タンブリング ニュース&Wiki etc.

タンブリングとは、床やマットの上で跳躍や回転を行う運動である。独立した大会競技種目としては、タンブリング台(タンブリングバーン)という弾みやすい長い床の上を通過しながら連続で演技を行うものをいう。チアリーディングや男子新体操の演技の中にも床上での跳躍・回転としてタンブリングが組み込まれている。 (出典:Wikipedia)

「タンブリング」Q&A

  • Q&A

    以前から右手首が痛いです。 何かしていると痛いという訳ではなく手首全体に痛みがじわじ…

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月27日 22:28

  • Q&A

    ゆる体操でいう、センター感覚(正中線)というものは、どうすれば身につきますか? とい…

    [続きを読む]

    回答数:1質問日時 - 2016年10月27日 19:52

  • Q&A

    https://m.youtube.com/watch?v=miK8yb00y1U …

    [続きを読む]

    回答数:2質問日時 - 2016年10月24日 01:30

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「タンブリング」のつながり調べ

  • 柳家小里ん

    柳家小里んから見たタンブリング

    東京都立江北高等学校卒業。高校時代は落語研究会で活躍するほか体操部にも所属。高校3年の時、高校総体に出場。タンブリングという種目で金メダルを取った。浅草演芸ホールで毎年行われている吉例納涼住吉踊りでトンボを切るなど抜群の運動神経の持ち主である。(柳家小里ん フレッシュアイペディアより)

  • 組体操

    組体操から見たタンブリング

    日本ではタンブリングやスタンツと呼ばれる場合もある。タンブリングとは床運動を基礎とした集団で行う近代リズム体操である。女子6人から30人位で行われるこの種の競技は日本語で「団体徒手体操」(aesthethic group gymnastics、AGG、美的集団体操の意味)と呼ばれることもあり、欧米ではスポーツクラブによる競技会が開かれている。日本で生まれ世界に広がった男子新体操 (日本英語でmens rhythmic gymnastic、欧米英語でJapanese group gymnastics) は、男子6人程度で行われるAGGに似た競技である。スタンツとは軽業を意味する米国の俗語であり (スタントマンを参照) 、一人または数人で行われる小規模な演技である。四人程度でおこなわれるアクロバット体操 (acrobatic gymnastics) がこれに似る。(組体操 フレッシュアイペディアより)

「タンブリング」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ