97件中 11 - 20件表示
  • ツル目 (Sibley)

    ツル目 (Sibley)から見たタンチョウタンチョウ

    ツル類の鳥たち (写真家・タンチョウ研究者の林田恒夫氏のサイト)ツル目 (Sibley) フレッシュアイペディアより)

  • セイブンギョ

    セイブンギョから見たタンチョウタンチョウ

    同様、従来の日本のキンギョには見られなかった、青っぽいの体色を持つ品種であり、日本へはタンチョウ(キンギョ)、チャキン、スイホウガン、チョウテンガンらと共に1958年(昭和33年)に輸入される。渋味がある体色がマニア以外には理解されず、金魚掬い以外では見掛けなかった。現在では国内でも育成が増えており、店頭でも見掛ける回数が増えた。セイブンギョ フレッシュアイペディアより)

  • チャキン

    チャキンから見たタンチョウタンチョウ

    同様、従来の日本のキンギョには見られなかった、茶褐色の体色を持つ品種であり、日本へはタンチョウ(キンギョ)、セイブンギョ、スイホウガン、チョウテンガンらと共に1958年(昭和33年)に輸入される。渋味がある体色がマニア以外には理解されず、金魚掬い以外では見掛けなかった。現在では国内でも育成が増えており、店頭でも見掛ける回数が増えた。チャキン フレッシュアイペディアより)

  • 湧洞沼

    湧洞沼から見たタンチョウタンチョウ

    渡り鳥をはじめ水鳥が多く飛来する。周囲にはタンチョウが姿を見せることもある。湧洞沼 フレッシュアイペディアより)

  • 塘路湖

    塘路湖から見たタンチョウタンチョウ

    鳥類:オジロワシ、アオサギ、トビ、タンチョウなど。塘路湖 フレッシュアイペディアより)

  • スマリシリーズ

    スマリシリーズから見たタンチョウタンチョウ

    スマリたちのナワバリの近くに棲むタンチョウ。「自分たちは選ばれた存在だから人間にエサをもらえる、病気持ちのキタキツネは嫌われ者」と言ってはよく三つ子とケンカになるが、スマリがアトイを探していたときには協力する、レラが亡くなって落ち込むスマリに気を使うなど、根は悪人ではない。スマリシリーズ フレッシュアイペディアより)

  • 吉祥文様

    吉祥文様から見たタンチョウタンチョウ

    丹頂鶴と蓑亀(日本):「鶴は千年、亀は万年」といわれ代表的な日本の吉祥文様。鶴は単独でもよく使われる。夫婦睦まじい老境の象徴。吉祥文様 フレッシュアイペディアより)

  • 吹上奉行

    吹上奉行から見たタンチョウタンチョウ

    吹上御庭の鳥籠で飼われていた丹頂鶴・孔雀・家鴨・鳩などを飼育・管理する役職。若年寄支配で、御目見以下の抱席、持高勤で、世話役は3人扶持に救金5両が支給された。定員6名で、世話役はその中から選ばれた。吹上奉行 フレッシュアイペディアより)

  • 自然保護区

    自然保護区から見たタンチョウタンチョウ

    最も大規模に活動しているのは日本野鳥の会である。同会では特定の希少な野鳥の生息地などで公的保護がかけられていない場所について、開発業者等に所有権が移ることを回避するために買い取り、または地権者と協定を結んで保全している。1987年に北海道根室市のタンチョウ生息地 7.6haを同会が買い取り保全したのが最初で、以降その数および面積を拡げ、2010年末現在で 32箇所、計 2870.8haの保護区がある。なお、買収する際の原資は寄付金等に依っている。自然保護区 フレッシュアイペディアより)

  • 塘路駅

    塘路駅から見たタンチョウタンチョウ

    塘路湖の近くに位置する。タンチョウやアオサギ・オジロワシなど貴重な生物が垣間見られることでも有名な駅。蒸気機関車牽引列車「SL冬の湿原号」、トロッコ列車「くしろ湿原ノロッコ号」が運行され、釧路川のカヌー下りの始発駅にも近い。塘路駅 フレッシュアイペディアより)

97件中 11 - 20件表示

「タンチョウ」のニューストピックワード