2281件中 91 - 100件表示
  • ソニック・ヘッジホッグ

    ソニック・ヘッジホッグから見たタンパク質タンパク質

    ソニック・ヘッジホッグ (Sonic hedgehog, SHH) は、ヘッジホッグ (HH) ファミリーに属する5種類のタンパク質の内の1つ。これをコーディングする遺伝子=ソニック・ヘッジホッグ遺伝子は、shhと小文字で表記する。このファミリーの他のタンパク質には、哺乳類ではデザート・ヘッジホッグ (Desert Hedgehog, DHH)、インディアン・ヘッジホッグ (Indian Hedgehog, IHH)があり、魚類ではエキドナ・ヘッジホッグ (Echidna Hedgehog, EHH) とティギーウィンクル・ヘッジホッグ (Tiggywinkle Hedgehog, TwHH) がある。ソニック・ヘッジホッグ フレッシュアイペディアより)

  • 染色 (生物学)

    染色 (生物学)から見た蛋白質タンパク質

    染色の原理には、観察する標本に含まれている特徴的な生体分子(タンパク質、核酸、脂質、炭化水素など)に対して、特定の色素が強く結合する性質を利用したものや、特定の酵素と反応して発色する基質を用いたものなどがある。用いる色素が蛍光色素(主に生物由来物や蛍光染料)の場合、特に蛍光染色と呼ばれる。観察しようとする対象と目的に応じて、さまざまな色素を用いた染色法が考案され、利用されている。染色 (生物学) フレッシュアイペディアより)

  • 異化 (生物学)

    異化 (生物学)から見たタンパク質タンパク質

    異化(いか、Catabolism)とは、分子を小さな構成部分に分解してエネルギーを取り出す代謝過程である。異化作用では、多糖や脂質、核酸、タンパク質等の大きな分子が、それぞれ単糖、脂肪酸、ヌクレオチド、アミノ酸等の小さな部分に分解される。多糖、タンパク質、核酸はそれぞれのモノマーの長鎖であり、ポリマーと呼ばれる。異化 (生物学) フレッシュアイペディアより)

  • 肥料の三要素

    肥料の三要素から見たタンパク質タンパク質

    タンパク質の多くはリン酸化酵素/脱リン酸化酵素によりリン酸化/脱リン酸化される。このとき、リン酸化/脱リン酸化を受ける部位はチロシン、セリン、スレオニン残基の水酸基であり、この結果、そのタンパク質は活性化または不活性化する。このオンオフは多くの酵素や膜輸送体や転写因子の活性調節およびシグナル伝達の一部に組み込まれている。肥料の三要素 フレッシュアイペディアより)

  • グアニジン

    グアニジンから見たタンパク質タンパク質

    グアニジン (guanidine) は示性式が の構造を持つ有機化合物。強い塩基性を持つ結晶性の固体で、グアニンの分解によって得られる。またタンパク質の代謝によって生成し、尿中にも検出される。グアニジン フレッシュアイペディアより)

  • エリシター

    エリシターから見たタンパク質タンパク質

    タンパク質、多糖類、オリゴ糖、脂質、糖ペプチドなどの病原菌、植物、昆虫に由来する多様な生体分子に加え、重金属などもエリシターとして機能する。エリシター フレッシュアイペディアより)

  • コラーゲン

    コラーゲンから見たタンパク質タンパク質

    コラーゲン(、)は、主に脊椎動物の真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつ。多細胞動物の細胞外基質(細胞外マトリクス)の主成分である。体内に存在しているコラーゲンの総量は、ヒトでは、全タンパク質のほぼ30%を占める程多い。また、コラーゲンは体内で働くだけでなく人間生活に様々に利用されている。ゼラチンはコラーゲンを変性させたものであり、食品、化粧品、医薬品など様々に用いられている。コラーゲン フレッシュアイペディアより)

  • MTOR

    MTORから見たタンパク質タンパク質

    mTORは、複数のタンパク質による複合体(complex)を形成し、複合体はmTORCと呼ばれる。インスリンや他の成長因子、栄養・エネルギー状態、酸化還元状態など細胞内外の環境情報を統合し、転写、翻訳等を通じて、それらに応じた細胞のサイズ、分裂、生存などの調節に中心的な役割を果たすと考えられている。インスリンやアミノ酸が豊富に存在するとmTORは活性化され、リボソームにおけるmRNAの翻訳を促進しタンパク質合成を増加させるとともに、オートファジーを阻害しタンパク質の分解を抑制する。MTOR フレッシュアイペディアより)

  • サラヴィオ化粧品

    サラヴィオ化粧品から見たタンパク質タンパク質

    サラヴィオ化粧品の中枢的研究所であり、スキンケアサイエンスセンターとライフサイエンスセンターにカテゴライズされたワイドレンジな研究テーマをもつ。所長は分子モータータンパク質研究の第一人者である加世田国与士博士。サラヴィオ化粧品 フレッシュアイペディアより)

  • リボソーム

    リボソームから見たタンパク質タンパク質

    リボソームまたはリボゾーム(; ライボソーム)は、あらゆる生物の細胞内に存在する構造であり、粗面小胞体 (rER) に付着している膜結合リボソームと細胞質中に存在する遊離リボソームがある。mRNAの遺伝情報を読み取ってタンパク質へと変換する機構である翻訳が行われる場である。大小2つのサブユニットから成り、これらはタンパク質(リボソームタンパク、ribosomal protein)とRNA(リボソームRNA、rRNA; ribosomal RNA)の複合体である。細胞小器官に分類される場合もある。2000年、X線構造解析により立体構造が決定された。リボソーム フレッシュアイペディアより)

2281件中 91 - 100件表示

「タンパク質」のニューストピックワード