127件中 51 - 60件表示
  • 広島市安佐動物公園

    広島市安佐動物公園から見たタンチョウタンチョウ

    1985年 - 西園完成。それに伴い、カモシカやタンチョウなどが来園。広島市安佐動物公園 フレッシュアイペディアより)

  • きびじつるの里

    きびじつるの里から見たタンチョウタンチョウ

    きびじつるの里(きびじつるのさと)とは岡山県総社市にあるタンチョウ飼育施設である。きびじつるの里 フレッシュアイペディアより)

  • 蒜山タンチョウの里

    蒜山タンチョウの里から見たタンチョウタンチョウ

    蒜山タンチョウの里(ひるぜんたんちょうのさと)とは岡山県真庭市にあるタンチョウ飼育施設である。蒜山タンチョウの里 フレッシュアイペディアより)

  • 十勝エコロジーパーク

    十勝エコロジーパークから見たタンチョウタンチョウ

    公園内では様々な動植物が確認でき、季節により生息している生物が異なっている。春には芝生にセイヨウタンポポが咲き、キタキツネの子育てが始まり、夏にはミヤマクワガタがハルニレの樹液に集まる。秋には千代田堰堤や千代田分流堰でサケ、マスの遡上が最盛期を迎え、冬になると越冬のためタンチョウやオジロワシ、オオワシが訪れる。また、河畔林ではヤナギ、ケショウヤナギなどの林がある。十勝エコロジーパーク フレッシュアイペディアより)

  • 行形亭

    行形亭から見たタンチョウタンチョウ

    創業は江戸時代中期頃、創業約300年。かつて、現所在地の周辺まで海岸があり、ここで浜茶屋を営んでいた。これが行形亭の前身である。その後料理屋へと姿を変え現在に至る。地域住民でも「行形」を「いきなり」と読める人は居るが、「亭」を「や」と呼ばずに「てい」と呼ぶものが多い。正式名称は「いきなりや」である。トレードマークは鶴と松。1975年(昭和50年)まで、庭に丹頂鶴が飼われていたこと、また庭木で最も多い種類が松であったことから由来する。行形亭 フレッシュアイペディアより)

  • 常盤公園 (宇部市)

    常盤公園 (宇部市)から見たタンチョウタンチョウ

    動物園ではタンチョウ、クロヅル、チリーフラミンゴ、ヤクシマヤギなども飼育されている。常盤公園 (宇部市) フレッシュアイペディアより)

  • 総理の夫

    総理の夫から見たタンチョウタンチョウ

    凛子の夫。38歳。文京区春日の善田鳥類研究所に勤務する鳥類学者。専門はタンチョウヅルを中心とした希少鳥類の生存と回復の研究。10歳の頃から野鳥観察日誌をつけ続けている。妻が総理大臣になった日から、日記を書き始める。総理の夫 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎定次郎

    山崎定次郎から見たタンチョウタンチョウ

    山崎 定次郎(やまざき さだじろう、明治22年(1889年) - 昭和50年(1975年)1月28日)はタンチョウの保護に務めた人物。山崎定次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 春国岱

    春国岱から見たタンチョウタンチョウ

    春国岱は野鳥の宝庫であり、これまでに確認された鳥類は280種にも及び、通常は高山帯に生息するルリビタキと、カモメなどの海鳥が同居する多様な生態系を持っており、オジロワシ、オオワシ、クマゲラ、シマフクロウなどの希少種が生息している。また特別天然記念物であるタンチョウの営巣地でもあり、年間を通じて多くのバードウォッチャーが訪れている。春国岱 フレッシュアイペディアより)

  • 池中玄太80キロ

    池中玄太80キロから見たタンチョウタンチョウ

    池中玄太(西田敏行)は大京通信社の専属カメラマンで、報道撮影のかたわら鳥類、特に丹頂鶴の写真を撮影することをライフワークとしていた。編集長楠(長門裕之)との報道写真をめぐる激しいやり取りが続く日々でもあった。ある日、そんな玄太が子持ちの未亡人鶴子(丘みつ子)と知り合い、結婚することになる。鶴子の3人の娘 絵里(杉田かおる)、未来(有馬加奈子)、弥子(安孫子里香)が玄太になつかないまま5人による同居生活が始まった。最初は3人の娘は玄太に距離を置いていたが、しだいに玄太に打ち解けるようになってきた矢先、妻の鶴子が脳内出血で倒れ、帰らぬ人となってしまう。池中玄太80キロ フレッシュアイペディアより)

127件中 51 - 60件表示