178件中 61 - 70件表示
  • タンパク質

    タンパク質から見たルシャトリエの原理

    タンパク質は圧力変化によって変性することが知られている。通常のタンパク質は常圧(0.1 MPa)近傍でもっとも安定であり、数100MPa程度で変性する。キモトリプシンは例外的であり、100 MPa 程度でもっとも安定である。そのため、温度によっては変性状態にあるものが加圧によって巻き戻ることがある。圧力変性は天然状態よりも変性状態の体積が小さいために起こるものであり、ルシャトリエの原理で説明できる。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たGFP

    その他、よく知られたタンパク質に下村脩が発見した蛍光に関わる提灯形状のタンパク質であるGFPやRFPなどがある。特定波長域の励起光を受けると蛍光を発する。一部の生物(オワンクラゲ, スナギンチャクなど)にみられる。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たシート

    鎖状のポリペプチドは、それだけではタンパク質の機能を持たない。一次構造で並んだ側鎖が相互作用で結びつき、ポリペプチドには決まった2種類の方法で結びついた箇所が生じる。1つはαヘリックス(螺旋構造)と呼ばれ、あるアミノ酸残基の酸素と、4つ離れた残基の水素の結びつきを基礎に、同じ事が順次起こってポリペプチドにらせん構造をつくる。もう1つのβシートとは、ポリペプチドの一部が折り畳まれ、それぞれの水素と酸素残基が結合してつくるシート状の構造である。これらは「二次構造」と呼ばれる。水素結合やファンデルワールス力などによるこの畳み込みはフォールディング(folding)と呼も呼ばれる。結合エネルギーが比較的低いため、簡単な処理によって構造を変性させやすい。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た三大栄養素

    タンパク質は、炭水化物、脂質とともに三大栄養素と呼ばれる。タンパク質は身体をつくる役割も果たしている。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た栄養素

    タンパク質の栄養素としての価値は、それに含まれる必須アミノ酸の構成比率によって優劣がある。これを評価する基準としては、動物実験によって求める生物価とタンパク質正味利用率、化学的に、タンパク質を構成するアミノ酸の比率から算出するプロテインスコア、ケミカルスコア、アミノ酸スコアがある。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た二次構造

    二次構造 - αヘリックス、βシート、ランダム構造タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たジヨードチロシン

    このほか、システイン、シスチン、必須アミノ酸であるメチオニンに由来する硫黄の組成比が高く、さらにリン酸の形でタンパク質に結合されているリンも多い。ジブロモチロシンに由来する臭素、ジヨードチロシン、トリヨードチロシン、チロキシンに由来するヨウ素がわずかに含まれることがある。ヘモグロビンや多くの酵素に含まれる鉄、銅や、一部の酸化還元酵素に含まれるセレン(セレノシステインの形をとる)などもある。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た水酸基

    またより簡便な方法としては、紫外部吸光度法、アミド結合(ペプチド結合)の検出を用いたビウレット法、それにフェノール性水酸基等の検出を組み合わせたローリー法、色素との結合を観測するブラッドフォード法などがある。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たオワンクラゲ

    その他、よく知られたタンパク質に下村脩が発見した蛍光に関わる提灯形状のタンパク質であるGFPやRFPなどがある。特定波長域の励起光を受けると蛍光を発する。一部の生物(オワンクラゲ, スナギンチャクなど)にみられる。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た抗体

    免疫機能に関与する種類であり、抗体とも言われる。B細胞によって作られるグロブリンがこれに当たる。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

178件中 61 - 70件表示

「タンパク質」のニューストピックワード