1796件中 21 - 30件表示
  • 豆腐

    豆腐から見たタンパク質タンパク質

    化学的には豆腐の凝固は豆乳の蛋白質が凝固剤によりゲル化することで起こる。したがって、豆腐は架橋された蛋白質の網目構造に多数の水分子を取り込んだ構造である(参照)。豆腐 フレッシュアイペディアより)

  • シアノコバラミン

    シアノコバラミンから見たタンパク質タンパク質

    欠乏症は、ビタミンの供給、吸収にかかわるタンパク質、このビタミンを利用する酵素の異常、など非常に複雑な要因が絡んで起こる。ビタミンB12の一日の必要量は極めて少なく(2.6?g)、また体内の備蓄量はミリグラム単位で存在するため、毎日ビタミンをとらなくてもすぐには欠乏症になることは無い。胃切除などで、ビタミンB12の吸収に必須の蛋白質が分泌されなくなると、体内の備蓄の大半を消費した頃に欠乏症が現れる。また、野菜・果物類にはほとんど含まれていないビタミンのため、極度の菜食主義でも欠乏症になることがある。シアノコバラミン フレッシュアイペディアより)

  • 食肉

    食肉から見たタンパク質タンパク質

    食肉の主な成分は水であり、他にタンパク質、脂質、無機質、ビタミンなどで構成される。食肉 フレッシュアイペディアより)

  • 草食動物

    草食動物から見た蛋白質タンパク質

    通常、植物しか食べない草食動物として思い浮かべやすい動物のひとつはウシであろう。ウシは、他の動物を捕獲することに適応した形態や器官を持たず、草をすりつぶすのに適した歯は、動物の肉を切り刻むことが困難である。動物質の食物も消化吸収は可能で、そのため効率的な成長を目指す近代牧畜ではしばしば配合飼料に動物質成分が添加される。しかし、草食動物とされる動物には、機会的にではあるが、卵や時には死体や昆虫のような他の動物質の食物を摂取し、蛋白質の補給をしていることが知られている。草食動物 フレッシュアイペディアより)

  • 草食動物

    草食動物から見たタンパク質タンパク質

    こういう仕組みであるため比較的タンパク質含量やデンプン、脂肪含量などが高い食料を摂食するものが発達させる。馬、豚、犬など反芻しないほぼ全てのほ乳類が該当する。ほ乳類では大抵は盲腸・結腸・大腸などを分解用共生生物を養う器官とする。ほ乳類で植物食性が強い場合は、馬のように大型生物では結腸を、コアラなど小型のものでは盲腸を発達させ、咀嚼粉砕する能力が高い。よく誤解されるが馬は草のみでは体の維持は困難であり、穀物や芋類、カブ、マメ科牧草などの容易に消化できる飼料を必要とする。コアラはユーカリの葉のみで体が維持できるが、きわめて不活発である。また、人間のセルロース利用能力は意外に高く、粉末にしたセルロースであればほぼ100%分解利用される。草食動物 フレッシュアイペディアより)

  • BLAST

    BLASTから見た蛋白質タンパク質

    BLAST (Basic Local Alignment Search Tool) は、バイオインフォマティクスでDNAの塩基配列あるいはタンパク質のアミノ酸配列のシーケンスアライメントを行うためのアルゴリズムをいい、またそのアルゴリズムを実装したプログラムをいう。BLAST フレッシュアイペディアより)

  • 配列データベース

    配列データベースから見た蛋白質タンパク質

    配列データベース(はいれつデータベース、 シーケンスデータベース 、英: sequence database)は、生物科学系の幅広い分野の研究に資するためにDNAの塩基配列やタンパク質のアミノ酸配列など(シーケンス)の情報を格納したデータベースである。バイオインフォマティクスにおける主要な研究開発領域の一つである。配列データベース フレッシュアイペディアより)

  • 腐敗

    腐敗から見たタンパク質タンパク質

    腐敗(ふはい)とは腐敗細菌、真菌、酵母など微生物によって、生物由来の有機物、特にタンパク質などの窒素を含んだ有機物が分解されること。腐る(くさる)とも言う。ただし分解によって、人間に都合のよい物質が生じる場合は発酵といわれる。腐敗 フレッシュアイペディアより)

  • グアニジン

    グアニジンから見たタンパク質タンパク質

    グアニジン (guanidine) は示性式が HN=C(NH2)2 の構造を持つ有機化合物。強い塩基性を持つ結晶性の固体で、グアニンの分解によって得られる。またタンパク質の代謝によって生成し、尿中にも検出される。グアニジン フレッシュアイペディアより)

  • システム生物学

    システム生物学から見たタンパク質タンパク質

    具体的に分子生物学におけるシステムとは、狭義には細胞内コンポーネントのネットワーク(遺伝情報、シグナル伝達、代謝等からなる)である。その非常に複雑なネットワークの解明は、システム生物学の一つの目標である。タンパク質間相互作用(Protein-Protein Interaction)によって形成されたネットワークもその一例だが、酵母(Saccharomyces cerevisiae)のような比較的単純なモデル生物においても、非常に多数のタンパク質が複雑に影響を及ぼしあうことが知られている。このような研究には、可視化やデータマイニングが重要な役割を果たす。システム生物学 フレッシュアイペディアより)

1796件中 21 - 30件表示

「タンパク質」のニューストピックワード