97件中 81 - 90件表示
  • 生沢徹

    生沢徹から見た丹頂鶴タンチョウ

    学生時代までデザイナー志望だった生沢はヘルメットやレースウェアのデザインから、車に貼るスポンサーステッカーの配置まで自分で考えた。愛用のヘルメットは白字に頭頂部を赤く塗った日の丸カラー。第4回日本GPでは「丹頂鶴のようなヘルメットだ」と言われたので、ガムテープで鶴のマークを作りポルシェ・906のボディに貼った。以後、丹頂鶴のマークは生沢のシンボルとして欠かせないものになった。生沢徹 フレッシュアイペディアより)

  • 多摩動物公園

    多摩動物公園から見たタンチョウタンチョウ

    1980年 - 日本で初めてタンチョウの人工授精に成功。多摩動物公園 フレッシュアイペディアより)

  • カナダヅル

    カナダヅルから見たタンチョウタンチョウ

    日本では、稀な冬鳥としてほぼ毎年1-2羽が記録されている。記録は北海道から九州まで各地であるが、多くはタンチョウやナベヅルの群れに混じっているところを記録されたものである。カナダヅル フレッシュアイペディアより)

  • 達古武沼

    達古武沼から見たタンチョウタンチョウ

    鳥類:オジロワシ、アオサギ、トビ、タンチョウなど。達古武沼 フレッシュアイペディアより)

  • 古代の音楽

    古代の音楽から見たタンチョウタンチョウ

    中国河南省では1986年、裴李崗文化の代表的遺跡である賈湖遺跡からいくつかの「骨笛」が出土した。紀元前6000年頃のものと考えられている。それらは5つから8つの穴があり、タンチョウの骨からつくられていた。発見されたとき、そのうちの一つはまだ演奏できる状態だった。古代の音楽 フレッシュアイペディアより)

  • 厚岸湖

    厚岸湖から見たタンチョウタンチョウ

    オオハクチョウの大規模な越冬地で、10月から4月にかけてその姿が見られる。ピークの12月頃には5,000羽程度が飛来し、2,000羽程度がここで越冬する。その他にもガン・カモ類の渡来地、タンチョウの生息地となっており、1993年、別寒辺牛湿原と霧多布湿原とともに、国指定厚岸・別寒辺牛・霧多布鳥獣保護区(集団飛来地)に指定された(総面積11,271ha、うち特別保護地区7,781ha)。同年に、別寒辺牛湿原とともにラムサール条約湿地として登録された。厚岸湖 フレッシュアイペディアより)

  • トキ

    トキから見たタンチョウタンチョウ

    中国は2003年から国鳥制定に向けて準備を行っており、タンチョウが人気1位、トキが2位となっている。トキ フレッシュアイペディアより)

  • 梨田 昌孝

    梨田昌孝から見たタンチョウタンチョウ

    ジョークやダジャレ好きであり、しばしばコメントの中に取り入れている。一例として「タダの(多田野)投手じゃなかった」(多田野数人に対して)、「リードが単調(丹頂)になってはダメ」(鶴岡慎也の結婚披露宴に出席した際の祝辞)、「円陣を組んでエンジンをかけたのがよかった」(2010年5月19日に行われた日本ハム対巨人の試合後コメント。この試合は途中まで巨人にリードを許しながら6回に円陣を組み逆転に成功)、「ユ?キを固めていきたいですね」(さっぽろ雪まつりのPRイベントにて。雪だるまを触りながらこの年のルーキー・斎藤佑樹とかけてコメント)など。梨田昌孝 フレッシュアイペディアより)

  • JR北海道キハ283系気動車

    JR北海道キハ283系気動車から見たタンチョウタンチョウ

    座席はフリーストップ式のリクライニングシートで、片持支持方式となったため足元が広くなった。座席モケットの色調は、標準では釧路方面を象徴する「タンチョウ」柄入りのグレー地、背ずりのつかみ手は赤である。「スーパー北斗」用に投入された1998年製(2次車)の普通車は、座席モケットの色がキハ281系同様の紫に、背ずりのつかみ手がグレーに変更された。JR北海道キハ283系気動車 フレッシュアイペディアより)

  • アイヌ語

    アイヌ語から見たタンチョウタンチョウ

    ‐ (湿原の神)タンチョウアイヌ語 フレッシュアイペディアより)

97件中 81 - 90件表示

「タンチョウ」のニューストピックワード