178件中 81 - 90件表示
  • タンパク質

    タンパク質から見たスナギンチャク

    その他、よく知られたタンパク質に下村脩が発見した蛍光に関わる提灯形状のタンパク質であるGFPやRFPなどがある。特定波長域の励起光を受けると蛍光を発する。一部の生物(オワンクラゲ, スナギンチャクなど)にみられる。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たリン酸

    このほか、システイン、シスチン、必須アミノ酸であるメチオニンに由来する硫黄の組成比が高く、さらにリン酸の形でタンパク質に結合されているリンも多い。ジブロモチロシンに由来する臭素、ジヨードチロシン、トリヨードチロシン、チロキシンに由来するヨウ素がわずかに含まれることがある。ヘモグロビンや多くの酵素に含まれる鉄、銅や、一部の酸化還元酵素に含まれるセレン(セレノシステインの形をとる)などもある。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た自由エネルギー

    タンパク質の立体構造安定性は天然状態と変性状態の自由エネルギーの差 \Delta G_{\rm d}(変性自由エネルギー)で決まる。なお、温度依存性を議論する場合には、安定性の指標として exp(-\Delta G_{\rm d}/kT) が用いられることもある。通常、タンパク質の安定性は、温度、圧力、溶媒条件等に依存する。従って、それらの条件をある程度変化させると、タンパク質は変性する。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た不凍タンパク質

    逆に低温で機能を失わないタンパク質は不凍タンパク質と呼ばれ、魚類から発見され1969年に単離に成功した。このタンパク質が低温で活動できるメカニズムは、氷晶核が形成されにくい構造を持つためと考えられる。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たオランダ

    独語, 英語「Protein」(仏語「Protéine」, スペイン語「Proteína」)はギリシア語で「第一の」を意味する「proteios」から採られた。1838年にオランダの化学者ヨハンネス・ムルデルが、スウェーデンの化学者イェンス・ベルセリウスから助言を受け、窒素を非常に多く含む生物の基本要素と考えてこの名称をつけた。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たイエローストーン国立公園

    イエローストーン国立公園では、熱水の中で生育する細菌が発見されている。このような高温環境で生きられる生物のタンパク質にはどのような特徴があるか、全貌は解明されておらず、外見上も他のタンパク質と差は認められない。分析の結果、熱に弱いアミノ酸(アスパラギン・システイン・メチオニンなど)の含有量が比較的少なく、逆にプロリンが多く含まれていることが判明した。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た皮蛋

    「蛋」という漢字は、例えば皮蛋のように中国ではよく使われる字であるが、日本ではあまり普及していない。そのため栄養学者の川島四郎が「蛋白質」では分かりにくいとして「卵白質」という語を使用したが、一般的に利用されるにはいたらなかった。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た脱水縮合

    タンパク質はアミノ酸のポリマーである。その基本的な構造は2つのアミノ酸のカルボキシル基 (−COOH) が別のアミノ酸のアミノ基(−NH2)と水素原子を1つ放出する脱水縮合(ペプチド結合)を起こして酸アミド結合(−CO−NH−)を形成することでできる鎖状である。また、システイン残基がしばしばジスルフィド結合(S−S)の架橋構造をつくることもある。このポリマーの末端の結合していない部分は、アミノ基側をN末端、カルボキシル基 側をC末端とよぶ。この時、一列のアミノ酸の脇には側鎖が並ぶ事になり、この配列の数や順序を指してタンパク質の「一次構造」とよぶ。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見たX線結晶構造解析

    上記のようなタンパク質の高次構造は、X線結晶構造解析、NMR(核磁気共鳴)、電子顕微鏡などによって測定されている。また、タンパク質構造予測による理論的推定なども行われている。タンパク質の立体構造と機能は密接な関係を持つことから、それぞれのタンパク質の立体構造の解明は、その機能を解明するために重要である。いずれ、ほしい機能にあわせてタンパク質の立体構造を設計し、合成できるようになるだろうと考えられている。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

  • タンパク質

    タンパク質から見た脳卒中

    炭水化物とタンパク質の摂取量によって10段階に分けて分析し、炭水化物の摂取量が1段階減り、タンパク質の摂取量が1段階増えるごとに、心筋梗塞や脳卒中の発症のリスクが4%ずつ増え、低炭水化物・高タンパク質のグループでは、そうでないグループに比べて発症リスクが最大1.6倍高まったとの報告がある。タンパク質 フレッシュアイペディアより)

178件中 81 - 90件表示

「タンパク質」のニューストピックワード