579件中 11 - 20件表示
  • イノチェンティ・ミニ

    イノチェンティ・ミニから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    イノチェンティ・ミニ(Innocenti Mini)は、1974年にレイランド・イノチェンティ(Leyland Innocenti)が市場に導入したボディをベルトーネがデザインし直したミニの3ドア・ハッチバック版の乗用車である。1980年頃に5ドアの試作車が開発されたが、これが生産に入ることはなかった。1976年にイノチェンティ社がデ・トマソ社に買収されるとダイハツ工業が供給する直列3気筒エンジンを搭載するようになり、改良を重ねられて1993年まで生産は続けられた。イノチェンティ・ミニ フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ・EB型エンジン

    ダイハツ・EB型エンジンから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ダイハツ・EB型エンジンは、ダイハツ工業が生産していた軽自動車用エンジンの一つである。ダイハツ・EB型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 日本内燃機

    日本内燃機から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    自動車技術者・蒔田鉄司(まきた てつじ 1888?1958)の手で1917年に設立された個人工場「秀工舎」が起源。1920年代からオート三輪・オートバイ開発に着手して業界に本格参入、大倉財閥系の日本自動車傘下で小型空冷エンジン国産開発に成功した。以後は「ニューエラ」、のち「くろがね」ブランドのオート三輪トラックを主力製品とし、1930年代以降東洋工業(現在のマツダ)・ダイハツ工業と並ぶ日本のオート三輪業界の3大メーカーであった。日本内燃機 フレッシュアイペディアより)

  • スバル・デックス

    スバル・デックスから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    デックス (DEX) は、スバルブランドを展開する富士重工業が販売している小型トールワゴンである。トヨタ・bBやダイハツ・クーの姉妹車(OEM)で、生産は先出の2台同様、ダイハツ工業池田工場にて行われていた。スバル・デックス フレッシュアイペディアより)

  • オートマチックトランスミッションフルード

    オートマチックトランスミッションフルードから見たダイハツダイハツ工業

    Dexron III Type H - 旧世代のトヨタ車と三菱車、ほとんどのダイハツ車といすゞ車、その他アイシン精機製AT搭載車オートマチックトランスミッションフルード フレッシュアイペディアより)

  • プリクラッシュセーフティシステム

    プリクラッシュセーフティシステムから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    2012 - マツダ:スマート・シティ・ブレーキ・サポート、BMW:ドライビング・アシスト・プラス、トヨタ自動車:プリクラッシュセーフティシステム(レクサス・LS、クラウンのみ衝突回避支援型PCS)、三菱自動車工業:衝突被害軽減ブレーキシステム、ダイハツ工業:スマートアシストプリクラッシュセーフティシステム フレッシュアイペディアより)

  • 上原やよい

    上原やよいから見たダイハツダイハツ工業

    2007年 東京モーターショーダイハツブース モデル上原やよい フレッシュアイペディアより)

  • スバル・ステラ

    スバル・ステラから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    R2、R1の生産終了後は、スバルで自社生産している唯一の軽乗用車であったが、初代モデルは2011年2月にオーダーストップ、3月をもって生産を終了。同年5月に販売を開始した2代目はダイハツ工業からのOEMモデルとなった。スバル・ステラ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・トヨエース

    トヨタ・トヨエースから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    1999年に登場した現行モデル(7代目)は、ダイハツデルタのトラックとしてOEM供給される。従来よりデルタのOEMであった日野自動車のデュトロもこの時点で姉妹車となる(デルタは現在国内での供給を中止し海外のみでの販売となっている)。トヨタ・トヨエース フレッシュアイペディアより)

  • スバル・ディアスワゴン

    スバル・ディアスワゴンから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ディアスワゴン (Dias Wagon) は、富士重工業が販売するワンボックス型軽乗用車。現行モデルはダイハツ工業からのOEM供給車である。スバル・ディアスワゴン フレッシュアイペディアより)

579件中 11 - 20件表示