127件中 11 - 20件表示
  • JR北海道キハ283系気動車

    JR北海道キハ283系気動車から見たタンチョウタンチョウ

    座席はフリーストップ式のリクライニングシートで、片持支持方式となったため足元が広くなった。座席モケットの色調は、標準では釧路方面を象徴する「タンチョウ」柄入りのグレー地、背ずりのつかみ手は赤である。「スーパー北斗」用に投入された1998年製(2次量産車)の普通車は、座席モケットの色がキハ281系同様の紫に、背ずりのつかみ手がグレーに変更された。JR北海道キハ283系気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 釧路市

    釧路市から見たタンチョウタンチョウ

    1935年(昭和10年) - タンチョウが国の天然記念物に指定される。春採台地竪穴群・モシリヤチャシ跡・鶴ヶ岱チャランケチャシ跡が国の史蹟となる。釧路市 フレッシュアイペディアより)

  • ツル目 (Sibley)

    ツル目 (Sibley)から見たタンチョウタンチョウ

    ツル類の鳥たち (写真家・タンチョウ研究者の林田恒夫氏のサイト)ツル目 (Sibley) フレッシュアイペディアより)

  • カナダヅル

    カナダヅルから見たタンチョウタンチョウ

    日本では、稀な冬鳥としてほぼ毎年1-2羽が記録されている。記録は北海道から九州まで各地であるが、多くはタンチョウやナベヅルの群れに混じっているところを記録されたものである。カナダヅル フレッシュアイペディアより)

  • ツル属

    ツル属から見たタンチョウタンチョウ

    Grus japonesis タンチョウ Red-crowned craneツル属 フレッシュアイペディアより)

  • 丹頂鶴 (小惑星)

    丹頂鶴 (小惑星)から見たタンチョウタンチョウ

    日本の北海道釧路市で、1990年(平成2年)3月16日にアマチュア天文家の松山正則と渡辺和郎によって発見された。釧路湿原に棲息する鳥のタンチョウの別名の一つである「タンチョウヅル(丹頂鶴)」にちなんで命名された。丹頂鶴 (小惑星) フレッシュアイペディアより)

  • 吹上奉行

    吹上奉行から見たタンチョウタンチョウ

    吹上御庭の鳥籠で飼われていた丹頂鶴・孔雀・家鴨・鳩などを飼育・管理する役職。若年寄支配で、御目見以下の抱席、持高勤で、世話役は3人扶持に救金5両が支給された。定員6名で、世話役はその中から選ばれた。吹上奉行 フレッシュアイペディアより)

  • アレキナイ川

    アレキナイ川から見たタンチョウタンチョウ

    北海道川上郡標茶町南端に源を発し、阿歴内地区を北に流れる。塘路湖に注ぎ、標茶町字オソツベツ原野で釧路川に合流する。釧路川が大雨等で増水し、塘路湖の湖面より水位が上る場合に逆流することもある。標茶町字塘路原野付近より下流は釧路湿原国立公園に指定されておりタンチョウも生息する。アレキナイ川 フレッシュアイペディアより)

  • 永山新川

    永山新川から見たタンチョウタンチョウ

    旭川市には国の天然記念物であるタンチョウ・オオワシも飛来するが、永山新川では確認されていない。永山新川 フレッシュアイペディアより)

  • スマリシリーズ

    スマリシリーズから見たタンチョウタンチョウ

    スマリたちのナワバリの近くに棲むタンチョウ。「自分たちは選ばれた存在だから人間にエサをもらえる、病気持ちのキタキツネは嫌われ者」と言ってはよく三つ子とケンカになるが、スマリがアトイを探していたときには協力する、レラが亡くなって落ち込むスマリに気を使うなど、根は悪人ではない。スマリシリーズ フレッシュアイペディアより)

127件中 11 - 20件表示