35件中 21 - 30件表示
  • タダノ

    タダノから見た墨田区

    東京事務所 - 東京都墨田区亀沢2丁目4番12号タダノ フレッシュアイペディアより)

  • タダノ

    タダノから見た石工

    2007年には奈良県の高松塚古墳の石室解体作業にも技術協力を行った。当時の新聞によると「モアイの時にお世話になった人に頼まれたから」1だという。お世話になった人とは石工職人左野勝司である。また2008年にはカンボジアのアンコール遺跡群修復のために製品を寄贈した。タダノ フレッシュアイペディアより)

  • タダノ

    タダノから見た若林区

    東日本支社 - 宮城県仙台市若林区卸町東4丁目2番21号タダノ フレッシュアイペディアより)

  • タダノ

    タダノから見たさぬき市

    志度工場 - 香川県さぬき市志度5405番地3タダノ フレッシュアイペディアより)

  • タダノ

    タダノから見た多度津町

    多度津工場 - 香川県仲多度郡多度津町西港町10番地1タダノ フレッシュアイペディアより)

  • タダノ

    タダノから見たモアイ

    モアイ修復プロジェクトは、『日立 世界・ふしぎ発見!』で1988年に流された「クレーンがあれば倒れたモアイ像を起こせるのに」というコメントを社員の高木啓行が見たのがきっかけでスタートした。プロジェクト当初はチリ側(イースター島はチリ領)の住民などから外国人が入ることに反対や考古学者からの学術的な観点からの反対があった。しかしタダノの熱心で親身な活動に次第にプロジェクト支援の輪が広がっていった。またプロジェクト総費用1億8千万円はタダノが全額負担し、かつモアイの修復費用も負担した。その姿勢にチリ政府も全面協力を承諾しプロジェクトが開始した。1991年から93年にかけて、クレーンをイースター島に寄贈し、発掘調査・修復作業などに協力した。イースター島のモアイ像(立像)でよく紹介される15体の写真1はこのプロジェクトで立像されたものであり、現在は観光名所となっている。タダノ フレッシュアイペディアより)

  • タダノ

    タダノから見た堺区

    西日本支社 - 大阪府堺市堺区三宝町7丁352番地2タダノ フレッシュアイペディアより)

  • タダノ

    タダノから見た若葉区

    千葉工場 - 千葉県千葉市若葉区上泉町424番地13ちばリサーチパーク内タダノ フレッシュアイペディアより)

  • タダノ

    タダノから見た奈良県

    2007年には奈良県の高松塚古墳の石室解体作業にも技術協力を行った。当時の新聞によると「モアイの時にお世話になった人に頼まれたから」1だという。お世話になった人とは石工職人左野勝司である。また2008年にはカンボジアのアンコール遺跡群修復のために製品を寄贈した。タダノ フレッシュアイペディアより)

  • タダノ

    タダノから見た大阪府

    西日本支社 - 大阪府堺市堺区三宝町7丁352番地2タダノ フレッシュアイペディアより)

35件中 21 - 30件表示

「タダノ」のニューストピックワード