1796件中 31 - 40件表示
  • 伊藤圭祐

    伊藤圭祐から見た蛋白質タンパク質

    伊藤 圭祐(いとう けいすけ、1979年8月 - )は、日本の農芸化学者(蛋白質工学・味覚科学)。学位は博士(農学)(東京大学・2008年)。静岡県立大学食品栄養科学部助教・大学院生活健康科学研究科助教。伊藤圭祐 フレッシュアイペディアより)

  • サイトカイン

    サイトカインから見たタンパク質タンパク質

    サイトカイン (cytokine) とは、免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質で、特定の細胞に情報伝達をするものをいう。多くの種類があるが特に免疫、炎症に関係したものが多い。また細胞の増殖、分化、細胞死、あるいは創傷治癒などに関係するものがある。サイトカイン フレッシュアイペディアより)

  • 分散系

    分散系から見たタンパク質タンパク質

    凝析(ぎょうせき、Flocculation)は、分散質粒子同士が吸着集合して沈降する現象であり、イオン性物質(塩)により引き起こされる凝析は「塩析(えんせき、salting out)」と呼ばれる。一般に、分散質粒子は表面張力と同義の、分子間力の総和にあたる粒子間ファンデルワールス力引力を普遍的に有する。一方、分散質粒子の表面には組成と溶媒の極性の差による電位差が存在し、その表面電位と逆符号の対イオンによる拡散電気二重層が形成される。同種の粒子には同種の対イオン二重層を有するため、粒子が接近すると二重層が重なり合い、イオン拡散に由来するエントロピー効果によって浸透圧斥力が生じ、粒子の凝集が妨げられ分散系は安定化する(DLVO理論)。親水コロイドの場合、疎水コロイド同様に表面電荷を持つとともに、水和(溶媒和)により多数の水分子が配位しており、その立体斥力によってさらに強く反発し安定化する。保護コロイドは、表面にタンパク質等が吸着し、表面電位が変化し安定化している場合もある。DLVO理論によると、分散系にイオン性物質を加えた場合、バルクのイオン濃度が上昇するため相対的に電気二重層のイオン濃度が低下し(バルク溶媒と近くなり)、結果として浸透圧 (斥力) が弱まり、粒子間ファンデルワールス力による凝集力が優位に発現する。親水コロイドや保護コロイドは保護層を形成している水和水やタンパク質などに塩やエタノールが吸着して分散質表面から引き剥がしてから電位差が弱化されるので、より大量の凝析・塩析物質を添加する必要がある。各種ゾルに対するイオンの凝結能力(臨界ミセル濃度の逆数)で測定すると、分散系 フレッシュアイペディアより)

  • ソニック・ヘッジホッグ

    ソニック・ヘッジホッグから見たタンパク質タンパク質

    ソニック・ヘッジホッグ (Sonic hedgehog, SHH) は、ヘッジホッグ (HH) ファミリーに属する5種類のタンパク質の内の1つ。これをコーディングする遺伝子=ソニック・ヘッジホッグ遺伝子は、shhと小文字で表記する。このファミリーの他のタンパク質には、哺乳類ではデザート・ヘッジホッグ (Desert Hedgehog, DHH)、インディアン・ヘッジホッグ (Indian Hedgehog, IHH)があり、魚類ではエキドナ・ヘッジホッグ (Echidna Hedgehog, EHH) とティギーウィンクル・ヘッジホッグ (Tiggywinkle Hedgehog, TwHH) がある。ソニック・ヘッジホッグ フレッシュアイペディアより)

  • メチルトランスフェラーゼ

    メチルトランスフェラーゼから見たタンパク質タンパク質

    メチル化は大抵DNA中の核酸塩基もしくはタンパク質中のアミノ酸で起こる。メチルトランスフェラーゼはメチル基の供与体としてS-アデノシルメチオニン(SAM)の硫黄原子に結合した活性メチル基を用いる。メチルトランスフェラーゼ フレッシュアイペディアより)

  • 食事

    食事から見た蛋白質タンパク質

    [[File:Yudofu.jpg|thumb|right|240px|湯豆腐。豆腐は(安価でありながら)きわめて良質な植物性の蛋白源であり、日本人の健康に大いに貢献している、と指摘されることがある。食事 フレッシュアイペディアより)

  • ヒドロゲナーゼ

    ヒドロゲナーゼから見たタンパク質タンパク質

    ヒドロゲナーゼが触媒する水素酸化反応(2 H+ 生成) (1) は、酸素、硝酸、硫酸、二酸化炭素、フマル酸などの電子受容体の還元と対応する反応である。一方、プロトン還元反応(H2 生成) (2) は、解糖系におけるピルビン酸の発酵や、過剰電子を処理する過程で不可欠な反応である。ヒドロゲナーゼに対して生理学上の電子供与体 (D) もしくは受容体 (A) として作用することが可能である物質には、フェレドキシンやチトクロムc3、チトクロムc6 などのタンパク質や低分子化合物がある。これらの関係を反応式に表すと以下のようになる。ヒドロゲナーゼ フレッシュアイペディアより)

  • アミロイド

    アミロイドから見たタンパク質タンパク質

    アミロイド(Amyloids)はある特定の構造を持つ水に溶けない繊維状のタンパク質である(詳細な定義は本文参照)。器官にアミロイドが異常に蓄積すると、アミロイド症などの神経変性疾患の原因になると言われている。アミロイド フレッシュアイペディアより)

  • ペプチド合成

    ペプチド合成から見た蛋白質タンパク質

    その一方で、活性化されたカルボキシ基に対しては求核性をもつ他の多くの官能基も反応してしまう。アミノ酸には側鎖にカルボキシ基、ヒドロキシ基、アミノ基、スルフヒドリル基といった官能基を持つものがあるため、これらの官能基がカルボキシ基と反応を起こさないように保護しておく必要がある。また後述の通りN末端からC末端へ合成を行う場合、活性化されたカルボキシ基を持つアミノ酸自体にもα-アミノ基が存在するため、これも保護しておく必要がある。しかし、アミノ酸配列上で次のアミノ酸ユニットのカルボキシ基と反応させる時には、このα-アミノ基は脱保護しなくてはならない。ペプチド合成 フレッシュアイペディアより)

  • 山崎貞一賞

    山崎貞一賞から見たタンパク質タンパク質

    2003 実用的な無細胞タンパク質合成法の確立山崎貞一賞 フレッシュアイペディアより)

1796件中 31 - 40件表示

「タンパク質」のニューストピックワード