1796件中 41 - 50件表示
  • バイオマーカー (薬学)

    バイオマーカー (薬学)から見たタンパク質タンパク質

    薬学においてバイオマーカー(Biomarker;あるいは生物指標化合物)は、ある疾病の存在や進行度をその濃度に反映し、血液中に測定されるタンパク質等の物質を指す用語である。さらに一般的にはバイオマーカーは特定の病状や生命体の状態の指標である。NIH(アメリカ国立衛生研究所)の研究グループは1998年に「(バイオマーカーとは)通常の生物学的過程、病理学的過程、もしくは治療的介入に対する薬理学的応答の指標として、客観的に測定され評価される特性」と定義づけた。過去においては、バイオマーカーは主として血圧や心拍数など生理学的指標のことであった。近年になるとバイオマーカーは、前立腺癌の分子バイオマーカーとなる前立腺特異抗原、肝機能測定のための酵素測定などに例えられる、分子バイオマーカーの同義語となってきた。最近では、大腸癌やその他のEGFR(上皮成長因子受容体)関連癌におけるKRAS遺伝子の役割など、腫瘍学におけるバイオマーカーの有用性が注目されている。変異したKRAS遺伝子を発現している患者では、EGFRシグナル伝達経路の形成しているKRASタンパクが、常に「オン」状態である。この過剰活性したEGFRシグナル伝達は、たとえシグナル経路上流がセツキシマブなどのEGFR阻害剤でブロックされていても、シグナルが経路下流に伝達され続け、結果として癌細胞が成長し、増殖し続けることを意味する。腫瘍のKRAS状態(野生型対変異型)を試験して、患者がセツキシマブを用いた療法において効果を期待できるかが判断できる。バイオマーカー (薬学) フレッシュアイペディアより)

  • アステカ料理

    アステカ料理から見たタンパク質タンパク質

    トルティーヤやタマルの原料となるトウモロコシは石灰水に漬けるか煮込むかしてからすり潰す。この行程を、ナワトル語で灰を意味するnextliとtamalli(未完成のトウモロコシ生地、タマル)の合成語でnixtamalizationという。乾燥したトウモロコシの粒はアルカリ性の石灰水に漬け込むことですり潰しやすくなり、さらに炭水化物が大半を占めるトウモロコシに、カルシウム、鉄分、銅、亜鉛が新たな栄養素として加わる。また、元来トウモロコシに含まれているものの、人間には消化吸収できないタンパク質やナイアシン、リボフラビンなどが摂取可能になる。さらにマイコトキシン(有毒な菌類)の成長を抑えるなど、人間の食生活に取ってまことに有益である。この作業は現在メキシコにも伝承され、行程を経たトウモロコシ生地をマサと呼ぶ。アステカ料理 フレッシュアイペディアより)

  • 染色 (生物学)

    染色 (生物学)から見た蛋白質タンパク質

    染色の原理には、観察する標本に含まれている特徴的な生体分子(タンパク質、核酸、脂質、炭化水素など)に対して、特定の色素が強く結合する性質を利用したものや、特定の酵素と反応して発色する基質を用いたものなどがある。用いる色素が蛍光色素の場合、特に蛍光染色と呼ばれる。観察しようとする対象と目的に応じて、さまざまな色素を用いた染色法が考案され、利用されている。染色 (生物学) フレッシュアイペディアより)

  • X線回折

    X線回折から見たタンパク質タンパク質

    実験に用いるX線の波長が選択できる場合、その原子の異常散乱を利用することで位相を決定することも可能である。これは主にタンパク質の構造決定法で、一般的にはSeやXeの異常散乱を複数の波長で測定し、位相を決定する。特に、Seはタンパク質中にセレノメチオニンとしてメチオニンの代わりに取り込まれる性質があることから、セレノメチオニン置換タンパク質の結晶とSeの異常散乱を使った位相決定はタンパク質X線結晶構造解析で定石となっている。X線回折 フレッシュアイペディアより)

  • フーリン (タンパク質)

    フーリン (タンパク質)から見たタンパク質タンパク質

    フーリンはタンパク質であり、ヒトではFURIN遺伝子にコードされている。その遺伝子は、FESとして知られているがん遺伝子の上流にあるので、FUR(FES Upstream Region)と呼ばれ、そのためそのタンパク質はフーリン(furin)と名付けられた。フーリンはPACE(Paired basic Amino acid Cleaving Enzyme)としても知られている。フーリン (タンパク質) フレッシュアイペディアより)

  • 窒素循環

    窒素循環から見たタンパク質タンパク質

    窒素はタンパク質を構成する要素であり、さらに言えばタンパク質を構成するアミノ酸の要素である。さらにはDNAやRNAのような核酸にも含まれている。つまり窒素は生物にとって不可欠の存在であり、比較的多量に存在することが生物群集の成立には必要とされる。窒素循環 フレッシュアイペディアより)

  • メチル化

    メチル化から見たタンパク質タンパク質

    生物の機構では、メチル化は酵素によって触媒される。メチル化は重金属の修飾、遺伝子発現の調節、タンパク質の機能調節、RNA代謝に深く関わっている。また、重金属のメチル化は生物機構の外部でも起こることができる。さらに、メチル化は組織標本の染色におけるアーティファクトを減らすのに用いることができる。メチル化 フレッシュアイペディアより)

  • Foldit

    Folditから見たタンパク質タンパク質

    Foldit は、タンパク質構造予測を行うコンピュータゲームである。ワシントン大学の計算機工学部とバイオサイエンス学部(Rosetta@homeの開発に関わったメンバーなど)の共同開発によって製作され、2008年5月にベータ版として公開された。Folditは、単にゲームを楽しむという性質の他に、ゲームによってコンピュータがうまく解決できない問題(タンパク質の折りたたみ構造の解析)を解くという意味合いがある。Foldit フレッシュアイペディアより)

  • プロテオーム解析

    プロテオーム解析から見たタンパク質タンパク質

    プロテオーム解析(Proteomic analysis)、またはプロテオミクス(Proteomics)とは、特に構造と機能を対象としたタンパク質の大規模な研究のことである。タンパク質は細胞の代謝経路の重要な構成要素として生物にとって必須の物質である。「プロテオミクス」という言葉は、遺伝子を網羅的に研究する「ゲノミクス」という言葉と、タンパク質を意味する英語「プロテイン」とを合わせて作られた造語である。ゲノムがある生物の持つ全ての遺伝子のセットを表すのに対して、プロテオームはある生物が持つ全てのタンパク質のセット、またはある細胞がある瞬間に発現している全てのタンパク質のセットを意味する。プロテオーム解析 フレッシュアイペディアより)

  • MRC分子生物学研究所

    MRC分子生物学研究所から見たタンパク質タンパク質

    1947年にイギリス政府の医学研究局(Medical Research Council: MRC)が創設。タンパク質や核酸の配列決定法を確立したフレデリック・サンガーや、DNAの二重螺旋構造を発見したフランシス・クリックとジェームズ・ワトソンなど、現在までに18名のノーベル賞受賞者を輩出している。2002年にノーベル生理学・医学賞を受賞したシドニー・ブレナーが、線虫C. elegansをモデル生物として用いて研究を始めた場所でもある。2007年現在、64人の研究グループ長、200人の大学院生や博士研究員、132人の事務職員や技術職員が在籍している。2002年から2007年までの5年間で400報以上の論文を発表している。MRC分子生物学研究所 フレッシュアイペディアより)

1796件中 41 - 50件表示

「タンパク質」のニューストピックワード