97件中 31 - 40件表示
  • 1985年夏季ユニバーシアード

    1985年夏季ユニバーシアードから見たタンチョウヅルタンチョウ

    ユニバーシアード1985神戸大会のマスコットは、手塚治虫によるもので、タンチョウヅルの「ユニタン」。1985年夏季ユニバーシアード フレッシュアイペディアより)

  • 正富宏之

    正富宏之から見たタンチョウタンチョウ

    1990年釧路湿原に隣接する高速道路計画路線にタンチョウの営巣地が分布することを指摘し、計画の再考の意見書を提出するなど、保護活動を実践。北海道の動物生態学者の権威でタンチョウ研究の第一人者。正富宏之 フレッシュアイペディアより)

  • 塩城自然保護区

    塩城自然保護区から見たタンチョウタンチョウ

    この自然保護区は1983年に設立され、1992年には国家級自然保護区となり、2002年1月にはラムサール条約登録地にもなった。特にタンチョウなどの越冬地として有名である。塩城自然保護区 フレッシュアイペディアより)

  • SL冬の湿原号

    SL冬の湿原号から見たタンチョウタンチョウ

    釧路湿原を縦断するため、タンチョウなどの野生動物に出会うことがあり、その際には列車を停止させることがある。観光列車であるため、車内アナウンスによるガイドや乗車記念品の車内販売も行われる。また、この時期、JR北海道は知床斜里駅 - 標茶駅間で臨時バス「ツインクルバス知床号」を運転し、SL冬の湿原号と同様、2月を中心に1月から3月までの期間、網走駅 - 知床斜里駅間を運行する観光列車「流氷ノロッコ号」からの乗り継ぎを実施している。SL冬の湿原号 フレッシュアイペディアより)

  • 国鉄キハ54形気動車

    国鉄キハ54形気動車から見たタンチョウタンチョウ

    旭川運転所所属車両の一部には、製造当初の座席のまま、モケットのみをキハ183系同様のタンチョウ柄に張り替えたものがある。国鉄キハ54形気動車 フレッシュアイペディアより)

  • 釧路市立博物館

    釧路市立博物館から見たタンチョウタンチョウ

    建物はタンチョウが翼を広げた姿をイメージして作られた。設計は毛綱毅曠によるもので、1984年(昭和59年)に第36回日本建築学会賞を受賞している。釧路市立博物館 フレッシュアイペディアより)

  • 生花苗沼

    生花苗沼から見たタンチョウタンチョウ

    渡り鳥をはじめ水鳥が多く飛来する。周囲にはタンチョウが姿を見せることもある。生花苗沼 フレッシュアイペディアより)

  • 津軽富士見湖

    津軽富士見湖から見た丹頂鶴タンチョウ

    湖畔には津軽富士見温泉があり、町で飼育する丹頂鶴も見る事が出来る。津軽富士見湖 フレッシュアイペディアより)

  • 永山新川

    永山新川から見たタンチョウタンチョウ

    旭川市には国の天然記念物であるタンチョウ・オオワシも飛来するが、永山新川では確認されていない。永山新川 フレッシュアイペディアより)

  • 鳥類の体の構造

    鳥類の体の構造から見たタンチョウタンチョウ

    ハトやガン、タンチョウなどでは、つがいの相手を生涯変えず、その間決まった営巣地で産卵、育雛を行う。鳥類の体の構造 フレッシュアイペディアより)

97件中 31 - 40件表示

「タンチョウ」のニューストピックワード