1796件中 81 - 90件表示
  • セレン

    セレンから見た蛋白質タンパク質

    セレノシステイン - アミノ酸の1種、特殊なタンパク質中に見出されるセレン フレッシュアイペディアより)

  • ビタミンC

    ビタミンCから見たタンパク質タンパク質

    ビタミンCは、コラーゲンの合成に深く関与している。プロリン・リジンを含めた形でコラーゲンのタンパク質が合成され、タンパク鎖が形成された後で酸化酵素によりプロリン・リジンがそれぞれヒドロキシ化を受けてヒドロキシプロリン・ヒドロキシリジンに変化し、これらは水素結合によってタンパク鎖同士を結び、コラーゲンの3重螺旋構造を保つ働きがある。またこの反応の際にはビタミンCを補酵素として必要とするため、ビタミンCを欠いた食事を続けていると正常なコラーゲン合成ができなくなり、壊血病を引き起こすものである。ビタミンC フレッシュアイペディアより)

  • メレンゲ (菓子)

    メレンゲ (菓子)から見たタンパク質タンパク質

    メレンゲは泡立てすぎると、ぼそぼその部分とさらさらの部分、すなわちタンパク質と水分が分離してしまう(離水)。メレンゲ (菓子) フレッシュアイペディアより)

  • ウェスタンブロッティング

    ウェスタンブロッティングから見たタンパク質タンパク質

    ウェスタンブロッティング (Western blotting; WB) は電気泳動によって分離したタンパク質を膜に転写し、任意のタンパク質に対する抗体でそのタンパク質の存在を検出する手法。別名ウェスタンブロット法(Western blot analysis)。サザンブロッティング(南)、ノーザンブロッティング(北)の流れから、半ばジョークで命名されている(ちなみに様々な手法に「イースタン」と名付けられているが、確立したものはない)。前二者は核酸どうしの相補性を利用しているが、本法は抗体の特異性によって目的のタンパク質分子を区別している。よってイムノブロット (immunoblot; IB) とも呼ばれる。生命科学の研究者の間では、単に「ウェスタン」といえばこれを指す。ウェスタンブロッティング フレッシュアイペディアより)

  • スズメバチ

    スズメバチから見たタンパク質タンパク質

    大きなものでは一抱えもあるようなサイズとなる。この外被は働き蜂の造巣活動によって次第に皿状に湾曲したうろこを重ねたように空隙を抱えながら厚くなっていき、優れた保温効果を持つようになる。さらに、働き蜂は、ある程度厚くなった外被の内側の巣材を削り取ってさらにタンパク質などを含んだ唾液で練り直し、より強靭な巣盤の材料として内部の営巣部の拡張を行う。スズメバチ フレッシュアイペディアより)

  • パン

    パンから見たタンパク質タンパク質

    小麦粉には様々な種類があるが、パン作りに主に使用されるものは強力粉である。これは、強力粉にはグルテンが多く含まれるためよく膨らみ、ふっくらとしたパンを作ることができるためである。これに対し、あまり膨らませる必要がなくどっしりとしたフランスパンなどを作る際には、強力粉より1%ほどタンパク質の少ない準強力粉(フランス粉)が使用される。パン フレッシュアイペディアより)

  • アズキ

    アズキから見たタンパク質タンパク質

    アズキの約20%はタンパク質で、栄養価が高いほか、赤い品種の皮にはアントシアニンが含まれ、亜鉛などのミネラル分も豊富である。アズキ フレッシュアイペディアより)

  • 脂肪

    脂肪から見たタンパク質タンパク質

    脂肪のカロリーは9kcal/gであり、炭水化物、タンパク質の4kcal/gよりも単位重量あたりの熱量が大きく、哺乳類をはじめとして動物の栄養の摂取や貯蔵方法として多く利用されている。脂肪 フレッシュアイペディアより)

  • 小腸

    小腸から見たタンパク質タンパク質

    小腸の内側粘膜は輪状ヒダを持つ。これは十二指腸上部から段々と増え、空腸の前部で顕著に発達しており、回腸に至ると不規則かつ小さくなりながら末端で見られなくなる。粘膜には高さ0.5~1.2mm程度の突起である腸繊毛がある。これは1mm2あたり30本もの密集状態にあり、小腸全体では500万本以上が存在する。腸繊毛の中には毛細リンパ管が1本通り、それを毛細血管が取り囲んだ構造がある。腸繊毛表面にあるワイングラス型の杯細胞は、長さ1μm、太さ0.1μm、細胞1個あたり約600本の微繊毛で覆われている。栄養分はこの微繊毛の表面で吸収されるため、小腸の内壁面積は輪状ヒダが3倍、腸繊毛で10倍、微繊毛で20倍まで広げられており、総面積は200m2と体表の100倍になる。小腸で吸収される糖質とタンパク質は血管に吸収され肝臓に運ばれる。脂質はリンパ管が取り込む。腸繊毛の隙間には腸腺(リーベルキューン腺)が分泌を行うための小さな開口部がある。小腸 フレッシュアイペディアより)

  • 消化

    消化から見たタンパク質タンパク質

    消化の過程を得て、糖質はグルコース、タンパク質はアミノ酸、脂肪は脂肪酸・グリセロール・モノアシルグリセロールへとそれぞれ分解される。これはどの動物にほいてもほぼ同じである。消化 フレッシュアイペディアより)

1796件中 81 - 90件表示

「タンパク質」のニューストピックワード