2281件中 11 - 20件表示
  • バイオインフォマティクス

    バイオインフォマティクスから見た蛋白質タンパク質

    さらにマイクロアレイなどの網羅的な解析技術の発展に伴って、遺伝子発現のプロファイリング、クラスタリング、アノテーション(注釈)、大量のデータを視覚的に表現する手法などが重要になってきている。こういった個別の遺伝子、タンパク質の解析等から更に一歩進み、生命を遺伝子やタンパク質のネットワークとして捉え、その総体をシステムとして理解しようとするシステム生物学という分野もある。バイオインフォマティクス フレッシュアイペディアより)

  • ダイズ

    ダイズから見たタンパク質タンパク質

    ダイズ種子には苦み成分であるサポニン(ダイズサポニン)が多く含まれており、人類の主食にまではなっていないが、植物の中では唯一肉に匹敵するだけのタンパク質を含有する特徴から、近年の世界的な健康志向の中で「ミラクルフード」として脚光を浴びている。日本・ドイツでは「畑の(牛)肉」、アメリカ合衆国では「大地の黄金」とも呼ばれている。また、日本料理やその調味料の原材料として中心的役割を果たしている(後述)。菜食主義や殺生を禁じた宗教においては植物性のタンパク源として利用され、精進料理においても重用された事で多くの加工食品が生み出された。加工食品の技術が上がるにつれて、肉を模した代替食品としても注目されている。ダイズ フレッシュアイペディアより)

  • 豆腐

    豆腐から見たタンパク質タンパク質

    豆乳に凝固剤を加えて凝固させ穴の開いた木綿豆腐用の型箱に布を敷いて流し込み圧搾・成形した豆腐。表面に布目が付くことからこの名がある。普通豆腐ともいう。英語表記はregular tofu。脱水と成型という過程を通じ水溶性ビタミンの含有量が大きく減少するもののタンパク質、カルシウム、鉄などが多く含まれている。カルシウムが欲しいなら絹よりも木綿が優れている。豆腐 フレッシュアイペディアより)

  • 栄養素

    栄養素から見たたんぱく質タンパク質

    動物が食餌を捕食することはごくありふれた行動であるが、ルイ・パスツールがアルコール発酵で証明したようにしたように、ウイルス等少数の例を別にするならば、生物が成長・繁殖細する為の物質は体外から取り込む必要があるし、生命活動を維持する為のエネルギーも生態系からの取り込みに依存している。この様な生物の外界に依存する仕組みが栄養の本質である。しかし、酸素の有無以外にも熱水噴出孔のような極限環境を含めて生物はあらゆる環境下にも生息しており、栄養素として取り込んだ物質を代謝して細胞や組織を構築する方法やエネルギー産生の方法もいろいろな方式が存在する。言い換えると生物が環境に適応する方法の一つとして取り込む物質を変化させるので、栄養素とされる物質も千差万別であり有機化合物であったり無機化合物であったりもする。分類的には有機化合物である栄養素は有機栄養素とよばれ、無機化合物である栄養素は無機栄養素ないしは栄養塩類とも呼ばれる。有機栄養素(ゆうきえいようそ、Organic nutrient)と呼ばれるものには、炭水化物、脂肪、たんぱく質(もしくは構成要素のアミノ酸)、ビタミンなどがある。また、ミネラルのような一部の無機化合物も栄養素である。栄養素 フレッシュアイペディアより)

  • 味噌

    味噌から見たタンパク質タンパク質

    主な原料は大豆であるが、穀物や麹の違いで種類が豊富である。穀物に黄麹菌などの麹菌を繁殖させた麹や塩を混ぜ合わせ、発酵させることによって大豆のタンパク質を消化しやすく分解し、旨みの元であるアミノ酸を多量に遊離する。穀物由来の麹が増えるとデンプンが糖に変わって甘味が増し、大豆が増えるとアミノ酸による旨味が増す。温暖多湿という日本の国土条件の中、職人技により製造する。現代的な食品の衛生基準との間で伝統を守りづらくなっている?。原料により豆味噌、米味噌、麦味噌など、地域、種類により赤味噌、白味噌、合わせ味噌(調合味噌)などと区別する。味噌 フレッシュアイペディアより)

  • BLAST

    BLASTから見た蛋白質タンパク質

    BLAST (Basic Local Alignment Search Tool) は、バイオインフォマティクスでDNAの塩基配列あるいはタンパク質のアミノ酸配列のシーケンスアライメントを行うためのアルゴリズムをいい、またそのアルゴリズムを実装したプログラムをいう。BLAST フレッシュアイペディアより)

  • 上皮間葉転換

    上皮間葉転換から見た蛋白タンパク質

    Eカドヘリンの消失は上皮間葉転換において不可欠なイベントと考えられている。Eカドヘリンを抑制することができる多くの転写因子をEMT-TF(上皮間葉転換誘導転写因子)と捉えることができる。SNAI1/Snail1、SNAI2/Snail2(Slug)、ZEB1、ZEB2、E47、KLF8(Kruppel-like factor 8) などはEカドヘリンのプロモーターへ結合し、その転写を抑制することができる。一方、TwistやGoosecoid、E2.2(TCF4)、ホメオボックス転写因子であるSIX1やFOXC2(fork-head box protein C)などの蛋白はEカドヘリンを間接的に抑制する。上皮間葉転換 フレッシュアイペディアより)

  • RGDモチーフ

    RGDモチーフから見たタンパク質タンパク質

    1973年、英国 王立がん研究基金 のリチャード・ハインズ(Richard O. Hynes)が細胞表面にあるタンパク質・フィブロネクチンを発見し。1976年、米国・NIH・国立がん研究所のケネス・ヤマダ(K.M. Yamada)がフィブロネクチンに細胞接着活性があることを発見した 。RGDモチーフ フレッシュアイペディアより)

  • フィブロネクチンIII型ドメイン

    フィブロネクチンIII型ドメインから見たタンパク質タンパク質

    フィブロネクチンIII型ドメイン(フィブロネクチン さんがた ドメイン 、FNIII、FN3)は、最初、フィブロネクチン(タンパク質)内部のポリペプチドの繰返し構造として発見された。その後、他の細胞外マトリックスタンパク質に類似ドメインがあること、たくさんの動物タンパク質に類似ドメインがあること、生物種を越えた酵母、植物、細菌に類似ドメインがあることから、進化の過程で保存されたタンパク質ドメインの1つだと考えられている。フィブロネクチンIII型ドメイン フレッシュアイペディアより)

  • フィブロネクチンI型ドメイン

    フィブロネクチンI型ドメインから見たタンパク質タンパク質

    フィブロネクチンI型ドメイン(フィブロネクチン いちがた ドメイン 、FNI、FN1)は、最初、フィブロネクチン(タンパク質)内部のポリペプチドの繰返し構造として発見された。その後、他のタンパク質に類似ドメインが見つかった。しかし、フィブロネクチンIII型ドメインと異なり、脊索動物にしか存在しない。さらに、縦列したフィブロネクチンI型ドメインはフィブロネクチンにしか存在しない。フィブロネクチンI型ドメイン フレッシュアイペディアより)

2281件中 11 - 20件表示

「タンパク質」のニューストピックワード