178件中 111 - 120件表示
  • タンパク質

    タンパク質から見た代謝

    代謝などの化学反応を起こさせる触媒である酵素。細胞内で情報を伝達する多くの役目も担う。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た日本語

    「蛋白質」の「蛋」とは卵のことを指し、卵白(蛋白)がタンパク質を主成分とすることによる。これは「protain」がドイツ語で「Eiweiß(卵白)」と訳され、これが日本語に直訳されたと考えられる。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た元素

    食物として摂取したタンパク質は消化の過程でアミノ酸にまで分解され吸収され、体内で再びタンパク質へ構成される。このタンパク質を作る基本物質であるアミノ酸は、炭素元素を中心に水溶液中でマイナスに荷電するアミノ基とプラスに荷電するカルボキシル基を持ち、残り2箇所に水素と側鎖と呼ばれる分子構造を持つ。タンパク質をつくるアミノ酸は20種類あるが、これらの差は側鎖の形状の違いで分けられる。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たABO式血液型

    タンパク質が付随させる糖は単糖からなる糖鎖であり、アミノ酸アスパラギンの残基に、N-アセチルグルコサミンとマンノースが繋がったコア構造という土台の先に、分岐も含め多様な構造をつくる。ただし、このようにタンパク質に接続する単糖の種類は9種しか見つかっていない。例えば赤血球の細胞膜をつくるタンパク質に繋がる糖鎖の種類が、ABO式血液型を決定づけている。この糖鎖は、その種類ごとに異なるレクチンという他のタンパク質があり、この組み合わせで情報交換を行う役割を担っている。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た共有結合

    特定のアミノ酸配列に対して、存在しうる安定な高次構造が複数存在するにもかかわらず、生体内では特定の遺伝子から特定の機能を持つ高次構造をとったタンパク質が合成できるかは、必ずしも明らかではない。クリスチャン・アンフィンセンの実験などで判明した多くのタンパク質が変性した後にもその高次構造の再生が可能なことから、一次構造それ自体が、高次構造のかなりの部分を決めていることは疑いがなく、これは「アンフィンセンのドグマ」と呼ばれる。しかし、先のタンパク質の再生は数時間かかる操作(実際には、二次構造の畳み込みはかなり迅速に起こっていて、三次構造の確定に時間がかかるらしい)であるのに対し、生体内でのタンパク質の合成は数十秒から一分で完了する。さらに、発見された「アンフィンセンのドグマ」に反する事例からも、タンパク質分子を高速に畳み込み、正しい高次構造へと導く因子の存在が考えられている(例:タンパク質ジスルフィドイソメラーゼ、プロリンシストランスイソメラーゼ、分子シャペロン)。また、生体内では間違った立体構造をしているタンパク質はそのタンパク質のLysのアミノ基にポリユビキチンが共有結合で結合した後に、プロテアソームによって分解される。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た化学反応

    代謝などの化学反応を起こさせる触媒である酵素。細胞内で情報を伝達する多くの役目も担う。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たアミノ基

    食物として摂取したタンパク質は消化の過程でアミノ酸にまで分解され吸収され、体内で再びタンパク質へ構成される。このタンパク質を作る基本物質であるアミノ酸は、炭素元素を中心に水溶液中でマイナスに荷電するアミノ基とプラスに荷電するカルボキシル基を持ち、残り2箇所に水素と側鎖と呼ばれる分子構造を持つ。タンパク質をつくるアミノ酸は20種類あるが、これらの差は側鎖の形状の違いで分けられる。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たローリー法

    またより簡便な方法としては、紫外部吸光度法、アミド結合(ペプチド結合)の検出を用いたビウレット法、それにフェノール性水酸基等の検出を組み合わせたローリー法、色素との結合を観測するブラッドフォード法などがある。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たエンタルピー

    温度が変化すると、変性エンタルピー\Delta H_{\rm d}や変性エントロピー\Delta S_{\rm d}は急激に変化するが、それらの変化の大部分は相殺して \Delta G_{\rm d} に寄与しない(エンタルピー・エントロピー相殺)。変性熱容量変化\Delta C_{p,\rm d}は正の値を持ち、タンパク質内部のアミノ酸残基(疎水性アミノ酸が多い)の水和に伴う水和水の熱容量変化によるものであると考えられている。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たアポリポタンパク質

    何かを運ぶ機能を持つ種類で、酸素を運ぶ赤血球中のヘモグロビンや血液中に存在し脂質を運ぶアルブミン、コレステロールを運ぶアポリポタンパク質などが当たる。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

178件中 111 - 120件表示

「タンパク質」のニューストピックワード