55件中 21 - 30件表示
  • ダイエット

    ダイエットから見た空腹

    高タンパク質の食事を摂取すると、飢餓抑制ホルモンであるペプチドYY(PYY)のレベルが増大し、高脂肪、高炭水化物の食事と比較して、空腹感も大幅に抑えられるとした。ダイエット フレッシュアイペディアより)

  • ダイエット

    ダイエットから見た食餌療法

    ダイエット(Diet)とは、肥満の防止・解消のために取り組む食事療法を意味する。現代日本語では、痩せるために行う運動もダイエットの一環と考えることがあるが、それについての記述は「痩身」の項に譲り、本項では、本来的な意味である減量のための食餌療法のみを扱う。ダイエット フレッシュアイペディアより)

  • ダイエット

    ダイエットから見た脂肪細胞

    アトキンスダイエットでは低炭水化物ダイエットを行っている。通常、食事で炭水化物を摂取し血糖値が上がると、膵臓からインスリンが出されて、血糖をグリコーゲンに変換し筋肉などに蓄える。そして、運動するときのエネルギーとしてグリコーゲンを使う。さらに、筋肉に蓄える分が一杯になると、今度は中性脂肪として脂肪細胞に蓄える。そして、血糖値が下がる。しかし、このメカニズムはインスリン抵抗性が高まっていると正常に働かなくなる。肥満になるほどインスリン抵抗性が高まり、インスリンが多く作られ高インスリン血症となる。このため脂肪として蓄えられやすく悪循環になってしまう。また、血糖値が下がり低血糖症になるため、体はエネルギーが足りないと感じ、食欲が出てくる。この状態を「炭水化物中毒」と呼んでいる。インスリンのメカニズムが暴走し、甘いものが見境いなく欲しくなる状態である。また低血糖症の時には気分が優れない。インスリンをつくりすぎて膵臓が疲れると、インスリンを作れなくなり血糖値を下げることができない糖尿病になる。最終的にはインスリンの注射が必要になる。実際、BMIが30以上の肥満者を対象にした研究では、エネルギー制限を行わない高脂質食/低炭水化物食の方がエネルギー制限を行った低脂質食/高炭水化物食よりもより強い体重低下作用が認められている。ダイエット フレッシュアイペディアより)

  • ダイエット

    ダイエットから見たカーボパーティ

    低血糖症における糖分摂取、持久走など運動の前に行う炭水化物を主体とした食物の摂取(カーボパーティ)、鉄欠乏性貧血の場合に鉄分を多く含む食物の摂取、便秘症の場合の食物線維豊富な食事の推奨、美容のために各種ビタミン類を多く含む食物の摂取など。場合によっては保健機能食品によって不足分を補うこともある。手軽なため流行しているが、本来は日常の食事で補うべきものである。ダイエット フレッシュアイペディアより)

  • ダイエット

    ダイエットから見た血糖値

    アトキンスダイエットでは低炭水化物ダイエットを行っている。通常、食事で炭水化物を摂取し血糖値が上がると、膵臓からインスリンが出されて、血糖をグリコーゲンに変換し筋肉などに蓄える。そして、運動するときのエネルギーとしてグリコーゲンを使う。さらに、筋肉に蓄える分が一杯になると、今度は中性脂肪として脂肪細胞に蓄える。そして、血糖値が下がる。しかし、このメカニズムはインスリン抵抗性が高まっていると正常に働かなくなる。肥満になるほどインスリン抵抗性が高まり、インスリンが多く作られ高インスリン血症となる。このため脂肪として蓄えられやすく悪循環になってしまう。また、血糖値が下がり低血糖症になるため、体はエネルギーが足りないと感じ、食欲が出てくる。この状態を「炭水化物中毒」と呼んでいる。インスリンのメカニズムが暴走し、甘いものが見境いなく欲しくなる状態である。また低血糖症の時には気分が優れない。インスリンをつくりすぎて膵臓が疲れると、インスリンを作れなくなり血糖値を下げることができない糖尿病になる。最終的にはインスリンの注射が必要になる。実際、BMIが30以上の肥満者を対象にした研究では、エネルギー制限を行わない高脂質食/低炭水化物食の方がエネルギー制限を行った低脂質食/高炭水化物食よりもより強い体重低下作用が認められている。ダイエット フレッシュアイペディアより)

  • ダイエット

    ダイエットから見た糖新生

    野菜、海藻、全粒穀物などは食物繊維が多く、食物繊維が多いことが消化吸収をゆっくりにし、長時間に渡って空腹感を避けさせる。主として多糖類からなる食物繊維は大腸内の腸内細菌によって嫌気状態で発酵し、そのかなりの部分が酪酸などの短鎖脂肪酸に変換される。大腸の組織の代謝にはこの発酵で生成されて吸収された短鎖脂肪酸が主要なエネルギー源として直接利用され、さらに余剰部分が全身の組織のエネルギー源として利用される。酪酸などの短鎖の偶数脂肪酸は吸収されて体内でβ酸化代謝によりさらにアセチルCoAに分解され、短鎖の奇数脂肪酸はプロピオニルCoAに分解される。アセチルCoAはクエン酸回路でエネルギーとして利用され、プロピオニルCoAは糖新生で利用されることにより、空腹感を軽減する。ダイエット フレッシュアイペディアより)

  • ダイエット

    ダイエットから見た高脂血症

    高血圧における塩分制限、糖尿病における砂糖の制限(代替の人工甘味料を用いる場合がある)、高脂血症における油分の制限などで、該当疾病の病状増悪防止や予防、治療効率の向上を目的として行う。なお、糖尿病の場合は、前述「総カロリーの制限」も併用する。また、腎臓病の場合は、塩分やタンパク質の制限を行うことがある。ダイエット フレッシュアイペディアより)

  • ダイエット

    ダイエットから見た日本

    英語の diet には、同綴異義語があり、「(現代ではデンマーク・スウェーデン・日本などの)国会」(通例 the Diet と綴る)等の意味もある。これは、「日程」「日々の勤め」等を意味するラテン語 dieta に由来する。dieta は、ラテン語 dies(「日」の意)の派生語として扱われていたが、実際には、前掲のギリシア語に由来する diaeta のヴァリアントであって、従って、英語の二つの diet は同根の語源を持つという。ダイエット フレッシュアイペディアより)

  • ダイエット

    ダイエットから見たクエン酸回路

    野菜、海藻、全粒穀物などは食物繊維が多く、食物繊維が多いことが消化吸収をゆっくりにし、長時間に渡って空腹感を避けさせる。主として多糖類からなる食物繊維は大腸内の腸内細菌によって嫌気状態で発酵し、そのかなりの部分が酪酸などの短鎖脂肪酸に変換される。大腸の組織の代謝にはこの発酵で生成されて吸収された短鎖脂肪酸が主要なエネルギー源として直接利用され、さらに余剰部分が全身の組織のエネルギー源として利用される。酪酸などの短鎖の偶数脂肪酸は吸収されて体内でβ酸化代謝によりさらにアセチルCoAに分解され、短鎖の奇数脂肪酸はプロピオニルCoAに分解される。アセチルCoAはクエン酸回路でエネルギーとして利用され、プロピオニルCoAは糖新生で利用されることにより、空腹感を軽減する。ダイエット フレッシュアイペディアより)

  • ダイエット

    ダイエットから見た高インスリン血症

    アトキンスダイエットでは低炭水化物ダイエットを行っている。通常、食事で炭水化物を摂取し血糖値が上がると、膵臓からインスリンが出されて、血糖をグリコーゲンに変換し筋肉などに蓄える。そして、運動するときのエネルギーとしてグリコーゲンを使う。さらに、筋肉に蓄える分が一杯になると、今度は中性脂肪として脂肪細胞に蓄える。そして、血糖値が下がる。しかし、このメカニズムはインスリン抵抗性が高まっていると正常に働かなくなる。肥満になるほどインスリン抵抗性が高まり、インスリンが多く作られ高インスリン血症となる。このため脂肪として蓄えられやすく悪循環になってしまう。また、血糖値が下がり低血糖症になるため、体はエネルギーが足りないと感じ、食欲が出てくる。この状態を「炭水化物中毒」と呼んでいる。インスリンのメカニズムが暴走し、甘いものが見境いなく欲しくなる状態である。また低血糖症の時には気分が優れない。インスリンをつくりすぎて膵臓が疲れると、インスリンを作れなくなり血糖値を下げることができない糖尿病になる。最終的にはインスリンの注射が必要になる。実際、BMIが30以上の肥満者を対象にした研究では、エネルギー制限を行わない高脂質食/低炭水化物食の方がエネルギー制限を行った低脂質食/高炭水化物食よりもより強い体重低下作用が認められている。ダイエット フレッシュアイペディアより)

55件中 21 - 30件表示