前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
127件中 1 - 10件表示
  • タンチョウ

    タンチョウから見た伊藤若冲

    室町時代に入る前後から宋・元時代の中国から花鳥画の習俗が日本へ入ってくると、優美な姿のタンチョウは好んで描かれるモチーフのひとつとなり、伊藤若冲のような画風の異なるものも含め、多くの画家によって現在まで多数の作品が描かれている。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た北斎

    File:Brooklyn Museum - Crane with Setting Sun - Totoya Hokkei.jpg|北斎の門人・魚屋北渓による木版画、初日に鶴図。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た光琳

    鶴ほど広範囲にさまざまな意匠に用いられているモチーフは他に例がなく、鎌倉時代の太刀や笈(おい)、紀貫之の用いた和歌料紙、厳島神社の蒔絵小唐櫃、日光東照宮陽明門の丸柱、仁阿弥の陶器、海の長者の大漁祝い着、沖縄の紅型染め、久留米の絵絣、修学院離宮の茶室に見られる羽子板形の七宝引手、光琳の群鶴文蒔絵硯箱、江戸の釜師・名越善正の鋳た鶴に亀甲菊文蓋の茶釜など、その実例を挙げるにおよんでは枚挙にいとまがないという。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た日本航空

    日本航空のシンボルマークはいわゆる「鶴丸」だが、これはタンチョウのイメージに乗せて用いられている。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た井口萬喜男

    井口萬喜男 - タンチョウの放鳥研究をした人物タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た大友月湖

    File:Ōtomo Gekko A Pair of Cranes.jpg|大友月湖『双鶴図』(18世紀)。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た紀貫之

    鶴ほど広範囲にさまざまな意匠に用いられているモチーフは他に例がなく、鎌倉時代の太刀や笈(おい)、紀貫之の用いた和歌料紙、厳島神社の蒔絵小唐櫃、日光東照宮陽明門の丸柱、仁阿弥の陶器、海の長者の大漁祝い着、沖縄の紅型染め、久留米の絵絣、修学院離宮の茶室に見られる羽子板形の七宝引手、光琳の群鶴文蒔絵硯箱、江戸の釜師・名越善正の鋳た鶴に亀甲菊文蓋の茶釜など、その実例を挙げるにおよんでは枚挙にいとまがないという。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た名越善正

    鶴ほど広範囲にさまざまな意匠に用いられているモチーフは他に例がなく、鎌倉時代の太刀や笈(おい)、紀貫之の用いた和歌料紙、厳島神社の蒔絵小唐櫃、日光東照宮陽明門の丸柱、仁阿弥の陶器、海の長者の大漁祝い着、沖縄の紅型染め、久留米の絵絣、修学院離宮の茶室に見られる羽子板形の七宝引手、光琳の群鶴文蒔絵硯箱、江戸の釜師・名越善正の鋳た鶴に亀甲菊文蓋の茶釜など、その実例を挙げるにおよんでは枚挙にいとまがないという。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た高円宮久子

    タンチョウ 日本の鶴に思いを馳せて - 高円宮久子、『婦人画報』2011.9タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た狩野養信

    File:Japanese - Three Cranes Flying in a Misty Landscape - Walters 3573.jpg|狩野養信筆(19世紀)。モチーフとしては非常によく描かれた定番的なものである。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
127件中 1 - 10件表示

「タンチョウ」のニューストピックワード