828件中 11 - 20件表示
  • ハイブリッドカー

    ハイブリッドカーから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ダイハツ工業が、シャルマンをベースに2基のモーターとMAXクオーレ用のAB10型2気筒550ccエンジンを組み合わせた「シャルマン・ハイブリッド」を1979年の第23回東京モーターショーに出品した。一定の条件下でエンジンを動力源として併用する、いわゆるパラレル方式のハイブリッドであり、システム制御には8ビットのコンピューターを使用している。蓄電池は100Ah容量の鉛蓄電池8個をトランクに搭載。最高速度は90km/h。ハイブリッドカー フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・カローラ

    トヨタ・カローラから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    キャッチコピーは『コレカラカローラ』。フィールダーとともにフルモデルチェンジ。型式は先代をベースとした輸出仕様がE150型を名乗るため、E160型となる。国内目標月間販売台数は3000台(発表当時。フィールダーは同4000台)。国内向けの(のち香港・マカオ向けも)カローラとしてはこの代よりコスト削減および小型・軽量化を前提とした理由でこれまでのMCプラットフォームからヴィッツ系プラットフォームのBプラットフォームに変更された。先々代のE12#後期型および先代のE14#型のボディサイズがミドルセダンの下限値に達するほど大型化してしまった反省から、先代と比べて全長を50mm短縮させた。全長を短縮させたのはカローラ史上初のことである。このことから先代アクシオ以上に国外向けのカローラとは完全に独立して独自の進化を遂げていくことになる。最小回転半径は4.9mにし取り回し性を向上。ボディのCd値は0.28を達成しており、エンジンは1300ccにはダイハツ工業と共同開発した新開発(当時)の1NR-FE型直列4気筒DOHC16バルブ・Dual VVT-iガソリンエンジンが搭載され、1500ccには改良を重ね着実に熟成された自社オリジナルの1NZ-FE型直列4気筒DOHC16バルブ・VVT-iガソリンエンジンが先代アクシオから引き続き搭載。このうち、1500ccの前輪駆動車に限り5速マニュアルトランスミッションも選択できた。四輪駆動システムはアクティブトルクコントロール4WD。インテリアではインパネ・Gグレード以上のドアトリム上部のソフトパッドが廃止されたほか、「1.5LUXEL」以外の下位グレードのリアシートの形状がヘッドレスト付きのローバックリアシートからヘッドレスト一体化のハイバックリアシートに変更され、内装そのもののコストダウンが顕著となっている。「1.3X"G EDITION"」を除く「X」系グレードにはタコメーターが省略された1眼メーターが標準装備となる。前期型では端正だがやや寸詰まり感の強いスタイリングと質感が低下したインテリアが不評で、翌年のハイブリッドモデル追加や2015年3月のマイナーチェンジと、大幅にテコ入れされることとなる。先述の通りこのE160型アクシオはBセグメント用プラットフォームが用いられたため、結果的にかつて同社から発売されていたターセルセダン/コルサセダン、およびプラッツ、ベルタや現在日本国外専売車種として発売されているヴィオス、およびヤリスセダン/サイオン・iA(2017年モデルよりヤリスiAに改称)、エティオスなどのクラスとほぼ同じ位置づけとなっている。トヨタ・カローラ フレッシュアイペディアより)

  • スバル・ジャスティ

    スバル・ジャスティから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    初代はBセグメントの車として発売され、台湾大慶汽車では初代をベースに5ドアセミノッチバックセダンに仕立てた「TUTTO(テュット、金美滿)」も生産・発売されていた。その後は海外専売車となり3代にわたって発売されたあと、日本で約21年11ヶ月ぶりの発売(車名復活)となった2代目(海外を含めると通算5代目)はトールワゴンに転換された。なお、初代は自社生産、2代目と3代目の生産はスズキ、4代目以降の生産はダイハツ工業がそれぞれ担当する。スバル・ジャスティ フレッシュアイペディアより)

  • 2016年の日本

    2016年の日本から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    27日 - トヨタ自動車が、国内軽自動車大手のスズキとの提携を検討していることと、子会社である国内軽自動車大手のダイハツ工業の完全子会社化を検討していることが判明。2日後の29日に、記者会見を開き8月1日付で、トヨタはダイハツを完全子会社化することを発表。2016年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 上原やよい

    上原やよいから見たダイハツダイハツ工業

    2007年 東京モーターショーダイハツブース モデル上原やよい フレッシュアイペディアより)

  • 日本内燃機

    日本内燃機から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    自動車技術者・蒔田鉄司(まきた てつじ 1888?1958)の手で1917年に設立された個人工場「秀工舎」が起源。1920年代からオート三輪・オートバイ開発に着手して業界に本格参入、大倉財閥系の日本自動車傘下で小型空冷エンジン国産開発に成功した。以後は「ニューエラ」、のち「くろがね」ブランドのオート三輪トラックを主力製品とし、1930年代以降東洋工業(現在のマツダ)・ダイハツ工業と並ぶ日本のオート三輪業界の3大メーカーであった。日本内燃機 フレッシュアイペディアより)

  • アストラ・インターナショナル

    アストラ・インターナショナルから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    アストラはインドネシア有数の規模のコングロマリットとなっている。長年に渡りアストラは成長を続けており、インドネシア国内では自動車生産台数及び販売数が最大である。また、トヨタ自動車やダイハツ工業、いすゞ自動車などの日本の自動車メーカーとも提携を結んでいる。アストラ・インターナショナル フレッシュアイペディアより)

  • イノチェンティ・ミニ

    イノチェンティ・ミニから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    イノチェンティ・ミニ(Innocenti Mini )は、1974年にレイランド・イノチェンティ(Leyland Innocenti )が市場に導入したボディをベルトーネがデザインし直したミニの3ドア・ハッチバック版の乗用車である。1980年頃に5ドアの試作車が開発されたが、これが生産に入ることはなかった。1976年にイノチェンティがデ・トマソに買収されるとダイハツ工業が供給する直列3気筒エンジンを搭載するようになり、改良を重ねられて1993年まで生産は続けられた。イノチェンティ・ミニ フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ・EB型エンジン

    ダイハツ・EB型エンジンから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ダイハツ・EB型エンジンは、ダイハツ工業が生産していた軽自動車用エンジンの一つである。ダイハツ・EB型エンジン フレッシュアイペディアより)

  • 三井正則

    三井正則から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    三井 正則(みつい まさのり、1950年8月1日 - )は、日本の実業家。ダイハツ工業株式会社代表取締役会長で元同社代表取締役社長。三井正則 フレッシュアイペディアより)

828件中 11 - 20件表示

「ダイハツ工業」のニューストピックワード