84件中 31 - 40件表示
  • タンチョウ

    タンチョウから見た湿原

    湿原、湖沼、河川などに生息する。冬季には家族群もしくは家族群が合流した群れを形成する。オスが長く1回鳴いたあとに、メスが短く2-3回鳴くことを繰り返し、これにより縄張りを主張したりペアを維持するのに役立つと考えられている。日本の個体群と大陸産の個体群は鳴き交わしに差異がある。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た希少野生動植物種

    野火や開発による生息地の破壊、狩猟などにより生息数は減少している。北海道では地方自治体や自然保護団体による土地の買い上げ(ナショナルトラスト運動)や、冬季に穀物を給餌している。一方で人間への依存度が高くなり生息数増加に伴う繁殖地の不足、農作物の食害、電柱による感電死、交通事故の増加などの問題も発生している。日本では1935年に繁殖地も含めて国の天然記念物、1952年に「釧路のタンチョウ」として特別天然記念物、1967年に地域を定めずに種として特別天然記念物、1921年に出水ツル渡来地が「鹿児島県のツルおよびその渡来地」として越冬地(本種が飛来することはまれ)が国の特別天然記念物に指定されている。1993年に種の保存法施行に伴い国内希少野生動植物種に指定されている。北海道での1952-1953年における生息数は33羽、1962年における生息数は172羽、1988年における生息数は424羽、2000年における生息数は740羽。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た

    中国で最も初期の鶴を象った文物といえば春秋戦国時代の青銅器「」がよく知られているが、さらに古い殷商時代にも墳墓から鶴を象った彫刻が出土しているという。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た鶴御成

    こうした“鶴御飼附場”では将軍が鷹狩によって鶴を捕らえる行事も行われた。これについては鶴御成を参照されたい。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た

    湿原、沼、河川などに生息する。冬季には家族群もしくは家族群が合流した群れを形成する。オスが長く1回鳴いたあとに、メスが短く2-3回鳴くことを繰り返し、これにより縄張りを主張したりペアを維持するのに役立つと考えられている。日本の個体群と大陸産の個体群は鳴き交わしに差異がある。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た鷹狩

    こうした“鶴御飼附場”では将軍が鷹狩によって鶴を捕らえる行事も行われた。これについては鶴御成を参照されたい。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た

    湿原、湖沼、河川などに生息する。冬季には家族群もしくは家族群が合流した群れを形成する。オスが長く1回鳴いたあとに、メスが短く2-3回鳴くことを繰り返し、これにより縄張りを主張したりペアを維持するのに役立つと考えられている。日本の個体群と大陸産の個体群は鳴き交わしに差異がある。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た舞楽

    舞楽の曲に『崑崙八仙』(ころばせ)と呼ばれるものがあり、奈良国立博物館には同名の舞楽面が伝わっているが、この舞は崑崙山に住む八人の仙人“崑崙八仙”(こんろんはっせん)が鶴の姿になって舞い踊る様を表すという。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た万祝

    鶴ほど広範囲にさまざまな意匠に用いられているモチーフは他に例がなく、鎌倉時代の太刀や笈(おい)、紀貫之の用いた和歌料紙、厳島神社の蒔絵小唐櫃、日光東照宮陽明門の丸柱、仁阿弥の陶器、海の長者の大漁祝い着、沖縄の紅型染め、久留米の絵絣、修学院離宮の茶室に見られる羽子板形の七宝引手、光琳の群鶴文蒔絵硯箱、江戸の釜師・名越善正の鋳た鶴に亀甲菊文蓋の茶釜など、その実例を挙げるにおよんでは枚挙にいとまがないという。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

  • タンチョウ

    タンチョウから見た体重

    全長125-152センチメートル。翼開張240センチメートル。体重6.3-9キログラム。全身の羽衣は白い。眼先から喉、頸部にかけての羽衣は黒い。次列風切や三列風切は黒い。タンチョウ フレッシュアイペディアより)

84件中 31 - 40件表示

「タンチョウ」のニューストピックワード