前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示
  • タンチョウ

    タンチョウから見た伊藤若冲

    File:Jakuchu - Cranes (1) - Google Art Project.jpg|伊藤若冲『双鶴図』(18世紀、右隻)。若冲はタンチョウをモチーフに多数描いているが、この絵では創意により嘴に歯を描き加えている。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た北斎

    File:Brooklyn Museum - Crane with Setting Sun - Totoya Hokkei.jpg|北斎の門人・魚屋北渓による木版画、初日に鶴図。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た光琳

    鶴ほど広範囲にさまざまな意匠に用いられているモチーフは他に例がなく、鎌倉時代の太刀や笈(おい)、紀貫之の用いた和歌料紙、厳島神社の蒔絵小唐櫃、日光東照宮陽明門の丸柱、仁阿弥の陶器、海の長者の大漁祝い着、沖縄の紅型染め、久留米の絵絣、修学院離宮の茶室に見られる羽子板形の七宝引手、光琳の群鶴文蒔絵硯箱、江戸の釜師・名越善正の鋳た鶴に亀甲菊文蓋の茶釜など、その実例を挙げるにおよんでは枚挙にいとまがないという。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た長屋王

    8世紀の皇族・長屋王の邸宅跡地からはタンチョウらしき鶴の描かれた土器が出土しており、これが現在知られている中で最古のタンチョウを描いた文物である。平安時代から室町時代にかけては鏡の装飾に鶴文(つるもん)が多く使われた。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た大友月湖

    File:Ōtomo Gekko A Pair of Cranes.jpg|大友月湖『双鶴図』(18世紀)。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た紀貫之

    鶴ほど広範囲にさまざまな意匠に用いられているモチーフは他に例がなく、鎌倉時代の太刀や笈(おい)、紀貫之の用いた和歌料紙、厳島神社の蒔絵小唐櫃、日光東照宮陽明門の丸柱、仁阿弥の陶器、海の長者の大漁祝い着、沖縄の紅型染め、久留米の絵絣、修学院離宮の茶室に見られる羽子板形の七宝引手、光琳の群鶴文蒔絵硯箱、江戸の釜師・名越善正の鋳た鶴に亀甲菊文蓋の茶釜など、その実例を挙げるにおよんでは枚挙にいとまがないという。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た名越善正

    鶴ほど広範囲にさまざまな意匠に用いられているモチーフは他に例がなく、鎌倉時代の太刀や笈(おい)、紀貫之の用いた和歌料紙、厳島神社の蒔絵小唐櫃、日光東照宮陽明門の丸柱、仁阿弥の陶器、海の長者の大漁祝い着、沖縄の紅型染め、久留米の絵絣、修学院離宮の茶室に見られる羽子板形の七宝引手、光琳の群鶴文蒔絵硯箱、江戸の釜師・名越善正の鋳た鶴に亀甲菊文蓋の茶釜など、その実例を挙げるにおよんでは枚挙にいとまがないという。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た渡辺秀石

    ファイル:Cranes Watanabe Shuseki Hanging scroll color on silk.jpg|渡辺秀石『双鶴図』(17世紀)。中国風の、いわゆる花鳥画の作風。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た徽宗

    File:Songhuizong5.jpg|1112(政和2)年のある日、皇宮の上に忽然と祥雲生じ、群鶴が舞い、衆人みなこれを目撃したという。この作品は、文人として知られる皇帝・徽宗が、これを記念して描き、詩を添えたもの。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見たウメ

    なお、古来の日本で「花」といえばを指したのと同じように、伝統的には、中国や日本で単に「鶴」と言えばタンチョウを指しているのが通常である。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9
84件中 1 - 10件表示

「タンチョウ」のニューストピックワード