97件中 61 - 70件表示
  • iZoo

    iZooから見たタンチョウタンチョウ

    日本テレビ「ここ掘れ! ワンワン!」によると、伊豆アンディランドは、奥行きを感じさせるレイアウトや、動物の生態を見せる行動展示などの工夫がなく、タンチョウやウサギがいるなどコンセプトがずれていた。また、水族館の年間入場者1万9420人で入場者ランキングの最下位となり、来園者が少なく経営難のために閉館したとする。iZoo フレッシュアイペディアより)

  • ツル

    ツルから見たタンチョウタンチョウ

    日本では北海道の釧路湿原とその周辺に留鳥として生息するタンチョウのほか、山口県周南市や鹿児島県出水市などに冬鳥として渡来するナベヅル、マナヅルがよく知られ、いずれも天然記念物に指定されている。この他、クロヅル、アネハヅル、ソデグロヅル、カナダヅルなどがごく稀に飛来する。ツル フレッシュアイペディアより)

  • ツル属

    ツル属から見たタンチョウタンチョウ

    Grus japonesis タンチョウ Red-crowned craneツル属 フレッシュアイペディアより)

  • 塩城市

    塩城市から見たタンチョウタンチョウ

    塩城市には、黄海海岸に沿って広大な塩城自然保護区があり中国でも最大の海岸帯保護区となっており、 1992年にはユネスコの人間と生物圏計画に基づき生物圏保護区に指定された。1996年には「北東アジア地域ツル類重要生息地ネットワーク」に、1999年には「東アジア・オーストラリア地域シギ・チドリ類重要生息地ネットワーク」に加盟し、2002年1月にはラムサール条約登録地となった。タンチョウ、ズグロカモメなどの鳥類やキバノロなどの哺乳類の重要な生息地で、特にタンチョウは毎冬、1000羽あまりが越冬のため飛来し、世界最大級の越冬地となっている。塩城市域内の大豊市には大豊麋鹿自然保護区があり、シフゾウ(麋鹿)の生息地として自然保護区に指定され、広大な面積に住む麋鹿(シフゾウ)の数は世界でも最大級である。塩城市 フレッシュアイペディアより)

  • 用水路

    用水路から見たタンチョウタンチョウ

    ところが、明治以降の近代になると、この状況が急激に変化する。土木技術の進展に伴う水路のコンクリート護岸化や、堰による水路の分断、暗渠化による日光の遮断、田畑での農薬利用などにより、稲作と共生してきた生物はその生活環境が激変し、生命が脅かされることとなる。さらに近年の都市化による生活排水・工業排水の流入や田畑の宅地化が追い打ちをかけ、その結果、かつてありふれた存在であったメダカやタガメなどが日本人の生活から姿を消し、さらには食物連鎖でその上位にいたコウノトリやタンチョウなども姿を消しはじめ、それぞれ現在では絶滅が危惧されるまでになり、トキのように絶滅したものも少なくない。裏返せば、彼等はそれだけ日本人の稲作文化と共生していたのである。用水路 フレッシュアイペディアより)

  • くしろバス

    くしろバスから見た丹頂鶴タンチョウ

    高速バスや貸切バスは三菱ふそうトラック・バスの中古車両が多い。カラーリングは赤・オレンジ・黄色の斜めストライプが入ったものに順次改められ、さらに近年は虹色のラインで2羽の丹頂鶴が描かれたものも運用されている。貸切バスはBUS CENTERカラーと並行して導入される。くしろバス フレッシュアイペディアより)

  • プロジェクトX全放送作品リスト

    プロジェクトX全放送作品リストから見たタンチョウタンチョウ

    第118回 「釧路湿原 カムイの鳥 舞え」(釧路湿原の保護 6月17日)プロジェクトX全放送作品リスト フレッシュアイペディアより)

  • 山崎定次郎

    山崎定次郎から見たタンチョウタンチョウ

    山崎 定次郎(やまざき さだじろう、明治22年(1889年) - 昭和50年(1975年)1月28日)はタンチョウの保護に務めた人物。山崎定次郎 フレッシュアイペディアより)

  • 1975年

    1975年から見たタンチョウタンチョウ

    1月28日 - 山崎定次郎、ツルのおじいさん(* 1889年)1975年 フレッシュアイペディアより)

  • 1月28日

    1月28日から見たタンチョウタンチョウ

    1975年 - 山崎定次郎、ツルのおじいさん(* 1889年)1月28日 フレッシュアイペディアより)

97件中 61 - 70件表示

「タンチョウ」のニューストピックワード