2281件中 51 - 60件表示
  • 輸送タンパク質

    輸送タンパク質から見たタンパク質タンパク質

    輸送タンパク質(Transport protein)は、生体内で物質の移動の機能を果たすタンパク質である。輸送タンパク質は、全ての生物にとって成長に必須である。輸送タンパク質には複数の種類がある。キャリアタンパク質は、生体膜を通したイオンや小分子、他のタンパク質等の高分子の移動に関わっている。キャリアタンパク質は内在性膜タンパク質で膜内に存在し、ここを通して物質を移動させる。タンパク質は、促進拡散または能動輸送で物質の移動を助けていると考えられている。それぞれのキャリアタンパク質は、たった1つの物質かよく似た1群の物質のみを認識するように設計されている。研究によって、特定のキャリアタンパク質と特定の病気が関連付けられている。膜輸送体は、このようなキャリアとして働く膜タンパク質である。輸送タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • 糸球体

    糸球体から見たタンパク質タンパク質

    負に帯電する基底膜によって同じく負に帯電するタンパク質を跳ね返し、ボーマン嚢へ透過するのを防いでいる。糸球体 フレッシュアイペディアより)

  • 窒素循環

    窒素循環から見たタンパク質タンパク質

    窒素はタンパク質を構成する要素であり、さらに言えばタンパク質を構成するアミノ酸の要素である。さらにはDNAやRNAのような核酸にも含まれている。つまり窒素は生物にとって不可欠の存在であり、比較的多量に存在することが生物群集の成立には必要とされる。窒素循環 フレッシュアイペディアより)

  • ロイシンジッパー

    ロイシンジッパーから見たタンパク質タンパク質

    ロイシンジッパー (leucine zipper) はタンパク質の二次構造のモチーフの1つで、平行に並んだαヘリックスによる接着力を持つ。遺伝子発現の調整に関わるタンパク質などの二量化したドメインに共通して見られる。ロイシンジッパーは真核生物でも原核生物でも見られるが、主に真核生物の特徴である。ロイシンジッパー フレッシュアイペディアより)

  • しょっつる

    しょっつるから見たタンパク質タンパク質

    ハタハタなどの原料魚に塩を加え、1年以上かけて熟成させ作る。タンパク質が分解されたアミノ酸やペプチドを主成分とし、うま味と特有の風味を呈する。秋田県の伝統的な調味料で、江戸時代初期から製造されている。しょっつる フレッシュアイペディアより)

  • シークエンス

    シークエンスから見た蛋白質タンパク質

    生物学におけるシークエンスとは、核酸、蛋白質、糖鎖などの高分子化合物(ポリマー)において、それを構成するモノマーのつながっている順番(配列)のこと。これらの高分子化合物を構成するモノマーには、それぞれ多種類が存在し、生体内では、それがつながりあう順番を認識し区別する仕組みが存在する。これが、生体内で用いられている情報の本体であると考えられているため、それらの高分子化合物を研究対象とする場合、そのシークエンスを調べることは、最も基本的な作業のうちのひとつである。目的の分子のモノマーのシークエンスを実験により調べて決定する作業のことを、シークエンシングと呼ぶ。シークエンス フレッシュアイペディアより)

  • 細胞質基質

    細胞質基質から見たタンパク質タンパク質

    遠心分画法で上清画分に回収される流動性の成分からなり、可溶性のタンパク質やリソソーム等が含まれている。細胞質基質 フレッシュアイペディアより)

  • 毒素

    毒素から見たタンパク質タンパク質

    毒素には低分子、ペプチド、タンパク質があり、生体組織と接触あるいは吸収され、酵素あるいは受容体といった生体高分子と相互作用することにより病気を引き起こすことができる。毒素 フレッシュアイペディアより)

  • シュードモナス・フルオレッセンス

    シュードモナス・フルオレッセンスから見たタンパク質タンパク質

    P. fluorescensとその類似シュードモナス属種は熱耐性リパーゼおよびプロテアーゼを産生する。これらの酵素は、苦味の発生、カゼインの破壊、ならびにタンパク質の凝固と粘液質の生産による粘液化により牛乳の商品価値を喪失させる。また、フロログルシノール、フロログルシノールカルボン酸と2,4-ジアセチルフロログルシノールを生成する。シュードモナス・フルオレッセンス フレッシュアイペディアより)

  • ヨハンネス・ムルデル

    ヨハンネス・ムルデルから見たタンパク質タンパク質

    ヨハンネス・ムルデル(Gerardus Johannes Mulder、1802年12月27日 - 1880年4月18日)は、オランダの有機化学者、分析化学者である。タンパク質が同じ化学記号で表すことができ、植物が作成し、草食動物がそれを食べ、肉食動物へ不変のまま受け渡されるという「プロテイン説」を唱えた。ヨハンネス・ムルデル フレッシュアイペディアより)

2281件中 51 - 60件表示

「タンパク質」のニューストピックワード