84件中 21 - 30件表示
  • タンチョウ

    タンチョウから見たカエル

    食性は雑食で、昆虫、甲殻類、貝類、魚類、カエル、植物の茎、種子などを食べる。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た山崎定次郎

    山崎定次郎 - タンチョウの保護に努めた人物タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た野焼き

    野火や開発による生息地の破壊、狩猟などにより生息数は減少している。北海道では地方自治体や自然保護団体による土地の買い上げ(ナショナルトラスト運動)や、冬季に穀物を給餌している。一方で人間への依存度が高くなり生息数増加に伴う繁殖地の不足、農作物の食害、電柱による感電死、交通事故の増加などの問題も発生している。日本では1935年に繁殖地も含めて国の天然記念物、1952年に「釧路のタンチョウ」として特別天然記念物、1967年に地域を定めずに種として特別天然記念物、1921年に出水ツル渡来地が「鹿児島県のツルおよびその渡来地」として越冬地(本種が飛来することはまれ)が国の特別天然記念物に指定されている。1993年に種の保存法施行に伴い国内希少野生動植物種に指定されている。北海道での1952-1953年における生息数は33羽、1962年における生息数は172羽、1988年における生息数は424羽、2000年における生息数は740羽。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た道教

    道教的世界観の中ではとくに仙人、仙道と結びつけられ、タンチョウ自体がたいへんな長寿であると考えられたほか、寿星老人が仙鶴に乗って飛来するとか、周の霊王の太子晋が仙人となって白鶴に乗って去ったといった説話が伝えられている。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た花鳥画

    中国から花鳥画の習俗が入ってくると、タンチョウは好んで描かれるモチーフのひとつとなり、若冲のような画風の異なるものも含め、多くの画家によって多数の作品が描かれ、現代に伝えられている。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た花札

    通俗的には、「亀は万年の齢を経、鶴は千代をや重ぬらん」と能曲『鶴亀』や地唄にも謡われるように、鶴と亀はいずれも長寿のシンボルとされ、往々にしてセットで描かれてきたほか、また花鳥画以来の伝統として松竹梅などとあわせて描かれることも多い。花札の役札「松に鶴」などもこうした流れのものであるということができる。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見たツル科

    タンチョウ(丹頂、Grus japonensis)は、ツル目 ツル科 ツル属に分類されるツル。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た千円紙幣

    近年の文化上の事例としては、1964年(昭和39年)、北海道の道鳥に指定されているほか、1984年(昭和59年)に発行された千円紙幣は裏面にタンチョウの意匠を用いている。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た仙人

    道教的世界観の中ではとくに仙人、仙道と結びつけられ、タンチョウ自体がたいへんな長寿であると考えられたほか、寿星老人が仙鶴に乗って飛来するとか、周の霊王の太子晋が仙人となって白鶴に乗って去ったといった説話が伝えられている。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た中華人民共和国国務院

    2007年に中華人民共和国国家林業局が、同国の国鳥にタンチョウの選定を提案し、国務院も受け入れたが、タンチョウの学名、英名ともに「日本の鶴」を意味することから、後に議論を呼ぶこととなった。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

84件中 21 - 30件表示

「タンチョウ」のニューストピックワード