828件中 41 - 50件表示
  • 瑛太

    瑛太から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    全日本シーエム放送連盟 2012 52nd ACC CM FESTIVAL タレント賞(『ダイハツ工業 日本のどこかでシリーズ』)瑛太 フレッシュアイペディアより)

  • ABC制作・TBS日曜6時30分枠の連続ドラマ

    ABC制作・TBS日曜6時30分枠の連続ドラマから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    この枠初のドラマは、1958年4月6日に開始したダイハツ工業一社提供の上方コメディ『ダイハツコメディ やりくりアパート』で、開始してすぐ大ヒットを飛ばし、その後も同系列の『ダイハツコメディ・やりくりシリーズ』が3本制作された。シリーズ終了後、ダイハツ工業提供は不変のまま、1962年11月4日開始の『織田信長』からはリアル時代劇路線に一変したが、『ダイハツコメディ 青春タックル』継続中の1961年6月から裏で『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ系列)が開始して人気は急降下し、ヒット作が出なくなった。1965年8月1日からは『007』シリーズに便乗し、久し振りの現代劇であるアクション作品『バックナンバー333』を放送するが、『シャボン玉ホリデー』やフジテレビ系列の『バットマン』に押され人気は出なかった。ABC制作・TBS日曜6時30分枠の連続ドラマ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・ライトエース

    トヨタ・ライトエースから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ライトエースはパブリカ(のちにスターレットに変更)の、タウンエースはカローラのキャブオーバー版という位置付けであり、両者の開発・生産は一貫してダイハツ工業に委託されている。トヨタ・ライトエース フレッシュアイペディアより)

  • セミオートマチックトランスミッション

    セミオートマチックトランスミッションから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    自動クラッチ車はシフトレバーがニュートラルに入るか、ギアを入れる方向に力を掛けた際に負圧や油圧で強制的にクラッチを断続する事で、クラッチペダル無しでも変速操作が完了するようになっている。日本の自動車メーカーが国内向けとして販売した車種では、1950年代末から60年代に掛けて、RT20型トヨタ・コロナや310型日産・ブルーバード、AF7型コニー・360などでサキソマットの採用例があり、その後、1960年代初頭に神鋼電機が日野自動車と電磁式オートクラッチを共同開発。日野・コンテッサに「シンコー・ヒノマチック」、富士重工業(現・SUBARU)もスバル・360に「オートクラッチ」として採用した。なお電磁式はシフトレバーに静電容量スイッチが内蔵され、シフトレバーに触れることでクラッチを切断する構造となっていた。しかし、意図せずシフトレバーに触れて不意にクラッチが切れることを防ぐため、レバーに触れ始めてからクラッチが切れるまでにある程度のタイムラグが設けられていた。その後もダイハツ工業が1980年代初頭のダイハツ・クオーレで、乾式単板クラッチと真空サーボを併用した「イージードライブ」を採用していた。セミオートマチックトランスミッション フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ・キャスト

    ダイハツ・キャストから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    キャスト(CAST)は、ダイハツ工業が製造・販売する軽トールワゴン(STYLE、SPORT)、および軽クロスオーバーSUV(ACTIVA)である。ダイハツ・キャスト フレッシュアイペディアより)

  • 2ストローク機関

    2ストローク機関から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    その為、西ヨーロッパおよび日本の普通自動車及び小型自動車では4ストロークエンジンの性能が向上してきた1960年代後半にはほとんど姿を消しており、排気量が小さな日本の軽自動車においても、自動車排出ガス規制が日本国内で開始(昭和48年排出ガス規制)された1973年(昭和48年)ごろより、360ccの4ストロークエンジンへの移行が始まり、日本版マスキー法と呼ばれた1975年の昭和50年排出ガス規制(識別符号A-またはH-)、1976年の昭和51年排出ガス規制(識別符号C-、商用のみH-)の頃には、ダイハツとスズキを除く全メーカーが550ccの4ストロークエンジンへの移行を完了した。マスキー法の規制値を完全達成した1978年の昭和53年排出ガス規制(識別符号E-)以降は、スズキのみが規制に適合した車両を製造していた。2ストローク機関 フレッシュアイペディアより)

  • 池田市

    池田市から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    市の南西部には、ダイハツ工業やとよすの本社・工場、リコーの池田事業所、第一屋製パンの大阪空港工場等が立地している。また、江戸時代中期頃に、伊丹酒と並んで有名であった池田酒の伝統を引き継ぐ、呉春酒造も健在である。池田市 フレッシュアイペディアより)

  • 綿引勝彦

    綿引勝彦から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    2011年から放送開始された、ブルース・ウィリス出演のダイハツ工業「ミライース」CMシリーズにおける宣伝部長役で注目を集めている。2012年には同シリーズでウィリスの吹き替えに挑戦するCMが制作され、さらにウィリス出演の映画『セットアップ』・『エクスペンダブルズ2』で彼の吹き替えを担当した。綿引勝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 日野・デュトロ

    日野・デュトロから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    日野はブリスカを最後に、自社ブランドの小型貨物車の生産を行っておらず、2トン積クラスのキャブオーバートラックについても、長らくトヨタ・ダイナ/トヨエース/ダイハツ・デルタのOEM供給を受けていた。デュトロでは、トヨタとの共同開発ながら、自社生産となった。日野・デュトロ フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー

    トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャーから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(Toyota New Global Architecture、以下 TNGA)、およびダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー(Daihatsu New Global Architecture、以下 DNGA)とはトヨタ自動車、およびダイハツ工業が開発した、新プラットフォームを基幹とし商品力の飛躍的向上と原価低減を同時に達成するための車両作りのシステムの総称である。トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー フレッシュアイペディアより)

828件中 41 - 50件表示