2281件中 71 - 80件表示
  • システム生物学

    システム生物学から見たタンパク質タンパク質

    具体的に分子生物学におけるシステムとは、狭義には細胞内コンポーネントのネットワーク(遺伝情報、シグナル伝達、代謝等からなる)である。その非常に複雑なネットワークの解明は、システム生物学の一つの目標である。タンパク質間相互作用(Protein-Protein Interaction)によって形成されたネットワークもその一例だが、酵母(Saccharomyces cerevisiae)のような比較的単純なモデル生物においても、非常に多数のタンパク質が複雑に影響を及ぼしあうことが知られている。このような研究には、可視化やデータマイニングが重要な役割を果たす。システム生物学 フレッシュアイペディアより)

  • ラクトースオペロン

    ラクトースオペロンから見たタンパク質タンパク質

    オペロンには、タンパク質をコードした構造遺伝子 structural gene およびそれらの発現を制御する 調節遺伝子 regulator gene があるが、このページではその例の一つを解説する。ラクトースオペロンはlacZYAともいわれるが、これはラクトースオペロンがラクトース代謝系の3つの構造遺伝子lacZ、lacY、lacAから構成されているためである。ラクトースオペロン フレッシュアイペディアより)

  • リボソームRNA

    リボソームRNAから見たタンパク質タンパク質

    ヒトにおいてはこのうち28S、5.8S、18S RNAは一つの転写単位に由来する。これはrRNA前駆体と呼ばれる約2 kbのRNAであり、RNAポリメラーゼIによって核小体で転写される。転写されたrRNA前駆体は、snoRNAなどの様々なRNAやタンパク質の働きをうけて、不要な部分が取り除かれ、また修飾を受けてrRNAになる。一方、5S RNAはRNAポリメラーゼIIIにより転写される。リボソームRNA フレッシュアイペディアより)

  • 翻訳 (生物学)

    翻訳 (生物学)から見たタンパク質タンパク質

    分子生物学などにおいては、翻訳(ほんやく、Translation)とは、mRNAの情報に基づいて、タンパク質を合成する反応を指す。本来は細胞内での反応を指すが、細胞によらずに同様の反応を引き起こす系(無細胞翻訳系)も開発されている。翻訳 (生物学) フレッシュアイペディアより)

  • 内在性レトロウイルス

    内在性レトロウイルスから見たタンパク質タンパク質

    レトロウイルスの複製サイクルには、ウイルスのゲノムをDNAに転写したものが宿主の細胞核ゲノムに挿入される(組み込まれる)ことが必要である。ほとんどのレトロウイルスは体細胞に感染するが、生殖細胞(卵子や精子を生産する細胞)に感染することも起こりうる。稀に、レトロウイルスが存可能な生物個体に発生することがある。この個体は自己のゲノムに組込まれた形でレトロウイルスのゲノム、つまり内在性レトロウイルス (endogenous retrovirus, ERV) を持ち、そのたちは新しい対立遺伝子としてそれを遺伝的に受け継ぐこととなる。多くのERVが宿主のゲノム内に何百万年も残っている。しかし、ほとんどは宿主のDNA複製の際に不活性化突然変異を受け、もはやウイルスを生産する能力は失っている。 ERVはまた、recombinational deletion と呼ばれる、新たに組込まれたレトロウイルスと隣接する同一の配列との組み換えによりウイルスゲノム内部のタンパク質コーディング領域が削除されるプロセスにより、部分的に切除されることもある。内在性レトロウイルス フレッシュアイペディアより)

  • 鹿肉

    鹿肉から見たタンパク質タンパク質

    日本では鹿肉の流通や消費はヨーロッパと比べて非常に少ない。日本の各地で、貴重なタンパク質、また薬肉として、鹿肉が食料とされてきた。北海道ではハンターによりエゾシカが捕獲され個人的に食肉として利用されているに過ぎなかった。しかし、1990年代後半から2000年代になって北海道にて増えすぎたエゾシカによる問題(農林業被害や交通事故)が顕著になり、このエゾシカを資源として利用しようとする取り組みが活発化している。エゾシカ肉は主にジンギスカンとして利用されることが多いが、淡泊でくせが少ないために様々な味付けで煮物・焼肉などの料理に使える。エゾシカ肉のカロリーは、牛肉・豚肉に比べて約3分の1、タンパク質はおよそ2倍。脂質は10分の1以下、鉄分は3倍と栄養面でも優れている。鹿肉 フレッシュアイペディアより)

  • シグナル伝達

    シグナル伝達から見たタンパク質タンパク質

    セカンドメッセンジャー:cAMP、cGMP、カルシウムイオン、イノシトールトリスリン酸、ジアシルグリセロールなどの低分子化合物。それぞれ特異的なタンパク質に結合してその活性を変化させることでシグナルを伝える。シグナル伝達 フレッシュアイペディアより)

  • 緑色蛍光タンパク質

    緑色蛍光タンパク質から見たタンパク質タンパク質

    緑色蛍光タンパク質(りょくしょくけいこうタンパクしつ、、GFP)はオワンクラゲがもつ分子量約27 kDaの蛍光性をもつタンパク質である。1960年代に下村脩によってイクオリンとともに発見・分離精製された。下村はこの発見で2008年にノーベル化学賞を受賞した。緑色蛍光タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • アロステリック効果

    アロステリック効果から見たタンパク質タンパク質

    アロステリック効果(アロステリックこうか)とは、タンパク質の機能が他の化合物(制御物質、エフェクター)によって調節されることを言う。主に酵素反応に関して用いられる用語であるが、近年、Gタンパク質共役受容体 (GPCR) を中心とする受容体タンパク質の活性化制御において、アロステリック効果を示す化学物質 (アロステリックモジュレーター) の存在が知られるようになってきた。アロステリック効果 フレッシュアイペディアより)

  • FKBP

    FKBPから見たタンパク質タンパク質

    FKBPあるいはFK506結合タンパク質(エフケイ506けつごうタンパクしつ)は、プロリルイソメラーゼ活性を持ち、シクロフィリンと機能的に類似しているがアミノ酸配列の点では類似していないタンパク質ファミリーである。FKBP類は、酵母からヒトまで多くの真核生物において同定されており、プロリン残基を含むタンパク質のためのタンパク質フォールディングシャペロンとして機能している。シクロフィリンと共に、FKBP類はイムノフィリンファミリーに属している。FKBP フレッシュアイペディアより)

2281件中 71 - 80件表示

「タンパク質」のニューストピックワード