127件中 31 - 40件表示
  • スージー (チンパンジー)

    スージー (チンパンジー)から見たタンチョウタンチョウ

    上野動物園では、第2次世界大戦前に4頭のチンパンジーを導入した記録がある。最初の2頭はドイツからの輸入で、当時4歳のオスとメスがタンチョウ2つがいとの交換で1938年1月28日に来園した。オスは「ラインハルト」、メスは「バビーナ」という名で、自転車乗りなどの芸を披露して人気を博することになった。しかし、2頭は結核に罹患したために1939年6月と9月に相次いで死亡してしまった。次の2頭も1941年に同じくドイツから購入された。このときの内訳はオス2頭、メス1頭であったが、そのうちオスの1頭は熊本市動植物園に送られている。残った2頭は上野動物園の人気者となったがやはり短命で、オスが1943年5月2日に肺炎で死亡し、メスも1945年7月に死亡している。スージー (チンパンジー) フレッシュアイペディアより)

  • 釧路湿原国立公園

    釧路湿原国立公園から見たタンチョウタンチョウ

    北海道東部の釧路川に沿って展開している日本国内最大の湿原である釧路湿原を中心とする公園。タンチョウなどの水鳥はじめ、多くの野生動物の生息地となっている。釧路湿原として1967年(昭和42年)に国の天然記念物、1980年(昭和55年)に日本国内で最初のラムサール条約登録湿地となり、1987年(昭和62年)に日本国内で28番目の国立公園に指定された。釧路湿原国立公園 フレッシュアイペディアより)

  • 青山一二

    青山一二から見たタンチョウヅルタンチョウ

    釧路市教育長時代はタンチョウヅル保護の為の自然公園建設に尽力し、市内小中学校の増設や公民館設置に力を注いだ。また、教育長退職後も晩年まで環境保護活動を続けた。青山一二 フレッシュアイペディアより)

  • ミンク

    ミンクから見たタンチョウタンチョウ

    日本では、1928年ごろから毛皮をとる目的で、北海道に持ち込まれ養殖されているが、1960年代以降に逃げ出した個体が野生化して問題となっている。北海道以外にも宮城県、福島県、群馬県、長野県でも定着が確認されている。2007年長野県の千曲川流域の上田市や坂城町では野生化した個体が繁殖し、漁業被害を生じている。小型哺乳類やタンチョウのひなを捕食したり、在来種のイタチ類を駆逐するといった生態系への悪影響が懸念されている。ミンク フレッシュアイペディアより)

  • 槍昔

    槍昔から見たタンチョウタンチョウ

    風蓮湖に突き出した半島状の地形をしており、風蓮湖岸の漁業地域と内陸部の酪農地域から構成される。また、湖岸には株式会社明治や日本野鳥の会の管理する野鳥保護区があり、タンチョウが飛来・繁殖する。槍昔 フレッシュアイペディアより)

  • 1985年夏季ユニバーシアード

    1985年夏季ユニバーシアードから見たタンチョウヅルタンチョウ

    ユニバーシアード1985神戸大会のマスコットは、手塚治虫によるもので、タンチョウヅルの「ユニタン」。1985年夏季ユニバーシアード フレッシュアイペディアより)

  • 厚岸湖

    厚岸湖から見たタンチョウタンチョウ

    オオハクチョウの大規模な越冬地で、10月から4月にかけてその姿が見られる。ピークの12月頃には5,000羽程度が飛来し、2,000羽程度がここで越冬する。その他にもガン・カモ類の渡来地、タンチョウの生息地となっており、1993年、別寒辺牛湿原と霧多布湿原とともに、国指定厚岸・別寒辺牛・霧多布鳥獣保護区(集団飛来地)に指定された(総面積11,271ha、うち特別保護地区7,781ha)。同年に、別寒辺牛湿原とともにラムサール条約湿地として登録された。厚岸湖 フレッシュアイペディアより)

  • 温根沼

    温根沼から見たタンチョウタンチョウ

    澪筋と北部浅部を除く大部分にアマモやコアマモが分布し、藻場を形成している。干潟にはキタユムシやアナジャコ、キタイソメなどが多く生息しており、アサリやカキ、ホッカイシマエビなどの漁場または養殖場ともなっている。干潟の後背地にはハマニンニク、シバナ、ハマルリソウ、ウミミドリ、ハマオグルマ、ツルキンバイなどの植生が見られる。オオハクチョウやタンチョウの飛来地としても知られており、タンチョウやシマフクロウ、エゾライチョウなどについてここでの繁殖が確認されている。温根沼 フレッシュアイペディアより)

  • 濤沸湖

    濤沸湖から見たタンチョウタンチョウ

    多くの野鳥が飛来する湖で、ガン・カモ類は毎年6万羽以上が飛来する。その他オオヒシクイ、オオハクチョウ、ヒドリガモ、ミコアイサ、ウミアイサは東アジア地域個体群の1%以上を支えている。オジロワシ・オオワシといった猛禽類も多く越冬する。日本では珍しいシマアオジが繁殖している。近年ではタンチョウの繁殖が確認されている。濤沸湖 フレッシュアイペディアより)

  • 生花苗沼

    生花苗沼から見たタンチョウタンチョウ

    渡り鳥をはじめ水鳥が多く飛来する。周囲にはタンチョウが姿を見せることもある。生花苗沼 フレッシュアイペディアより)

127件中 31 - 40件表示

「タンチョウ」のニューストピックワード