97件中 71 - 80件表示
  • 釧路湿原

    釧路湿原から見たタンチョウタンチョウ

    湿原の大部分はヨシ-スゲ湿原であるが、ミズゴケ湿原も一部あり、食虫植物のモウセンゴケやコタヌキモが生育する。また、タンチョウやエゾセンニュウ、ベニマシコなどの多くの鳥類の繁殖地・休息地となっている。特にタンチョウの夏季繁殖地が湿原を含む道東各地に広がっているが、冬には釧路湿原へ戻ってきて越冬する。また、日本最大の淡水魚であるイトウ(サケ科)やキタサンショウウオなどの希少な動物も多く、貴重な自然の残る領域である。釧路湿原 フレッシュアイペディアより)

  • 茅沼駅

    茅沼駅から見たタンチョウタンチョウ

    釧路湿原の東端に位置する。かつて、有人駅だった時代に駅員によって餌付けされたタンチョウが来る駅としても知られる。餌付けは無人駅となった今も、地元町民や駅前の民宿の手によって引き継がれており、運が良ければ駅や車窓からタンチョウの姿を見ることができる。茅沼駅 フレッシュアイペディアより)

  • 天王寺動物園

    天王寺動物園から見たタンチョウタンチョウ

    1925年 タンチョウの人工孵化に日本で初めて成功する。天王寺動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 阿寒町

    阿寒町から見たタンチョウタンチョウ

    山崎定次郎:丹頂鶴監視員、富山県出身で阿寒町に入植阿寒町 フレッシュアイペディアより)

  • スージー (チンパンジー)

    スージー (チンパンジー)から見たタンチョウタンチョウ

    上野動物園では、第2次世界大戦前に4頭のチンパンジーを導入した記録がある。最初の2頭はドイツからの輸入で、当時4歳のオスとメスがタンチョウ2つがいとの交換で1938年1月28日に来園した。オスは「ラインハルト」、メスは「バビーナ」という名で、自転車乗りなどの芸を披露して人気を博することになった。しかし、2頭は結核に罹患したために1939年6月と9月に相次いで死亡してしまった。次の2頭も1941年に同じくドイツから購入された。このときの内訳はオス2頭、メス1頭であったが、そのうちオスの1頭は熊本市動植物園に送られている。残った2頭は上野動物園の人気者となったがやはり短命で、オスが1943年5月2日に肺炎で死亡し、メスも1945年7月に死亡している。スージー (チンパンジー) フレッシュアイペディアより)

  • 札幌市円山動物園

    札幌市円山動物園から見たタンチョウタンチョウ

    主な飼育動物 - タンチョウ、シュバシコウ、フンボルトペンギン、モモイロペリカン、コシベニペリカン、ハワイガン、ゴイサギ、アオサギ札幌市円山動物園 フレッシュアイペディアより)

  • 後楽園

    後楽園から見たタンチョウタンチョウ

    1956年(昭和31年)かつて岡山に遊学した中国の政治家・郭沫若より2羽のタンチョウヅルを贈られた。現在も鶴の飼育が続けられ、元日には園内に放つイベントが催されている。後楽園 フレッシュアイペディアより)

  • コウノトリ

    コウノトリから見たタンチョウタンチョウ

    コウノトリを遠くから見るとツルとも似ているため、度々ツルと混同されることもある。しかし、形態、鳴き声、捕食行動により区別が容易である。具体的には、現在の日本で観察されるツルは道東の留鳥であるタンチョウと、冬鳥として山口県や鹿児島県出水市に渡来し、その他兵庫県にもいるマナヅルおよびナベヅルである。これらのうち、タンチョウは頭部が赤く、首が黒く、脚が黒い。ナベヅルは頭部が赤く、胴体や羽の大部分が黒色から灰色であり、脚が黒い。そしてマナヅルは胴体や羽の大部分が黒色から灰色である。これらに対しコウノトリは、首と胴体が白色であり、脚は赤いため、形態により区別は容易である。なお、コウノトリは、風切羽が黒いために、翼をたたんでいるとまるで胴体の後ろが黒いかのように見える。また鳴き声でも区別することができる。ツルは大きな声で鳴くことができるが、成鳥のコウノトリは鳴くことはできず、クラッタリングというくちばしを打ち付ける行為のみができる。そして飼育下での餌の捕食行動にも違いがある。魚類(アジやドジョウなど)を与えた場合、ツル類はくちばしで細かくついばんでのみこむのに対し、コウノトリは丸のみにする。コウノトリ フレッシュアイペディアより)

  • 戸田城聖

    戸田城聖から見たタンチョウタンチョウ

    事業家・宗教家としての活動以外にも、社会活動家として、学校への図書贈呈や、絶滅寸前の丹頂鶴を保護するために自然公園の開設を予定していた丹頂鶴自然公園に対して、いち早く寄付活動を行った。戸田城聖 フレッシュアイペディアより)

  • US-2 (航空機)

    US-2 (航空機)から見たタンチョウタンチョウ

    試作1号機(シリアルナンバー:9901)は2001年(平成13年)7月から組み立てが開始され、2003年(平成15年)4月22日にロールアウト、社内試験を経て12月18日に初飛行に成功した。白地に赤を配したカラーリングコンセプトは「丹頂鶴」で、2004年(平成16年)3月24日に防衛庁へ納入された。US-2 (航空機) フレッシュアイペディアより)

97件中 71 - 80件表示

「タンチョウ」のニューストピックワード