157件中 21 - 30件表示
  • ダイアモンドユカイ

    ダイアモンドユカイから見たダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイ

    ダイアモンドユカイ フレッシュアイペディアより)

  • ダイアモンド・ユカイ

    ダイアモンド・ユカイから見たダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイ

    ダイアモンド・ユカイ フレッシュアイペディアより)

  • 田所豊

    田所豊から見たダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイ

    田所豊 フレッシュアイペディアより)

  • DIAMOND☆YUKAI

    DIAMOND☆YUKAIから見たダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイ

    DIAMOND☆YUKAI フレッシュアイペディアより)

  • 7th

    7thから見たダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイ

    作詞:ダイアモンド☆ユカイ、作曲:木暮武彦7th フレッシュアイペディアより)

  • LADY BLUE

    LADY BLUEから見たダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイ

    作詞:ダイアモンド☆ユカイ、作曲:木暮武彦LADY BLUE フレッシュアイペディアより)

  • KING'S

    KING'Sから見たダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイ

    「SHAKIN' FUNKY NIGHT」では、木暮武彦が初のリード・ボーカルを担当。「PARTY IS OVER」の歌詞は、ダイアモンド☆ユカイが映画『TOKYO-POP』に出演した時の思い出を元に書かれた。自伝的な内容の「IT'S ALL RIGHT」は、アンプラグドのスタイルで演奏されており、ダイアモンド☆ユカイがウクレレやカズーを演奏している。KING'S フレッシュアイペディアより)

  • Swingin' Daze

    Swingin' Dazeから見たダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイ

    RED WARRIORSの解散が決定的となっていた頃に制作され、オリジナル・ラインナップによる最後のスタジオ・アルバムとなった。キーボードを多用し、サイケデリック・ロック色の強い音楽性。本作制作当時、ダイアモンド☆ユカイは黒魔術への関心を強めており、そのことは「DANCE MACABRE」等の歌詞に反映されている。Swingin' Daze フレッシュアイペディアより)

  • ダイアモンド✡ユカイ

    ダイアモンド✡ユカイから見たダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイ

    ダイアモンド✡ユカイ フレッシュアイペディアより)

  • エディ藩

    エディ藩から見たダイアモンド☆ユカイダイアモンド☆ユカイ

    ダイアモンド☆ユカイ(エディ藩作曲の「横浜ホンキー・トンク・ブルース」をカバー)エディ藩 フレッシュアイペディアより)

157件中 21 - 30件表示

「ダイアモンド☆ユカイ」のニューストピックワード