカの吸盤が環状に並んだ微細で鋭利な歯を持つのに対してタコの吸盤にはそれが無く、大きく肉付きも良いため、それ自体の食感が喜ばれる。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た

    タコの天敵として最もよく知られているのはウツボであるが、サメやタイの仲間もタコを好む。しかしこの捕食-被食関係も一方的なものではなく、稀にではあるが大型のタコが小型のサメを捕食することがある。また水族館では、ミズダコが同じ水槽で飼われていたアブラツノザメを攻撃し、死亡させた例もある。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た大韓民国

    韓国では日常的な食材である。特に、テナガダコ(Octopus minor)を生きたままぶつ切りにし、塩と胡麻油および胡麻と和えて踊り食いにするサンナクチ(韓国語:???[語義:活きたテナガダコ]、英語表記:sannakji)は有名である。台湾や中国で消費されるタコは、大部分が現地の日本料理店や韓国料理店の食材であり、中華料理の伝統食に蛸料理は無い。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た乱獲

    食生活に深く根付いており、世界のタコ消費量の約6割を日本が占める。2000年前後の時代には北アフリカのモロッコからの輸入が増加し、全体の6割を超えていたが、乱獲による生物量の減少を受けてたびたび禁漁が行われ(2003年9月からの8ヶ月間、等)、他産地からの輸入が増加している。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た明石市

    たこフェリー:明石淡路フェリーの通称。明石の名物に因む(写真)。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た

    :人気のある人物や物が多くの人に求められる状態を言う日本語。また、近世以前は、磔刑およびその受刑者を意味する比喩表現であった。「引っ張り蛸」とも「引っ張り凧」とも記すが、語源は、タコの乾物を作る際に足を四方八方に広げて干す、その形に由来しており、したがって、前者が本来の用法と言える。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見た関取

    大相撲の隠語で、思い上がって天狗になり周囲の言うことを聞かなくなること。若いうちに関取になったり三役・横綱に昇進した場合に、兄弟子や親方のいうことを聞かなくなったりする力士のことを指す。「タコ釣る」ともいう。タコ フレッシュアイペディアより)

  • タコ

    タコから見たたこ焼き

    加熱調理されることが多く、多くの種は茹でると鮮紅色を呈する。料理では刺身、寿司、煮だこ、酢だこ、酢味噌あえ、おでんの具材などに用いられる。たこ焼きやその原形とされる明石焼きの具材としても親しまれている。また、瀬戸内海周辺地域などでは蛸飯に供される。なお、下処理として表面のぬめりを取るために塩もみされることも多い。タコ フレッシュアイペディアより)

205件中 81 - 90件表示

「タコ」のニューストピックワード