127件中 21 - 30件表示
  • タンチョウ

    タンチョウから見た奈良国立博物館

    舞楽の曲に『崑崙八仙』(ころばせ)と呼ばれるものがあり、奈良国立博物館には同名の舞楽面が伝わっているが、この舞は崑崙山に住む八人の仙人“崑崙八仙”(こんろんはっせん)が鶴の姿になって舞い踊る様を表すという。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た徽宗

    File:Songhuizong5.jpg|1112(政和2)年のある日、皇宮の上に忽然と祥雲生じ、群鶴が舞い、衆人みなこれを目撃したという。この作品は、文人として知られる皇帝・徽宗が、これを記念して描き、詩を添えたもの。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見たフキ

    食性は雑食で、昆虫やその幼虫、エビ類・カニ類などの甲殻類、カタツムリ類・タニシ類などの貝類、ドジョウ類・コイ・ヤチウグイ・ヌマガレイなどの魚類、エゾアカガエルなどのカエル、アオジ・コヨシキリなどの鳥類の雛、ヤチネズミ類などの哺乳類、セリ・ハコベなどの葉、アシ・スゲ・フキなどの芽、スギナの茎、フトモモ・ミズナラなどの果実などを食べる。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た日光東照宮

    鶴ほど広範囲にさまざまな意匠に用いられているモチーフは他に例がなく、鎌倉時代の太刀や笈(おい)、紀貫之の用いた和歌料紙、厳島神社の蒔絵小唐櫃、日光東照宮陽明門の丸柱、仁阿弥の陶器、海の長者の大漁祝い着、沖縄の紅型染め、久留米の絵絣、修学院離宮の茶室に見られる羽子板形の七宝引手、光琳の群鶴文蒔絵硯箱、江戸の釜師・名越善正の鋳た鶴に亀甲菊文蓋の茶釜など、その実例を挙げるにおよんでは枚挙にいとまがないという。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た渡辺秀石

    ファイル:Cranes Watanabe Shuseki Hanging scroll color on silk.jpg|渡辺秀石『双鶴図』(17世紀)。中国風の、いわゆる花鳥画の作風。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見たウメ

    なお、古来の日本で「花」といえばを指したのと同じように、伝統的には、中国や日本で単に「鶴」と言えばタンチョウを指しているのが通常である。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た釧路湿原

    日本で最も有名な生息地は釧路湿原一帯であるが極稀に石狩平野の上空を飛来することがあり、鳴き声が聞かれる。2015年5月31日に札幌上空で飛来が確認された。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た国後島

    日本では北海道東部に周年生息(留鳥)し、襟裳岬以東の太平洋岸・根室海峡沿岸部・オホーツク地区・1982年以降は国後島や歯舞諸島・2004年以降は宗谷地区でも繁殖している。越冬地は主に釧路湿原周辺だったが、近年は十勝平野西部や根室地区での越冬例が確認・増加している。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た山崎定次郎

    山崎定次郎 - タンチョウの保護に努めた人物タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た室町時代

    室町時代に入る前後から宋・元時代の中国から花鳥画の習俗が日本へ入ってくると、優美な姿のタンチョウは好んで描かれるモチーフのひとつとなり、伊藤若冲のような画風の異なるものも含め、多くの画家によって現在まで多数の作品が描かれている。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

127件中 21 - 30件表示

「タンチョウ」のニューストピックワード