127件中 61 - 70件表示
  • 台北市立動物園

    台北市立動物園から見たタンチョウタンチョウ

    主な展示動物 - タンチョウ、フラミンゴ、オニオオハシ台北市立動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 湧洞沼

    湧洞沼から見たタンチョウタンチョウ

    渡り鳥をはじめ水鳥が多く飛来する。周囲にはタンチョウが姿を見せることもある。湧洞沼 フレッシュアイペディアより)

  • 生沢徹

    生沢徹から見た丹頂鶴タンチョウ

    学生時代までデザイナー志望だった生沢はヘルメットやレースウェアのデザインから、車に貼るスポンサーステッカーの配置まで自分で考えた。愛用のヘルメットは白字に頭頂部を赤く塗った日の丸カラー。第4回日本GPでは「丹頂鶴のようなヘルメットだ」と言われたので、ガムテープで鶴のマークを作りポルシェ・906のボディに貼った。以後、丹頂鶴のマークは生沢のシンボルとして欠かせないものになった。生沢徹 フレッシュアイペディアより)

  • 釧路中央郵便局

    釧路中央郵便局から見たタンチョウタンチョウ

    図柄は釧路湿原、幣舞橋、タンチョウ。局名表記は「釧路中央」。釧路中央郵便局 フレッシュアイペディアより)

  • ハンカ湖

    ハンカ湖から見たタンチョウタンチョウ

    また、両国の自然保護区はともにラムサール条約登録地になっている。日本や太平洋一帯にも飛来する渡り鳥が多く住み、タンチョウとマナヅルの重要な繁殖地である。ほかにも多くの絶滅危惧種の野鳥・両生類・爬虫類・昆虫などが生息するほか、第三紀の植物群やチョウザメなど多くの淡水魚類、アムールトラなどもわずかながら生息している。かつてはトキもいたが、中露両国の農地開発などにより、第二次世界大戦後しばらくまでいたのを最後に確認されていない。ハンカ湖 フレッシュアイペディアより)

  • ホンドタヌキ

    ホンドタヌキから見たタンチョウタンチョウ

    餌付けと給餌は異なる。餌付けは、人為的に野生動物に餌を与えて、野生本来の活動を変えてしまうもの(→写真)。それに対して給餌は、野生動物の生存に必要な食餌を人為的に補給するもの。冬季にタンチョウヅルなどへ人為的に餌を与えることは給餌にあたる。本亜種の場合は人為的に餌を与えずとも生存していくことが可能である。本亜種が動物性タンパク質を特に必要とする時期は子育て期で、植物からはビタミン類や食物繊維などを補給している。餌付けで使用される餌は高カロリーでタンパク質が少なく、栄養のバランスが悪い。ホンドタヌキ フレッシュアイペディアより)

  • 西山公園 (鯖江市)

    西山公園 (鯖江市)から見たタンチョウタンチョウ

    動物園にはレッサーパンダをはじめ、フランソワルトン、シロテテナガザル、ボリビアリスザル、タンチョウ、インドクジャクなどが飼育されている。レッサーパンダの繁殖数は日本一を誇る。動物園の入園料は無料。西山公園 (鯖江市) フレッシュアイペディアより)

  • 日本野鳥の会

    日本野鳥の会から見たタンチョウタンチョウ

    絶滅のおそれがあるタンチョウとシマフクロウを主な対象として、土地の購入または所有者との協定などによる野鳥保護区の設置を1986年から継続している。2008年度には、タンチョウ2つがいが繁殖する湿原352ha、シマフクロウが生息する森林15haを購入した。これまでに北海道東部を中心に国内の自然保護団体としては最大の全国28ヶ所、面積約2,600haを設置している。日本野鳥の会 フレッシュアイペディアより)

  • 霧多布湿原

    霧多布湿原から見たタンチョウタンチョウ

    花の湿原と呼ばれるのは釧路湿原などに比べて花の種類が多く花の密度が高いためである。原生花園が広がり、春から秋にかけ多様な花が咲く。特に初夏を告げる白いワタスゲ、夏の訪れと共に咲く黄色いエゾカンゾウなどは湿原一面を彩る。夏には数組のタンチョウが繁殖を行っており、ツル以外にもさまざまな鳥類が観察できる。また天然記念物に指定されている湿原のコア部分(約800ha)に立ち入る際には文化庁長官の許可が必要であるが、コア部外の湿原内には観察のための木道や展望台が整備されている。霧多布湿原 フレッシュアイペディアより)

  • 三つのジャポニスム

    三つのジャポニスムから見たタンチョウタンチョウ

    丹頂鶴の求愛ダンスを吹奏楽で可憐に表現している。鶴が舞う場面には、うちわの紙を外し2つをたたき合わせ表現される。ピッコロ・オーボエ・ソプラノサックスなどのソロがある。また途中、鶴の羽ばたきと鳴き声の描写が入る。三つのジャポニスム フレッシュアイペディアより)

127件中 61 - 70件表示