前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示
  • レンズマウント

    レンズマウントから見たタムロンタムロン

    口径42mm、ピッチ0.75mm、フランジバック55mm。1957年、泰成光学工業(タムロン)が最初に開発した一眼レフカメラ用交換マウント。現在では、天体望遠鏡・顕微鏡・安価な超望遠レンズの汎用マウントとして使われている。また一眼レフカメラに使用するためのアダプターが、タムロン以外の他社から数多くの種類が現行品として用意されている。レンズマウント フレッシュアイペディアより)

  • ゼンザブロニカ

    ゼンザブロニカから見たタムロンタムロン

    1998年(平成10年)7月 - タムロンに吸収合併され法人は消滅するもETR・SQ・GS-1シリーズの製造販売は継続され、「ブロニカ」の商品名が存続した。ゼンザブロニカ フレッシュアイペディアより)

  • マイクロフォーサーズシステム

    マイクロフォーサーズシステムから見たタムロンタムロン

    規格発表当初の賛同企業は策定者であるオリンパスとパナソニック、パナソニックにライセンス供与を行っているライカの3社のみだったが、2010年8月にコシナが、2011年2月にカール・ツァイス、駒村商会、シュナイダー・クロイツナッハが、2012年1月にはタムロン、ケンコー・トキナー、アストロデザインが、2013年1月にはブラックマジックデザイン、JK Imaging、フォトロン、SVS-VISTEK、ビュープラスが、2014年4月にはJVCケンウッドがそれぞれ規格への賛同を発表した。マイクロフォーサーズシステム フレッシュアイペディアより)

  • 蓮沼 (さいたま市)

    蓮沼 (さいたま市)から見たタムロンタムロン

    大50 : 大宮駅東口 - 堀の内 - 導守 - タムロン前 - 半縄橋(大宮東警察署前) - 加倉 - 岩槻駅(大宮駅東口→岩槻駅に深夜バスも運行・平日のみ1本)蓮沼 (さいたま市) フレッシュアイペディアより)

  • TAMRON

    TAMRONから見たタムロンタムロン

    TAMRON フレッシュアイペディアより)

  • フォトビックス

    フォトビックスから見たタムロンタムロン

    フォトビックス(Fotovix )はかつてタムロンが製造販売していた、フィルムを1/2inCCDで撮影しRCA端子やS端子で画像を出力する装置。フォトビックス フレッシュアイペディアより)

  • ソリゴール

    ソリゴールから見たタムロンタムロン

    レンズマウント交換式であったソリゴールレンズには一眼レフカメラ用の超広角レンズ17mmF4から望遠レンズ800mmF8までがラインナップされ、そのほとんどに各種一眼レフカメラ用交換マウントが用意されていた。このレンズマウント交換式はタムロン、コムラーなどが有名だが、ソリゴールも日本のレンズマウント交換式の先駆であり、特にT2マウント成立以前に同様の交換式システムがあったことは注目に値する。ソリゴール フレッシュアイペディアより)

  • 可変焦点レンズ

    可変焦点レンズから見たタムロンタムロン

    現代ではオートフォーカス機構が進化したことから、監視カメラのレンズとして利用される例もあり、タムロン、トキナー、三菱電機など多くのメーカーが製造、販売を行っている。可変焦点レンズ フレッシュアイペディアより)

  • カメラグランプリ

    カメラグランプリから見たタムロンタムロン

    2011年の第28回よりロゴマークが一新されるとともに、新たに「レンズ賞」が制定された。第1回の受賞機種はタムロンの「18-270mm F3.5-6.3 Di II VC PZD」である。カメラグランプリ フレッシュアイペディアより)

  • レンズメーカー

    レンズメーカーから見たタムロンタムロン

    タムロン - 自社ブランドで一眼レフ用交換レンズを生産するほか、ソニーなどへのOEM供給もおこなう。レンズメーカー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3
30件中 1 - 10件表示

「タムロン」のニューストピックワード