828件中 51 - 60件表示
  • 三菱自動車工業

    三菱自動車工業から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    土曜プレミアム(2016年4月-) - 同業のダイハツ工業とスズキも提供。ゴールデン洋画劇場時代を含めると約29年ぶりの復帰。三菱自動車工業 フレッシュアイペディアより)

  • 軽自動車

    軽自動車から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    8月 ダイハツ、三輪のミゼット発売。軽自動車 フレッシュアイペディアより)

  • SUBARU (自動車)

    SUBARU (自動車)から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    金曜ロードショー → 金曜ロードSHOW!(前半枠ヒッチハイク、同業のスズキも提供。後半枠ではダイハツも提供)SUBARU (自動車) フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・プリウス

    トヨタ・プリウスから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    2代目から、トヨタのハイブリッド乗用車(ダイハツ工業へのOEM車種も含む)にて「HYBRID SYNERGY DRIVE」(ハイブリッド・シナジー・ドライブ)のブランド展開を開始。当代が初の車種となり、車名エンブレムの下にそのエンブレムが装着された。トヨタ・プリウス フレッシュアイペディアより)

  • 新明和工業

    新明和工業から見たダイハツ工業ダイハツ工業

    戦後、川西航空機は民需転換を図る中で社名を明和興業(めいわこうぎょう)に変更。これが新明和という社名のルーツになる。戦時補償債務打ち切りに伴う関連法の企業再建整備法により明和興業は吸収分割されることになり、自動車部門の明和自動車工業(現・ダイハツ工業)と汎用機械部門の新明和興業という、2つの会社として再設立された。新明和工業 フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・カムリ

    トヨタ・カムリから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    1999年8月 マイナーチェンジ。セダンは前年7月にV40型カムリの生産が終了したため(無印の)「カムリ」に回帰、ワゴンのみが「カムリグラシア」と呼ばれるようになる。フロントのヘッドランプ類がやや大型化された(セダンはリヤコンビネーションランプも大型化)。一方、ワゴンのリヤコンビネーションランプもクリア部分が若干アンバーに着色され、フロントグリルの中央はCIマークから「GRACIA」のエンブレムに差し替えられた。共通の内容としては、バンパーデザインの変更、内装の質感向上などが挙げられる。なお、このモデルよりセダンがダイハツ工業へ「アルティス」として2000年3月からOEM供給され、7代目・および8代目途中の2010年2月まで10年間供給のあと一時途絶えていたが、2012年5月より9代目のOEM供給が開始された(後述)。トヨタ・カムリ フレッシュアイペディアより)

  • ダイハツ・ハイゼット

    ダイハツ・ハイゼットから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    ハイゼット(HIJET )はダイハツ工業の軽貨物車である。ダイハツ・ハイゼット フレッシュアイペディアより)

  • スバル・デックス

    スバル・デックスから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    デックス(DEX)は、スバルブランドを展開する富士重工業(現・SUBARU)がかつて販売していた小型トールワゴンである。ダイハツ・クーの姉妹車(OEM)で、生産はクーとトヨタ・bB(2代目)同様、ダイハツ工業池田工場にて行われていた。スバル・デックス フレッシュアイペディアより)

  • トヨタ・ダイナ

    トヨタ・ダイナから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    3代目(1969年〈昭和44年〉発売)以降はダイハツ工業との共同開発(ダイハツ版はダイハツ・デルタ)であったが、後にダイハツは開発から撤退、7代目(1999年〈平成11年〉発売)以降は日野自動車との共同開発(日野版は日野・デュトロ)となり、2トン積以上の車種の製造は全て日野で行われるようになる。トヨタ・ダイナ フレッシュアイペディアより)

  • 2018年のスポーツ

    2018年のスポーツから見たダイハツ工業ダイハツ工業

    28日 - 【陸上競技】 第37回大阪国際女子マラソンで初マラソンの松田瑞生(ダイハツ)が2時間22分44秒で優勝し、マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)への出場権を獲得した。2018年のスポーツ フレッシュアイペディアより)

828件中 51 - 60件表示