184件中 131 - 140件表示
  • タンパク質

    タンパク質から見たカルシウム

    DNAのエンハンサーと結合して遺伝発現を調整するタンパク質や、細胞内でカルシウムを使って他のたんぱく質の働きを調整するカルモジュリンなどが当たる。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たオボアルブミン

    栄養の貯蔵に関与するタンパク質であり、卵白中のオボアルブミンや細胞中で鉄イオンを貯蔵するフェリチンやヘモシデリンなどである。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た筋肉

    運動に関与するタンパク質。筋肉を構成する筋原繊維のアクチン、ミオシンなど。細長いフィラメントを構成し、互いが滑りあう事で筋肉の収縮や弛緩を起こす。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たアミド結合

    またより簡便な方法としては、紫外可視近赤外分光法、アミド結合(ペプチド結合)の検出を用いたビウレット法、それにフェノール性水酸基等の検出を組み合わせたローリー法、色素との結合を観測するブラッドフォード法などがある。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たスウェーデン

    、、 、 はギリシア語で「第一の」を意味する prōteîos から採られた。1838年にオランダの化学者ヨハンネス・ムルデルが、スウェーデンの化学者イェンス・ベルセリウスから助言を受け、窒素を非常に多く含む生物の基本要素と考えてこの名称をつけた。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たミオシン

    運動に関与するタンパク質。筋肉を構成する筋原繊維のアクチン、ミオシンなど。細長いフィラメントを構成し、互いが滑りあう事で筋肉の収縮や弛緩を起こす。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た酸素

    タンパク質は炭素、酸素、窒素、水素(重量比順)を必ず含む。どのようなアミノ酸から構成されているかによって、組成比は多少異なる。しかしながら、生体材料においては窒素の重量比が16%前後の値をとることが多いため、窒素量Nの6.3倍を粗蛋白量と定義する。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た生化学

    栄養学ではタンパク質全体の量を測定することが重要であり、また生化学で特定のタンパク質を分離精製した際にも、それがどの程度の量であるかを求める必要がある。これらのために一般的なタンパク質の定量分析法が多数開発されている。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たプロテオーム

    生体のタンパク質を構成するアミノ酸は20種類あるが、それが3つ連結したペプチドだけでも約203=8,000通りの組み合わせがあり得る。タンパク質については、その種類は数千万種と言われる。生物の遺伝子(ゲノム)から作られるタンパク質ひとそろいのセットは、プロテオームと呼ばれるが、ヒトゲノムの塩基配列解読が終わった今、プロテオームの解析(プロテオミクス)が盛んに進められている。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た魚類

    逆に低温で機能を失わないタンパク質は不凍タンパク質と呼ばれ、魚類から発見され1969年に単離に成功した。このタンパク質が低温で活動できるメカニズムは、氷晶核が形成されにくい構造を持つためと考えられる。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

184件中 131 - 140件表示

「タンパク質」のニューストピックワード