前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示
  • 釧路市

    釧路市から見たタンチョウタンチョウ

    1935年(昭和10年) - タンチョウが国の天然記念物に指定される。春採台地竪穴群・モシリヤチャシ跡・鶴ヶ岱チャランケチャシ跡が国の史蹟となる。釧路市 フレッシュアイペディアより)

  • 鶴居村

    鶴居村から見たタンチョウタンチョウ

    村名の由来は、特別天然記念物タンチョウの生息・繁殖地であることから。鶴居村 フレッシュアイペディアより)

  • 根室フットパス

    根室フットパスから見た丹頂鶴タンチョウ

    村島牧場、小笠原牧場の農産加工体験施設などを通るフットパス。総延長約13.5km。丹頂鶴が観察できるスポットや、知床・国後が見渡せるエリアがある。初田牛の語源はアイヌ語でハッ・タ・ウシ(Hat-ta-ushi)「葡萄を採る所(の意)」と、ハッタル・ウシ・イ(Hattar-us-i)「水が深くよどんでいる所(の意)」の2説がある。根室フットパス フレッシュアイペディアより)

  • 日本航空の歴史

    日本航空の歴史から見たタンチョウタンチョウ

    鶴丸とは、日本航空 (JAL) 所属の旅客機などに描かれている、宮桐四郎原案、ヒサシ・タニ図による日の丸と鶴(タンチョウ)をモチーフにロゴのJALをあしらって作成された、日本航空のシンボルマーク。日本航空の商標として1959年登録。旧社章。日本航空の歴史 フレッシュアイペディアより)

  • 霧多布湿原

    霧多布湿原から見たタンチョウタンチョウ

    西側の高台には琵琶瀬展望台、北側の丘の上には霧多布湿原センターがある。この霧多布湿原センターでは湿原についてわかりやすく解説されており、ここからは双眼鏡などでタンチョウを観察できる。霧多布湿原 フレッシュアイペディアより)

  • ツル目

    ツル目から見たタンチョウタンチョウ

    雛は生まれた時から綿羽で覆われている早成性である。タンチョウが見せる「ツルの舞い」の様に、多くのツル目の種では求愛ダンスが発達している。ツル目 フレッシュアイペディアより)

  • 恩賜上野動物園

    恩賜上野動物園から見たタンチョウタンチョウ

    主な動物 - タンチョウ、シジュウカラガン、ニホンカモシカ恩賜上野動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 伊藤若冲

    伊藤若冲から見たタンチョウタンチョウ

    竹梅双鶴図 [ちくばい そうかくず] :梅と竹に丹頂の番(つがい)。エツコ&ジョー・プライス・コレクション蔵。伊藤若冲 フレッシュアイペディアより)

  • 風蓮湖

    風蓮湖から見たタンチョウタンチョウ

    周囲には湿地帯が広がっているために、食糧を得られること、陸上を徘徊する捕食者にも襲われにくいこと、隠れ場所となる植生が存在することなどから、タンチョウの営巣地や水鳥の飛来地になっている。風蓮湖 フレッシュアイペディアより)

  • ヒンガンスキー自然保護区

    ヒンガンスキー自然保護区から見たタンチョウタンチョウ

    高等植物964種、哺乳類47種、鳥類290種。現在唯一のロシア極東で広く知られているタヌキの最適な生息地である。ロシアのレッドデータブック記載の希少鳥類であるナベヅルとタンチョウが生息する。ヒンガンスキー自然保護区 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
97件中 1 - 10件表示

「タンチョウ」のニューストピックワード