127件中 41 - 50件表示
  • 用水路

    用水路から見たタンチョウタンチョウ

    ところが、明治以降の近代になると、この状況が急激に変化する。土木技術の進展に伴う水路のコンクリート護岸化や、堰による水路の分断、暗渠化による日光の遮断、田畑での農薬利用などにより、稲作と共生してきた生物はその生活環境が激変し、生命が脅かされることとなる。さらに近年の都市化による生活排水・工業排水の流入や田畑の宅地化が追い打ちをかけ、その結果、かつてありふれた存在であったメダカやタガメなどが日本人の生活から姿を消し、さらには食物連鎖でその上位にいたコウノトリやタンチョウなども姿を消しはじめ、それぞれ現在では絶滅が危惧されるまでになり、トキのように絶滅したものも少なくない。裏返せば、彼等はそれだけ日本人の稲作文化と共生していたのである。用水路 フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ (キンギョ)

    タンチョウ (キンギョ)から見たタンチョウタンチョウ

    白い体と赤い頭部が丹頂鶴を思わせるので、この名を持つ。英名は「レッドキャップ・オランダ(Red Cap Oranda)」、中国語では「ホントウユイ(紅頭魚)」。タンチョウ (キンギョ) フレッシュアイペディアより)

  • チャキン

    チャキンから見たタンチョウタンチョウ

    同様、従来の日本のキンギョには見られなかった、茶褐色の体色を持つ品種であり、日本へはタンチョウ(キンギョ)、セイブンギョ、スイホウガン、チョウテンガンらと共に1958年(昭和33年)に輸入される。渋味がある体色がマニア以外には理解されず、金魚掬い以外では見掛けなかった。現在では国内でも育成が増えており、店頭でも見掛ける回数が増えた。チャキン フレッシュアイペディアより)

  • 丹頂鶴自然公園 (鶴田町)

    丹頂鶴自然公園 (鶴田町)から見たタンチョウタンチョウ

    丹頂鶴自然公園(たんちょうづるしぜんこうえん)とは青森県鶴田町にあるタンチョウ専用の飼育施設である。日本の天然記念物であるタンチョウ(丹頂鶴、学名:Grus japonensis)を展示飼育する施設として、人造湖津軽富士見湖の湖畔に立地し、富士見湖パークや鶴の舞橋、鶴の里ふるさと館などが近接する。丹頂鶴自然公園 (鶴田町) フレッシュアイペディアより)

  • 鳥類の体の構造

    鳥類の体の構造から見たタンチョウタンチョウ

    ハトやガン、タンチョウなどでは、つがいの相手を生涯変えず、その間決まった営巣地で産卵、育雛を行う。鳥類の体の構造 フレッシュアイペディアより)

  • 野付風蓮道立自然公園

    野付風蓮道立自然公園から見たタンチョウタンチョウ

    野付半島地区は森林景観、草原景観、小島景観、水面景観の自然景観があり、海と陸が1つになった水平的で広大的な景観である。また、トドワラやナラワラ、原生花園などが特異な植物景観を形成している。干潟や湿原には雁・カモ、シギ・チドリなどが飛来する。国の特別天然記念物であるタンチョウが営巣するほか、アカアシシギは日本国内で最初に繁殖が確認されて以来、春国岱とともに国内で唯一の繁殖地になっている。また、冬季には多数のオジロワシ、オオワシが飛来するが、一部のオジロワシは越夏して繁殖している。野付風蓮道立自然公園 フレッシュアイペディアより)

  • オールスター歌合戦

    オールスター歌合戦から見たタンチョウタンチョウ

    2002年1月発刊「TBS50年史」の137頁に、1955年版のステージ風景の写真が掲載されており、それによると、ステージ上には金鶴香水の当時の社紋「丹頂鶴マーク」と、当時のラジオ東京テレビの社紋「KRTマーク」が掲げられ、また両脇には金鶴の主力商品「丹頂チック」を模したセットと、「丹頂チック」を初めとする金鶴製品の垂れ幕が掲げられていた。オールスター歌合戦 フレッシュアイペディアより)

  • SL冬の湿原号

    SL冬の湿原号から見たタンチョウタンチョウ

    釧路湿原を縦断するため、タンチョウ、エゾシカ、オオワシなどの大型野生動物に出会うことがごく普通であり、その際には列車を停止させてやり過ごすことがある。観光列車であるため、車内アナウンスによるガイドや乗車記念品の車内販売も行われる。また、この時期、JR北海道は知床斜里 - 標茶間で臨時バス「ツインクルバス知床号」を運転し、SL冬の湿原号と同様、2月を中心に1月から3月までの期間、網走 - 知床斜里間を運行する観光列車「流氷ノロッコ号」からの乗り継ぎを実施している。SL冬の湿原号 フレッシュアイペディアより)

  • 堀田正敦

    堀田正敦から見たタンチョウタンチョウ

    また、正敦は当時幕府の支配が及んでいなかった蝦夷地(現在の北海道)にも足を運ぶとともに蘭学者などにも通じており、たとえばロシアからオランダ経由で日本に伝わったと考えられているエトピリカ(現在は北海道での生息域は限られており、近隣では主に千島列島などに生息する。本書内では「エトビリカ」と表記)の図や生態を収録したり、当時からタンチョウの生息域が北海道内などに限られつつあったことを示唆する記述を遺している。堀田正敦 フレッシュアイペディアより)

  • 正富宏之

    正富宏之から見たタンチョウタンチョウ

    1990年釧路湿原に隣接する高速道路計画路線にタンチョウの営巣地が分布することを指摘し、計画の再考の意見書を提出するなど、保護活動を実践。北海道の動物生態学者の権威でタンチョウ研究の第一人者。正富宏之 フレッシュアイペディアより)

127件中 41 - 50件表示