579件中 31 - 40件表示
  • ダイハツ・ハイゼット

    ダイハツ・ハイゼットから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ハイゼット(HIJET )はダイハツ工業の軽貨物車である。ダイハツ・ハイゼット フレッシュアイペディアより)

  • オート三輪

    オート三輪から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    エンジンも、1928年のJACエンジン(日本自動車、のちの「日本内燃機」製)出現以来、発動機製造(のちのダイハツ工業)などがイギリス製エンジンの流れを組んだサイドバルブ単気筒・2気筒の実用に足るエンジンを国内生産するようになり、同時期に輸入エンジンへの関税が大きく上昇した事とも相まって、市場においては国産エンジンに完全に取って代わられた。まもなく有力エンジンメーカーはオート三輪生産に乗り出し、大手メーカー主導の体制が確立された。中小事業者からの需要の高まりを背景に販売網も整備され、1930年代後半には「ダイハツ」、「マツダ」、「くろがね」の三大ブランドへの評価が定まっていた。オート三輪 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・ライトエース

    トヨタ・ライトエースから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ライトエースはパブリカ(のちにスターレットに変更)の、タウンエースはカローラのキャブオーバー版という位置付けであり、両者の開発・生産の一部はダイハツ工業に委託されている。トヨタ・ライトエース フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・カローラ

    トヨタ・カローラから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    フィールダーとともにフルモデルチェンジ。型式は先代をベースとした輸出仕様がE150型を名乗るため、E160型となる。国内目標月間販売台数は3000台(フィールダーは同4000台)。国内向けのカローラとしてはこの代よりコスト削減および小型・軽量化を前提とした理由でこれまでのMCプラットフォームからヴィッツ系プラットフォームのBプラットフォームに変更された。先々代のE12#後期型及び先代のE14#型のボディサイズがミドルセダンの下限値に達するほど大型化してしまった反省から、先代と比べて全長50mm短縮、Aピラーを100?後退させ、ホイールベースはそのままにリア膝前スペースを40mm拡大し、ゆったりとした室内空間を両立。併せて、最小回転半径を4.9mに縮小、取り回しも良くした。このコンパクトボディを生かしつつ、セダンならではの上質感や車格感を追求し、ひとクラス上の車格を感じさせる厚みのあるフロントデザイン(トヨタの新しいデザイン表現である「キーンルック」を採用)、躍動感のあるのびやかなシルエットを持つサイド、サイドから勢いを受けた張りのあるリアデザインとした。またボディのCd値は小型3ボックスセダンとしてはトップクラスの0.275を達成している。エンジンは1.8Lが廃止され、代わりに9代目カローラセダンの1.3Lモデル、およびプラッツ、ベルタ等の既存の各コンパクトセダンユーザーの代替を想定した理由で9代目カローラセダン以来6年ぶりの復活となる1.3L車を設定。エンジンはダイハツ工業と共同開発したDual VVT-i搭載の1NR-FE型を採用し、低中速域でのトルクと高速域での出力向上を両立するとともに、JC08モードで20.6km/Lの優れた低燃費性能も併せ持つ。1.5L車は9代目120型以来続く信頼性に優れ、より一層熟成された1NZ-FE型を採用するが、燃費改善やフリクション低減など大幅な改良を行うとともに、伝達効率を改善したことで素早いレスポンスを実現し、エンジンとの統合制御により低燃費にも寄与する新型Super CVT-iを採用し、JC08モードで20.0km/Lの低燃費性能を実現。これらにより、1.3L車と1.5L・2WD・CVT車は平成27年度燃費基準を達成。また、1.5L・2WD・CVT車にはカローラ初となるアイドリングストップ機能「Toyota Stop & Start System」(SMART STOP)をメーカーオプションに設定。更なる燃費向上を実現したことで「平成27年度燃費基準+10%」を達成した。インテリアではインパネ・Gグレード以上のドアトリム上部のソフトパッドが廃止されたほか、「1.5LUXEL」以外の下位グレードのリアシートの形状がヘッドレスト付きのローバックリアシートからヘッドレスト一体化のハイバックリアシートに変更され、内装そのもののコストダウンが顕著となっている。全車にバッテリー上がりを抑制する「室内ランプオートカットシステム」を備える。安全面でも強化されており、VSC&TRC、6個のSRSエアバッグ、全席3点式シートベルト、LED式テールランプを標準装備する。タコメーター付き3眼メーターは「X」系グレード以外の各グレードに標準装備。この代よりリアワイパーが全車メーカーオプションで装着可能となり、テンパータイヤ(緊急用スペアタイヤ)に関しては全車メーカーオプション扱いとなった。スペアタイヤが装備されない場合、パンク対策用タイヤ修理キットがトランクルームの底部に搭載されている。生産拠点は先代同様セントラル自動車が担当する(2012年7月に関東自動車工業、トヨタ自動車東北と合併し、トヨタ自動車東日本に改称)。当初は後述のベルタの廃止に伴いカローラ店も含めたトヨタ全店で販売する計画であったが、最終的にはその計画も白紙となった。トヨタ・カローラ フレッシュアイペディアより)

  • コマーシャルメッセージ

    コマーシャルメッセージから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    1994年に放送されたダイハツ工業「ミラ」のCMで森口博子が、ボンネットに直接入っていく(エンジンの取り外された撮影用特別仕様車)CMに対し、後ほどに、合成で吸い込まれるという映像に差し替えられる処置が取られた。コマーシャルメッセージ フレッシュアイペディアより)

  • 鈴木従道

    鈴木従道から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    1988年のダイハツ女子陸上部創部にともない監督に就任。同陸上部に所属していた1992年バルセロナオリンピック女子マラソン日本代表の小鴨由水や、1993年世界陸上シュツットガルト大会女子マラソン優勝の浅利純子らを育てあげ、ダイハツ陸上部の一時代を築いた。2005年定年によりダイハツ陸上部を退職。鈴木従道 フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ・コンパーノ

    ダイハツ・コンパーノから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ダイハツ・コンパーノ(Daihatsu Compagno)は、日本の自動車メーカー・ダイハツ工業が1963年から1969年まで製造していた乗用車及び商用車である。ダイハツ・コンパーノ フレッシュアイペディアより)

  • Splurge

    Splurgeから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ダイハツ工業「ムーヴラテ」CMソング(「洗車の前に、まず洗顔」篇)Splurge フレッシュアイペディアより)

  • Lotus -生まれし花-

    Lotus -生まれし花-から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ダイハツ工業自動車「Tanto」コマーシャルソング。工藤本人もお母さん役で出演した。Lotus -生まれし花- フレッシュアイペディアより)

  • 北陸学院短期大学

    北陸学院短期大学から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    教養科:一般企業や事業所への就職者が多く、石川銀行・石川ダイハツ販売・石川中央三菱自動車販売・金沢信用金庫・新日本証券・大正製薬・トヨタビスタ石川・日本生命・ネッツトヨタ・能登信用金庫・丸善などに就職している。北陸学院短期大学 フレッシュアイペディアより)

579件中 31 - 40件表示

「ダイハツ工業」のニューストピックワード