579件中 21 - 30件表示
  • スバル・ルクラ

    スバル・ルクラから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ルクラ(LUCRA)は、ダイハツ工業が製造(生産はダイハツ九州第2工場)し、スバルブランドを展開する富士重工業が販売する軽自動車(軽トールワゴン)である。ダイハツ・タントエグゼ(タントエグゼカスタム含む、以下「エグゼ」)のOEM供給車にあたる。スバル・ルクラ フレッシュアイペディアより)

  • 瑛太

    瑛太から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ダイハツ工業 第3のエコカー 「日本のどこかで」瑛太 フレッシュアイペディアより)

  • 徳島工業短期大学

    徳島工業短期大学から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    自動車工業学科:整備士の資格を活かした職に就く人が大半である。 徳島トヨペット・徳島トヨタ・ホンダカーズ徳島・徳島日産・日産サティオ徳島・徳島ダイハツモータース香川ダイハツモータース・いすゞ自動車中国四国・ネッツトヨタ徳島・富士重工業・ヤナセ・徳島バス・ブリヂストンなど自動車関連企業が多いものとなっている。専門職外に就く人もいる。徳島工業短期大学 フレッシュアイペディアより)

  • 綿引 勝彦

    綿引勝彦から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    2011年から放送開始された、ブルース・ウィリス出演のダイハツ工業「ミライース」CMシリーズにおける宣伝部長役で注目を集めている。2012年には同シリーズでウィリスの吹き替えに挑戦するCMが制作され、さらにウィリス出演の映画『セットアップ』・『エクスペンダブルズ2』で彼の吹き替えを担当した。綿引勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • スバル

    スバルから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    しかし、富士重工業は2008年に軽自動車の自社生産を行わず、ダイハツ工業からのOEM車として供給していく方針を発表した。軽自動車のスーパーチャージャーはスバル以外のメーカーでは一切採用されていない。結果的にスバルのスーパーチャージャー付きモデルは6代目サンバーが最後となった。スバル フレッシュアイペディアより)

  • トヨタグループ

    トヨタグループから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ダイハツ工業株式会社(1907年3月設立)トヨタグループ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ自動車

    トヨタ自動車から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    日本の自動車メーカーであり、日本の企業。2007年(平成19年)まで長年世界販売台数はゼネラルモーターズが首位を保っていたが。2008年(平成20年)には世界金融危機の中で897万2000台と前年より4%減少したものの、アメリカのゼネラルモーターズがそれ以上に落ち込み835万5947台にとどまったため逆転、世界最大手の自動車メーカーとなった。また、ダイハツ工業と日野自動車の親会社で、富士重工業の筆頭株主でもある(株式保有比率17%)。トヨタ自動車 フレッシュアイペディアより)

  • 軽トラック

    軽トラックから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    1957年:ダイハツ工業、軽オート三輪のミゼット発売。廉価さと軽便性から、軽オート三輪ブームの火付け役となる。以後1959年にかけて短期間ながら軽オート三輪が主要メーカーから続々と発売され、自転車やオートバイなどからの小口輸送手段の転換を促して、当時におけるモータリゼーションの潮流に与する。軽トラック フレッシュアイペディアより)

  • 中村洋基

    中村洋基から見たダイハツダイハツ工業

    第2回東京インタラクティブアドアワード銅賞 - 「大容量」(ダイハツ中村洋基 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・カムリ

    トヨタ・カムリから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    1999年8月 マイナーチェンジ。セダンは名称が「カムリ」に戻り、ワゴンのみが「カムリグラシア」と呼ばれるようになる。フロントのヘッドランプ類がやや大型化された(セダンはリヤコンビネーションランプも大型化)。一方、ワゴンのリヤコンビネーションランプもクリア部分が若干アンバーに着色され、フロントグリルの中央はCIマークから「GRACIA」のエンブレムに差し替えられた。共通の内容としては、バンパーデザインの変更、内装の質感向上などが挙げられる。なお、このモデルよりセダンがダイハツ工業へ「アルティス」として2000年3月からOEM供給され、7代目・および8代目途中の2010年2月まで10年間供給のあと一時途絶えていたが、2012年5月より9代目のOEM供給が開始された(後述)。トヨタ・カムリ フレッシュアイペディアより)

579件中 21 - 30件表示